« 砂絵 | トップページ | 1・豚骨スープの湯気に別れの挨拶を »

『大脱走』~息子に“男”を教える映画教室

Greatescape1963  ある朝、小学校6年生の息子が頼みがあると言って、新聞を読んでいる私の肩をちょんちょん、と小突いた。

『お父さん“大脱走”って映画知ってる?』息子はややためらい口調でそう言った。

『ん??“大脱走”。あー!!!“大脱走”!』

『今度ビデオ屋さんに行って借りてきてくれない?』息子の目が輝いた。

 『あの鉄条網ジャンプするやつか。』と私は頷いた。テレビで映画音楽ベスト100みたいな番組をやっていて、そこで有名なあのシーンを見て完全にしびれてしまったらしい。“お願いします”と言って息子は私に合掌し頭を下げた。

 こうして“息子に男を教える映画教室”が毎週末繰り広げられることになった。

 最初はリクエスト通り『大脱走(Great Escape)1963』を借りてきた。隣の部屋の女ども(妻と娘)は立ち入らせず、部屋の明かりを消し、気分は映画館だ。

 第二次世界大戦中のドイツ。脱走不可能と言われた第三捕虜収容所から連合軍兵士達が脱走を企てる。チャールズ・ブロンソン演じる通称“トンネル屋”が実は閉所恐怖症でトンネルを進むのにもたもたするあたりから、段々物語は緊迫してくる。

Photo_2  

 森へ出るはずが測量ミスでトンネルを数メートル手前で堀り上げてしまったからだ。結局、バレて最初200人逃がすつもりが70数人しか逃げられない。その後で例の“鉄条網越え”のシーンがあるのだが、ベッドに腰掛けて見ていた私たちはその瞬間、本当にピョーーンと体が跳ね上がった。マックィーンは何度も抜け出し、何度も捕まるが決してあきらめない。そこで教訓 1・息子よ、教室から逃げて、何度とっ捕まってもめげるなよ!

 次に借りてきたのは『荒野の7人(Magnificent seven)1960』である。言わずと知れた黒澤明の傑作『七人の侍』のリメイク版だが、実は私も今回はじめて見た。あの有名な音楽とストーリーは知っていたが、知ったつもりで見なくてもいいやと半分思っていた。だが、この映画は指標とすべき“男”の宝庫だ。男が惚れる男、味のある男どもが総出演である。マックィーンをはじめ、ユル・ブリンナー、ジェイムス・コバーン、ジェイムス・ガーナー、チャールズ・ブロンソン、などなど。アメリカにも、昔、こんな男がいたなーと妙な感慨が沸いてくる。

 私の好きなシーンはなぜか子供たちに慕われるチャールズ・ブロンソンに、中の一人が『父ちゃんたちは腰抜けだ!』みたいなことを言い、彼がそれを叱るシーンである。結局、7人の活躍に引きずられるようにメキシコの村の農民たちも自ら蜂起するのだが、最後に撃たれて死んでいく間際、チャールズ・ブロンソンは子供たちを呼び寄せ『お父さんたちの勇敢な姿を良く目に焼き付けておくんだよ・・。』と言い聞かせる。泣ける、最高に美しいシーンだ。ここで教訓 2・息子よ、いくらロクデナシになっても子供には人の道を説け!

 その次に見たのは『シンシナティ・キッズ(Cincinnati Kid)1965』だ。これは若きギャンブラーがポーカーの名人位をかけて、伝説の老ギャンブラーに勝負を挑む話である。主人公は途中、周囲の思惑もからみ、友人であるディーラーから八百長を持ちかけらるがそれを断る。実はこの友人の奥さんが妖婦アン・マーグレットなのだが、主人公のマックィーンは可愛い恋人がいるにもかかわらず、この女と密かにできちゃってたりする。この映画には凄い台詞がある。それはエドワード・G・ロビンソン演じる老名人ラーシンのこの台詞だ。

『真のギャンブラーにとって金は単なる道具にすぎません。言葉が思想を語るのと同じように。』 

 ナールホド、やっと分かった。身近に金を湯水のごとく使ってギャンブルにのめり込み、いなくなってしまった人を知っているけど、あの人は金で自分の思想を語っていたのか!!

 さて、物語の結末は言わないでおくが、最後、賭場から出てくるマックィーンをちゃんと元の恋人が待っていてくれるのだ。教訓。3・息子よ、結果はどうあれ、正々堂々と戦えば逃げた女は戻ってくるぞ。

 と、ここまで読んでお気づきの方もおられるでしょう。この3本とにスティーブ・マックイーンが出ていることを。長々と書いてしまったが、つまり、今回は息子以上に私の方がマックィーンにハマッテしまったということなんです。4・息子よ、真の男になりたけりゃ、マックィーンの映画を全部見ろ!

