« La Mer  | トップページ | Winter breath »

猫の悪夢

     

                    猫の夢の中で

                    俺は嫌なやつだった

                    集会で虚偽の報告をさせたり

                    魚屋で秋刀魚を盗んでこさせては

                    それを隣の家の猫の仕業に見せかけるよう

                    命令したりした

                    毎日、凄いプレッシャーをかけた

                    猫は踏み切りに佇んで

                    遮断機をじっと

                    見つめて

                    いた

    

                    電車が走り抜けた

  

                    まんまるの眠りの猫が

                    ビクン、と驚いて目覚めるのを

                    見たことがある

     

                    今夜は下弦の月

         

                    塀の上で猫は

                    つくずく人間でなくて良かったと

                    思っている

       

                    猫は

                    あまり

                    俺に近づかない

 

  今夜は下弦の月です。あいにく天気が悪くて私の住む町では見れません。そういえばこの前、夜中、家の近くのスーパーの駐車場で猫の集会を見ました。 本当に真ん中に一匹で、周りを他の猫が取り囲んでいました。寒空の下、何、発表してたんだろう?興味深い・・・。

|

« La Mer  | トップページ | Winter breath »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

猫をじっとみてるときの気分、思い出しました。猫は私の心の中を読んでる。確実に。
ところで詩を書くとき、ナヴィ村さんは横書きで考えますか?私、俳句を書き留めるとき、なぜか横書きなんです。発表するときはもちろん縦ですが。
俳句はリズムが大事と先生に言われたせいかもしれません。

投稿: mimi | 2006年12月13日 (水) 09時59分

 コメントありがとう!僕は絵を描くときは左手、字を書くときは右手なんだけど、詩を書くときは何故か左手で横文字を縦に書くんです。自分でも不思議です。だから、出来上がりだけ見ると横書きです。右脳と左脳の役割分担が変なことになってるんです。きっと。俳句、今度読ませて下さい。あんまり俳句って僕読まないんです。短歌は結構暗誦できたりするのあるんですが。

 とびやすき葡萄の汁で汚すなかれ虐げられし少年の詩を BY寺山修司 とか。

 今度ここに送って下さい。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月13日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4521234

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の悪夢:

« La Mer  | トップページ | Winter breath »