« 朝食(アトミック・カフェで) | トップページ | ベースボール・ラプソディ~野球人気低迷はほんとうか? »

かっこいいアフリカのアメリカ人

31z56mbf4nl__sl500_aa300__2  先日、NHKで『明日に架ける橋~賛美歌になった愛の歌』を見た。番組の前半は9・11直後、この歌がアメリカで放送自粛処分だったことや、その理由、問題になった詞の部分(sail on silver girle~)が書かれた経緯などが紹介された。

 後半は南アフリカとこの曲の関係を案内役の緒川たまき(美しい!!)が追っていくといった構成だったのだが、なんでも南アの人々にとっての『明日に架ける橋』は、オリジナルのサイモン&ガーファンクルではなく、アレサ・フランクリンのバージョンの方らしい。アパルトヘイトの時代、黒人たちは国営のラジオ局1つしか聞くことができず、その中でアレサのこの曲がよくかかっていたのだという。

  この番組を見て私が考えたのは“歌う”という行為についてである。番組の中で緒川たまきがある黒人の家族を訪ねると、彼女が来た御礼にと家族中が歌いだすのである。子供も、お兄ちゃんもお姉ちゃんもお父さんもお母さんもおばあちゃんもである。皆、照れもなく踊りだしたりまでする。

 現在、私たちが歌うというと大抵はカラオケに行くことで、それもほとんどの場合が憂さ晴らしである。黒人のおばあちゃんは『アパルトヘイト政策の時代、家の中で家族で小さな声で歌った。』とコメントしていて、そういう風に希望を繋いで生きてきたのだ。緒川たまきも『歌うということが人間にとってどういう事なのか、教えられた』みたいなことを言っていて、その意味からすると、私達の日頃の“歌”はそれとはほど遠い気がする。

 と、ここまで書いて突然、思い出した風景がある。それは昔、私が東北からの出稼ぎ労働者の人たちと飯場暮らしをしていた時の夕食時の食堂の風景である。彼らは訛りを気にしてあまり外には行かず、皆、飯場の食堂で飲むのだが、勿論カラオケなどないので、皆、手拍子で毎晩歌うのである。私はその頃、毎晩付き合って、手拍子で“おとみさん”や“365歩のマーチ”や軍歌や訳のわからない猥歌を大声で歌っていた。そのうち本当に南アの人たちそっくりに泣き出す人や踊り出す人がいて、そういうふうにして皆、生きる希望?を繋いでいたのだ。

 ポール・サイモンがアパルトヘイト撤廃後の1992年に南アで行ったコンサートは文字通り歴史的なコンサートだったらしい。過激な黒人達が事務所に爆弾を投げたりして騒然とした中、彼は南アのミュージシャンたちと何箇所かのスタジアムコンサートを敢行した。名作『グレイス・ランド』を引っさげてのコンサートで、アフリカの大地でエルヴィスの聖地を詣でる親子のことを歌ったこの歌を歌うポール・サイモンはほんとうにかっこいいアメリカ人であった。

         

       ぼくの旅の道連れは9才

    ぼくの最初の結婚のときの息子なんだ

    だけどぼくには確信できるだけの理由がある

    ぼくら二人ともグレイスランドに受け入れられると!

                 『グレイスランド』~ポール・サイモン

 

  今、ラジオやテレビからたくさんの音楽が溢れ、iPODで自由に持ち歩ける時代になったけど、あなたは最近いつ何処で歌を歌いましたか? 

|

« 朝食(アトミック・カフェで) | トップページ | ベースボール・ラプソディ~野球人気低迷はほんとうか? »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!Palavas通信を見て、ブログ開設されたのを知りました。この番組は見ようかどうか悩んでやめてしまった。後悔してます。。。

ワタシは1年程前からバンドを再開(おなじみのメンバーですよ)、好きなこととはいえ、歌うことや演奏することの難しさやら意味やら、夢でうなされる程悩んでおり、ストレス溜りまくりですが、やめられないのが不思議。ただバンドやっていなかった頃よりは生きる力が強くなっているような(大袈裟)。また寄らせてもらいますね!

投稿: 鎌倉U野 | 2006年12月 4日 (月) 16時58分

 U野くん、コメントありがとう!!mimiさんへも今返信書いたんだけど、自分のブログにコメントもらうのがこんなに嬉しいもんだとは知らなかったよ!なんかポリスの“壜の中のメッセージ”ってあるでしょう?あれ拾ってもらったような感じ(笑)。
“うなされる程悩で・・”って音楽に対する愛ゆえですよ、それは。伝説のH大学R&Bソサイティ出身の人たちは皆、方法の違いはあれど、その辺が共通していて、すっげーなーっていつも思っていました。またブラックミュージック特有の同胞意識ってのかな、ブラザー&シスターってムードが自然にあって、羨ましい限りでした。記事にも書いたけど、どんなジャンルであれ“歌う”って素晴らしいことですよ!絶対がんばってください。僕もどんどん記事書くから、またコメントくださいね。(僕もU野くんの見てますよ。)では。 

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月 4日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4372555

この記事へのトラックバック一覧です: かっこいいアフリカのアメリカ人:

« 朝食(アトミック・カフェで) | トップページ | ベースボール・ラプソディ~野球人気低迷はほんとうか? »