 20070421081648

 ということで、次に見たのが『栄光のルマン』・・・・・・・・いや、もう、止めよう。

 いつか“息子に女を教える映画なんてのも・・・・”やって見たい。(楽しそう。。。)

PS  写真は“ツインリンク・もてぎ”の本田博物館内にあるマックィーンの直筆サイン入りポスター。いいな。

|

« 砂絵 | トップページ | 1・豚骨スープの湯気に別れの挨拶を »

映画(70)」カテゴリの記事

コメント

ナヴィ村さま。只でこんな面白い文章を読ませていただいていいのでしょうか?教育方針(?)はともかく、爆笑させていただきました。

しかしながらなんという偶然でしょうか。昨夜Amazonから届いたDVD『栄光のル・マン』を観て、来年はル・マンに行くぞ!とかなんとか盛り上がっていたところでした。マックィーン最高っす。

投稿: 鎌倉U野 | 2006年12月18日 (月) 13時07分

投稿には名前が必要なんですね。命名してみました。ほんとに最高ですよね。マックィーン。いい馬でした。

投稿: jazz坊主 | 2006年12月18日 (月) 18時49分

U野くん、jazz坊主くん、コメントありがとう。『栄光のルマン』はあの“ルマン”という大会そのものが主役のような映画でしたね。レース好きの息子はマックィーン映画は『大脱走』と『栄光のルマン』に限ると言っています。昨日、偶然、BSで『華麗なる賭け』をやっていてまたまた見ちゃったんだけど、フェイ・ダナウエイ(いい女!!)を隣に乗せ砂浜をバギーで滅茶苦茶に走るマックィーン、すげえドライビング・テクニックでした。息子はその後、様々な映画を見ましたが、今一番ハマッテいるのはナント『ブルース・ブラザース』!娘もモハーモニカが欲しいといい始めました。M会長に教えてもらおうかな。

 jazz坊主君、電話で話したようなわけで、僕は今、ジェイク(ジョン・ベルーシ)を失ったエルウッド(ダン・アークロイド)のような気分なんです。それで、こんな馬鹿話して自分を盛り上げているわけ。でも、まあ、前進あるのみかな、ホテルが爆破されて瓦礫の下敷きになってもなお前進することを止めないブルース・ブラザースのように。奴らも“男”の教材だね。。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月18日 (月) 20時26分

メジロマックイーン
21戦12勝
G1
90 菊花賞
91 天皇賞(春)
91 天皇賞(秋)降着
92 天皇賞(春)
93 宝塚記念
G2
91 阪神大賞典
91 京都大賞典
92 阪神大賞典
93 大阪杯
93 京都大賞典
主な産駒
エイダイクイン(クイーンカップ)
G2では負け無しだった。

ほんとにいい馬でした。最高!

投稿: jazz坊主 | 2006年12月18日 (月) 23時05分

メジロかメグロか分からなくて、君の突っ込みに上手くボケられなかった(笑)ゴメン。マックィーンの名前がついている馬がいることは知っていたんだけど。府中の競馬場はいつもトラックから観客席を見るような場所まで入って仕事しているんだけど、僕、全然、競馬知らないんです。でも、競馬馬って本当大事されていて、初めって入った時、JRAの人に『一番は馬、2番は芝、人間は3番目。』と言われました。お馬様が前から来ると、僕らは『お馬様じゃ!!!』と、皆ひれ伏します。
 僕の好きな詩人、鮎川信夫や寺山修司といった人たちは皆、競馬狂でした。僕も今度やってみようかな。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月19日 (火) 06時38分

 そういえば最近マックィーンが登場するファッション誌(オヤジ向け)が多いね。ジーンズとかジャンパーのさりげない着こなしが今でもカッコイイってことなんだろうね。 
 
 なんだかオレもジェイク・ショックから立ち直れないでいます。失礼だけど、思っていた以上に大きな存在だったんだなー、と改めて感じています。でもさ、考えて見たらあんなに映画的な人生ってそうはないと思うので、ナヴィ村君にドキュメンタリー小説と脚本書いてもらって映画化してもらいたいです。期待してます。

 それと、ヒマな時にでもオレのブログへ遊びに来てください。夏頃から休み休み書いていたんだけど誰にも教えてないのでコメントももらえないでいます(笑)。よろしく。

http://sp.air-nifty.com/sonic/

投稿: JUICE&LOVE | 2006年12月19日 (火) 22時31分

JUCE&LOVEさんのブログに行って見ました。本格的な凄いやつじゃない?あれ、個人の私信のようなものを書き込んでもよいのかしら。Sさんの映画。主役はチャゲだね。でも、そういう風に何かに彼のことを書いたりするのはしばらくできそうにありません。彼については今はひたすら沈黙したい気分です。かわりに僕のもう一人の兄貴分だったひとの話を書きました。そういえばショーケン、また、『傷だらけの天使』やるみたいね。

投稿: ナヴィ村 | 2006年12月21日 (木) 05時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4579620

この記事へのトラックバック一覧です: 『大脱走』~息子に“男”を教える映画教室:

« 砂絵 | トップページ | 1・豚骨スープの湯気に別れの挨拶を »