« さよならマイ・ヒーロー | トップページ | 猫の悪夢 »

自転車にのって

Imagecatb1m7r_3   今年に入って自転車が2台も盗まれた。私も妻も子供たちもいつも必ず鍵をかけるのだが、年に何度かかけ忘れる時がある。その僅かの隙をついて盗んでいくのだからたいしたドロボーである。

 今だから感心したようなことを書いているが、盗まれた直後はもちろん腹を立てているので、犯人を捕まえたい、捕まえられなくとも盗もうとしたヤツをなんとかひどい目に合わせてやりたいと、妻とあれこれ算段したものである。

『サドルにガムをくっつけておくとか・・』妻の目が不気味に光る。

『いや、それなら画鋲を仕込んでおくほうがいい・・暗闇じゃ見えないほどの細いワイヤーで置き場の柱に長く繋いでおいて、しばらく走って行ってから、転倒するようにしたらどうだろうか?』と作戦武官の私。

『そして、音がしたら熱湯をバケツに用意しておいて、犯人にぶっかければ・・』と、妻。

『いいや、それならペンキのほうがいい・・逃げたとしてもペンキが滴っているから、逃走経路が分かり、すぐに捕まえられる・・』

『そして、その後、布団叩きで・・・・・・・・・・・・』

 平和な夜の食卓で、日頃は善良な父と母の底なしの悪意を初めて目にし、息子は呆れ、娘は怯えていた。子供たちよ、清らかで美しい聖者の心にも、ふとしたキッカケで、毒の花が芽吹くこともある、このことを良く覚えておきなさい。

 そんなこんなでしばらく私と妻は自転車なしの生活を強いられた。なければないで人は慣れるものである。最近ハムをつくる仕事に従事している妻は、朝、いつもより少し早く家を出るようになり、コンビ二まで歩くのがおっ苦うな私は買い置きのビールが無くなればそれ以上飲まなくなった。だが、ある日、我が家から少し遠くにおいしいコロッケを出す肉屋があり、家族中大好物なのだが、それなのに妻が近くのスーパーのコロッケを買ってくるのを見て事態の深刻さを悟った私は、ついに新しい自転車を買う決心をした。

『中古でいいか。』と私。

『どうせまた盗まれるから。』と妻。

で、現在、乗っているのは五千円で買った中古のママチャリである。頭に浮かんだ言葉がすぐ口について出てしまう妻は『ほんとうにこれ電気点くの?』と店先で言ってしまい、『失礼だなぁ。』と自転車屋の兄ちゃんは何故か、妻じゃなく私を睨めつけて言った。

 私はママチャリ・ファンだ。子供たちが今よりずっと小さかった時もハンドルの部分につけるイスを設置して、後ろにも前にも子供を乗せ走り回った。警官が『それは違反だ。!』と言っても『じゃあ、なんでこんな商品の販売を許しているんだぁ!!』と叫んで振り切ったし、少し大きくなってからも3人で多摩川沿いを良くサイクリングしたものだ。その時、良く口ずさんだ曲が3曲あって、それはクィーンの“Bycecle race”と、矢野顕子&佐野元春の“自転車でおいでよ”それと故高田渡の“自転車にのって”である。前半は意気揚々と“バーイセコッ、バーイセコッ”と,蜘蛛の子を散らしたようにクイーンで出発、疲れてマッタリしてくるとアッコ&元春で、走行中のほとんどの距離は高田渡の“自転車にのって”であった。

             

                自転車に乗って

        ベルを鳴らし

       あそこの原っぱまで

       この間の野球の続きを

       そして帰りにゃ

       川で足を洗って

       自転車にのって おうちへ帰る 

                              『自転車にのって』~高田渡

      

 渡さんのこの曲は自転車に乗るときの気分を本当に良く表していて、渡さんの偉大さ?が実感できる名曲である。しかし、これはマウンテン・バイクや本格的なレース用のやつじゃ駄目で、ママチャリでなければいけない。真似して見ようと思った方、要注意です。

 我が家の新顔の中古自転車くんはまだ盗まれてはいない。変な仕掛けは施していないから、深夜、自転車の転倒する音に夫婦揃って耳を澄ますようなこともない。今のところ家族全員、またおいしいコロッケが食べることができて、ひとまずめでたしめでたしである。

 

|

« さよならマイ・ヒーロー | トップページ | 猫の悪夢 »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

 自転車泥棒かー。先週だけど、会社近くのコンビニでカギを付けたままの車が乗り逃げされたんだ。最近じゃ田舎も物騒になりました。
 一昨日は友部さんのライブにターと奥さんが来てくれました。ターと並んで見ていたら下北ロフトとか曼荼羅にライブ観に行っていた頃にフラッシュバックしてさ。友部さんの後に下村さんがギター持って出できそうな感じとでも言うのでしょうか・・・。事故の話したら友部さんもビックリしていました(「オー・マイ・ラブ」やったよ)。

投稿: 元村田バンドギター担当 | 2006年12月11日 (月) 01時52分

 昔、下村さんと友部さんと3人で渋谷公会堂にCSN(クロスビー、スティルス&ナッシュ)を見にいったことがあります。スティーブン・スティルスのギターは誰の影響を受けてるとか、友部さんは何気にすげー詳しくて驚いたことを覚えています。今回、書いた渡さんも去年、(一昨年だったけ?)亡くなりましたが、ぼくが吉祥寺の“のろ”でバイトしていた時、店の常連さんだったので、良く彼に焼酎のお湯割りを作って出しました。下村さん、友部さん、渡さんなんかが当たり前に闊歩していた時代の吉祥寺がなつかしいです。(友部さんはまだ死んじゃいねー!!)

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月11日 (月) 20時14分

こんにちは。初めてコメントさせていただきます!!ターと言う名の夫は「兄貴のブログおもしれ~ぇ!!」と叫びながら見ていました。彼のPCではこのブログが表示されないのでとても悲しんでおりました。「自転車」いいですよね!!風を体に感じながら…(冬は寒すぎ~!!)でもいつの日か10kの通勤路を、爽やかに風きりながらチャリで通うのを夢見て…エアロバイク15分で死にそうになってるター妻でした(笑)   

投稿: ター妻 | 2006年12月12日 (火) 18時07分

 ター妻さん、お待ちしておりました!!少しずつこのエキスプレスも乗客が増えつつあり、嬉しいです。新婚だというのに早速、我が母のケアを一手にまかせてしまって(どうせ弟は騒ぐばかりで何もやっていまい・・)、兄弟1の馬鹿息子である僕としてはひたすら恐縮してしまいます。せめて、浮世のウサ?をここで払ってもらうべく、今後もがんばります。いわきでは自転車で走っている人ってあんまり見かけなくなりましたよね。景色もいいし、気持ちいいと思うんですけどね。今は寒いから、暖かくなっってからご夫婦でサイクリングもきっと楽しいですよ。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月12日 (火) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4492648

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車にのって:

« さよならマイ・ヒーロー | トップページ | 猫の悪夢 »