« 『フィールド・オブ・ドリームス』~キャッチボールと神話 | トップページ | 叫ぶ女神(ディーバ) »

古酒(クース)

     

      ー下村 誠追悼ー

     

     もう長い間

     手をつけなかった古酒(クース)の

     樽の栓をあなたは抜いたのだ

     年月の澱を沈め

     グラスに注がれた古酒(クース)は

     懐かしい南の島の

     日没の海の色をしていた

     

     太陽と風と恋

     孤独を熟成した黄金色

     

     その永遠の相を

     一瞬に閉じ込めた味わいこそが

     あなたの歌だった

     

     あなたが生涯で

     出逢った人たちの

     一人一人もあなたの歌だ

    

     今夜 町中に

     ゴボゴボと古酒(クース)が溢れる

     

     金色の出逢い 

     金色の別れ 

     金色の旅

     金色の夢

     

     金色の怒り 

     金色の叫び 

     金色の涙

     金色の風 

     金色の空

     金色の森

     金色の微笑

    

     金色の歌ー。

 

 あなたの追悼会があった1月14日は良い1日でした。僕は再会した多くの人たちに酔っ払ってしまいました。下村さん、ありがとう。

    

     

|

« 『フィールド・オブ・ドリームス』~キャッチボールと神話 | トップページ | 叫ぶ女神(ディーバ) »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

私は酒に飲まれてました。
下村さん、ありがとう。

投稿: jazz坊主 | 2007年1月16日 (火) 21時08分

 僕は君の人相にのまれてました。

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月16日 (火) 22時14分

供養会の日、もう少し村田くんとゆっくり話したかったです。あのあと、誰かと飲みにいったの?色々、しゃべりたいこともあるんで、メールください。
どうぞよろしく!
g-u@jj.em-net.ne.jp

投稿: G-U 鈴木貴士 | 2007年1月17日 (水) 02時47分

あれ?G-U鈴木さん、昨日、早速メール送ったんだけど届かなかったでしょうか?僕も鈴木さんとゆっくり話したかったんです。詳しい話は私信の中でしましょうか。

mugunfa9@ybb.ne.jp

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月17日 (水) 05時57分

 この広いネット世界がサイゼリア下高井戸店のボックス席に納まったとき、そこはまるで銀河鉄道を走るペンギンビート急行の客席のようでした。
 一昨日は懐かしい人や思いがけない人と会え(JAZZ坊主さんにも会えたし)、無理してでも行ってよかったです。
 それにしても君らの出身ゼミはスゴイなー(笑)。

投稿: JUICE&LOVE | 2007年1月17日 (水) 11時57分

 juce&loveさん、そう言えば確かに電車のボックス席のようでしたね。あの日は現実には酒に酔ったんだけど、気分は再会したたくさんの“人”に酔ったって気分でした。寝かしていた酒を飲むみたいな感じで。それで上のような詩が出来た次第。昨日、ケンゴさんと電話で話して、大爆笑でした。それは今度会った時また。忙しい中、出てきてくれて下村さんも喜んだと思います。

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月17日 (水) 21時16分

Hello,ナヴィ村さん。
日曜の晩、夜10時に下高井戸にやってきた山ちゃんです。
確かに古酒をあけたような懐かしさがありましたね。
詩、とっても素敵だよ。
これからも書き続けてね。

投稿: 山ちゃん | 2007年1月17日 (水) 21時44分

山ちゃん、コメントありがとう!!マジ嬉しいヨ。写真もありがとう。あなたの登場があの夜のハイライトでしたね。僕にとっては。沢山の懐かしい人に一遍に会ったもんだから、僕はもうそれだけで少しおかしかったんです。またコメントかメール下さい。それから、たまには遊んでくれ、マジで。

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月17日 (水) 22時07分

下村さんの遺作となった「風待ち」のラストナンバー「絶望と苦悩のハレルヤ」の最後にクレジットされていない曲が入っていたのを運転中に突然耳にしてしまいとても混乱した。まるでマジシャンが種明かしをしたあとで書き残した遺書のような内容だ。それをあの楽天的なポップスにしあげてこの世を去るなんて、自分の死までプロデュースしたんじゃないかって勘ぐってしまいたくなるよ。(そんなことしないけどネ。)でもいい詩だな。お見事。

投稿: ほぴ村 | 2007年1月21日 (日) 15時50分

 ほぴ村くん。あのナンバー、忘れてたんだけど入ってたの知ってました。本人にも“このアルバムの中で一番良い曲ジャン!”と言った覚えがあります。でも、あれオリジナルじゃありません。今もって誰の何と言う曲か知りませんが。ただ、何かの区切りをつけようとしていたのは確かなのかもね。

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月21日 (日) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4947810

この記事へのトラックバック一覧です: 古酒(クース):

« 『フィールド・オブ・ドリームス』~キャッチボールと神話 | トップページ | 叫ぶ女神(ディーバ) »