« 世界がユーモアを取り戻す日 | トップページ | 『カーズ』~追憶のルート“6” »

地の塩

Photo  今日はクリスマス・イヴ。昔、居候させてもらっていた友人は『日本人にとっちゃ、チキン食ってエッチする日だ・・』と、嘯いていたけど、やはりいいもんだと思います。朝から、なんとなく神聖かつ楽しい気分になって、子供たちとおもちゃ屋にいきました。息子はお目当てのものが無くてガッカリしていたけど、親である私がトミカコレクションで出ている映画『カーズ』のキャラクター、“ライトニング・マックィーン”を買ってしまいました。今年は最後まで“マックィーン”です。

 お昼少し過ぎてパソコンを立ち上げてみたら、なんと佐賀からのトラック・バック!!先日のテキスト『豚骨スープの・・・・』を読んで頂いた方らしく、本当に感謝しています。身内、と言うか知人以外の読者がいることをあまり想定していなかったのでビックリしております。小説のモデルになった人といい、なんか私、佐賀の人に縁があるんですかね。

 でもクリスマスって本当はあまりいい思い出ってない。昔はいつも飲み屋でバイトしていて、その日は物凄く込んで、店は繁盛して良いのだろうけど、働いてる私たちはたまったもんじゃなかった。普段、飲みなれない酒を飲んでげーげー吐く奴が続出し、トイレの掃除が大変だった。あの曲かけろ、この曲かけろってリクエストが一杯くるし、またカップルがデレデレしていていつもウンザリしながら適当なカクテルつくって出してた。結局、店が終わるのは午前3時ごろで、帰りにコンビ二で煮詰まったおでん買ってビール飲んで“ちくしょー”とか思いながら寝た。

 今日もおもちゃ屋に行ったら、その駐車場で凄い年取ったおじいさんが警備員をやっていた。昔、飯場にいた時も、出稼ぎのおっさんたちはクリスマスなんて関係なく、皆、道路のフェンスやシートの見回りを律儀にやっていた。

 そんなことを思い出したり、考えたりしてこのクリスマスに思い出したのがローリング・ストーンズのこの名曲です。本当は私が大好きな児童文学の作家にしてミュージシャンの長谷川集平さんの訳したのが最高にかっこいいんだけど、転載禁止となっているため、今回は過去の色々な訳を参考に自分で訳してみました。

       

      地の塩    ジャガー&リチャーズ

     

     労働者階級に乾杯

     生まれの低い人々に乾杯

     善と悪のためにグラスを上げろ

     “地の塩”のために乾杯しよう

     兵士たちのために祈ろう

     そして彼らの骨身を削る任務について考えよう

     彼らの妻と子供たち

     家の火を絶やさぬようにし、

     まだ大地を耕している そう

     彼らの妻と子供たちのためにも祈ろう。

     

     俺は顔の無い群集を見ている

     灰色と黒と白が蠢いて

     なんだかリアルに感じられない

     とっても奇妙な光景だ

   

     労働者階級に乾杯

     数のうちにも数えられない人々に乾杯

     彷徨える百万もの人々について考えよう

     指導者が必要なのに 代わりにいるのはばくち打ちだけ

     選挙に行かない人々について考えよう

     彼らの空っぽの瞳はヘンテコなビューティ・ショウと

     灰色のスーツを着た買収人どもの行進を見つめている

     彼らに見分けられるのは

     癌と小児麻痺だけ

  

     俺は顔の無い群集を見ている

     灰色と黒と白が蠢いて

     俺には人だと思えない

     とっても奇妙な光景だ

    

     労働者階級に乾杯

     生まれの低い者たちのことを考えよう

     ボロを纏った人たちのことを考えよう

     “地の塩”に乾杯しよう

   

     労働者階級に乾杯

     “地の塩”に乾杯

     20億人の人たちに乾杯

     生まれの低い者たちのことを考えよう

     そう “地の塩”に乾杯しよう

     “地の塩”に乾杯しよう。

 

       いろんな人の訳+ナヴィ村訳 (詮索および転載禁止)

 “地の塩”とは聖書に出てくる言葉で、『地球にとって一番大事な人やもの』を指す言葉らしいです。ああ、やっぱりストーンズはかっこいいなあ・・。皆さん良いクリスマスを。

|

« 世界がユーモアを取り戻す日 | トップページ | 『カーズ』~追憶のルート“6” »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

