« Winter breath | トップページ | 星の村で »

砂絵

Book ネイティブ・アメリカン ナバホ「射弓の歌」の砂絵

著者:フランク・J. ニューカム,鈴木 哲喜,グラディス・A. レイチャード
販売元:美術出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

    

    そこでは音楽が鳴っていた

    沈黙の音楽 太古のリズム

    太陽の矢が僕の額を射抜いた時

    砂時計の砂が

    大地に

    永遠のように散らばった

   

    <きっと命はここで始まり これからもずっと続いていくだろう>

    

    黙示のような夏の雲の下

    ユージンとリエコが祈る

    ナバホの祈り ナバホの聖

    爆心地から遠く

    広島の八月

    

    目を閉じて

    僕は記憶を取り戻した

    野牛だった頃のこと

    鷲だった頃のこと

    ひび割れた大地に降り注ぐ

    虹色の

    雨だった頃の記憶を

   

    <そうさ、ユージンここはU・S・Aなんかじゃないよ>

    

         遠く

    金色の岩肌に陽射しが陰り

    この惑星の

    裸を愛撫する

    僕ら

    風紋の砂絵ー。

 

 私がナバホの居留区を訪ねたのは1989年だから、17年も前のことになってしまった。大学の頃企画したイヴェントを通して知り合った、ナバホ族のユージンさんと、また彼と結婚した広島出身の女性リエコさんを訪ねての旅だった。何日頃、と漠然とした約束しかしなかったのに、アメリカ中を忙しく走り回る二人とあの広い大陸で会えたことは、これまでの私の人生の中で起きた奇跡の一つである。若気のいたりとはいえ、突然、訪ねてきた若者に、二人はとても優しかった。

 あの頃から比べるとアメリカ・インディアン=ネイティブ・アメリカンの文化は随分と広く受け入れられるようになったかに見える。私が訪ねた翌年封切られた映画『ダンス・ウィズ・ウルヴズ』の影響が大きかったように思うが、しかし、現地で生きる人々の実情は、明るい部分にのみ光が当てられてしまった分だけ、さらに辛い状況にもなってしまったようだ。

 勿論ただ1度訪ねただけで彼らの置かれている状況に何かを言う権利は私には全然ない。しかし、彼らの歴史に起きたことは、今、現在、地球上で起きている全ての問題の始まりだったわけだし、また逆にそこを生き延びたかれらの知恵の中に未来へのヒントがあると思える分、これからも意識し続けたいと思っている。

 このネイティブ・アメリカンの文化やニュースを伝えてくれる素晴らしいブログがある。元雑誌『宝島』や『ポパイ』の編集長で、現在、先住民族の研究家にして紹介者の北山耕平氏の“Native Heart”である。今ならリンクをたどって行くとネイティヴ・アメリカンの神話を題材にした可愛いアニメ『レイヴン テイルズ (ハゲワシ編)』が見れますヨ。これNHKとかでやってくれるといいんだけどなあ。またテレ東にでも電話してみっか。。Web環境が万全な方は是非。

 

|

« Winter breath | トップページ | 星の村で »

詩集「The letter」 (79)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。ブログって何だか良くわかっていませんが、とりあえず下の送信ボタン押せばいいんですかね。
下村さんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: | 2006年12月17日 (日) 12時04分

早速、コメントありがとう。僕も人の影響で先月末に始めたばかりだからまだ良く分かっておらんところもあるのですが、やってみると意外と便利で面白いよ。僕も仕事一辺倒で友人と疎遠になっちゃてたから、こうして交信できると嬉しいです。とりあえず、自分が書き溜めた詩とか保存するつもりでやってんだけど(僕、すぐ無くしちゃうから)また、コメントください。さっきの電話の件、また連絡します。PS・U崎くん、今度、何か名前考えて入れて下さい。宜しく。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月17日 (日) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4570404

この記事へのトラックバック一覧です: 砂絵:

« Winter breath | トップページ | 星の村で »