ビ・バップ革命をおこした伝説のジャズメンが活躍した時代のJAZZとペレやジーコがいた時代の華麗なブラジルサッカーは良く似ている。
ブラジルの攻撃陣が華麗なゴールを決めるようにチャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーが見事なラッパさばきで聞き手の聴覚と理性を吹き飛ばす。その超絶テクニックは音楽とスポーツの違いこそあれ
たゆまぬ練習の成果というよりスラム街や空き地で朝から晩までボールやラッパにたわむれているうちに誰にも真似の出来ない聖域に到達したんだろうなと思わずにいられない。練習だけではパーカーのアルトのレベルに到達することは出来ないだろう。なんせインプロに楽譜は存在しないのだから。彼の死後50年以上たったというのにいまだにパーカーを超えるアルト・サックスを聞いたことがない。っていうか、そんなCD聞いたことが無い。
ジャズトランペッターといえばMilesDavis が有名で彼の残したレコードのほとんどは非の打ち所が無い。でもROCK狂でラッパ嫌いだった私をJAZZ地獄に引きずり込んだのはディジー・ガレスピーの超絶ハイ・ノートソロであった。全身鳥肌、理性は吹き飛ばされた。
ほんとに凄い音楽はジャンルとか楽器の種類とか国とか人種とか世間の評価とかまったく関係なく襲い掛かってくるものなんだなと思った。
精神病で薬物中毒というどうしようもないキャラの天才ピアニストバド・パウエルはさしずめ幻惑的なドリブルで相手の守備をかく乱するミッドフィルダーといったところか。ただ演奏に没頭するあまり味方まであざむくようなピアノソロは周りの奏者もヘトヘトにさせたことだろう。彼のスルーパスがどこにむかうのか誰にも判らない。
(攻撃的?)ディフェンダーには天才暴力ベーシストチャールズ・ミンガス。彼のまわりいた若いジャズメンたちはほとんど
例外なくミンガスパンチをくらっていたそうだが、相手を殴ってレッドカードで退場にならない限り強靭な弦さばきで敵攻撃陣を粉砕し続けるだろう。
ゴールキーパー候補はドラムのアート・ブレイキーが第一にあげられるだろう。何せ『ナイアガラ瀑布』である。千手観音のようなドラマーが守るゴールにシュートを打ち込んでもネットを揺らすことは不可能だ。バップ革命期のドラマーで外せない偉大な巨人がもう一人いる。マックス・ローチ。彼は見た目もかっこ良く知性を感じる。しかしひとたびスティックを握ると高速マシンガンのごときドラム・ソロで観衆を熱狂させてくれる。
さて、前置きが長くなったが、パーカー、ガレスピー、パウエル、ミンガス、ローチの5人が競演したアルバムがこの世に一枚だけ存在する。『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』押し売りはしないがハマると抜けられないジャズ天国がそこにある。当日、パーカーは何と!手ぶらで会場入りして、近所の楽器屋でプラスチック製のサックスを借りてプレイしたそうである。
Sid Vicious もビックリのアナーキーでメチャクチャな奴だ!

投稿: jazz坊主 | 2006年12月24日 (日) 17時16分

なるほど。それでjazz坊主なのね。『ジャズ・アト・マッセイ・ホール』って“ソルト・ピーナッツ!ソルト・ピーナッツ!”っての入ってるやつだよね。バードやガレスピーやらが活躍していた時代のジャズマンってのは、ある意味で皆、パンクロッカーより凄いぶっ飛んだ
人たちだったんだと思うよ。ビバップの後の時代の“クールジャズ”の誕生を告げた『クールの誕生』から、jazzは帝王マイルスの時代になっていくんだけど、ぼくもビバップジャズのほうが好きだな。『クールの・・・』以降、ジャズは“アート”って感じになっていくんだよな。(まあ、そこからが凄いんだけど。)

 サッカーに例えるって、良く思いついたね。それと、この前電話で話した件、今日、寺地先生と話たんだけど、他の皆となかなか連絡つかなくてさ、結局、年明けの1月14日の下村さんの追悼式みたいので会おうということになった。詳細はこのブログの12月8日の記事のリンクから辿っていけると思う。ということで。コメント、力作ありがとう。メリー・クリスマス。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月24日 (日) 18時26分

ジェームス・ブラウンが死にましたね。しかもクリスマス。地獄で豪快にマシンガン撃っている姿が目に浮かびます。それとも音楽で多くの人を救ったから天国に行ったかな。神父(牧師だったっけ?)の役もやってたし。

投稿: jazz坊主 | 2006年12月25日 (月) 18時53分

今年は全くなんて年だろう。下村さんが死んで、なんとか元気を出そうと“ブルース・ブラザース”を2まで借りてきて見てたってのに、JBまで死んじまうなんてさ。きっと、彼が行ったのは天国だよ。だって、“牧師”だから(笑)。でも、一度でいいから彼の“説教”生で聞きたかったな。ベルーシみたいに“光”が見れたかもな。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月25日 (月) 20時38分

No Expectationが好きです。

投稿: Mack | 2007年5月 9日 (水) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4658540

この記事へのトラックバック一覧です: 地の塩:

« 世界がユーモアを取り戻す日 | トップページ | 『カーズ』~追憶のルート“6” »