« 五太子商店のハム | トップページ | 星の村で »

日記06.12/30~07.1/2

6_1  あけましておめでとうございます。今、東京に帰ってまいりました。このブログ共々、今年も宜しくお願いします。何を書いていいのやら全くアイディアも無く書き始めてしまったので、以下、年末から年始にかけての私の3年連用日記からの抜粋で今日のところはお許しを。

 12月30日(土) 晴れ

 朝、AM8;00頃起床。息子、ネットで道路交通情報を調べる。首都高、常磐道ともに空いているとのこと。朝食を食べ、AM9;30郷里のいわきに向けて出発。首都高を抜け、常磐道に入りすぐ桜土浦で6号国道に降り下道を行く事にする。途中、面白い看板が一杯あり(ひょうたん美術館、はにわの里、スーパー・ヒーロー、ダチョウ王国などなど)妻、娘喜ぶ。“子豚市場”なる看板見つけ、そのネーミングの悲しさから二人“ドナドナ”合唱。この“魂の旅”?に似つかわしくないと、カーステのニールヤング『ロッキン・イン・ザ・フリーワールド』のボリュームを上げる。途中、日立海浜公園に寄るが予想していたのと違い、“遊園地”だったので、入らずに行く。昼食は大手チェーン店は止めようということになり、長距離ドライバー達が集まるようないわゆる“めしや”を選ぶ。店名は『まつ屋』。娘、雰囲気の悪さにやや気分を害する。自分“にんにく焼肉定食”、妻“カレー”、息子“カツどん”、娘“親子丼”。量が多く、美味く、安い。こんな時じゃないと絶対入らないだろ?とかなんとか娘をなだめる。北茨城に入り、岡倉天心ゆかりの五浦海岸へ行く。有名な六角堂へ行こうとするがあいにく記念館が休みで入れず。海岸まで降りて、天心が見たであろう藍色の海と六角堂の写真を撮る。PM3;30頃いわきに到着。入院している母を見舞う。夜、弟嫁の店『アバンティ』で食事。アバンティ・カレー(ナイトバージョン)を食す。美味!ローリング・ストーンズの“ライク・ア・ローリングストーン”を聞きながら実家の家に帰宅。PM11:30頃就寝。

 12月31日(日)曇り

 やや遅い起床。本日で2006年も終わり。今夜の大晦日の大宴会?のための買出しに今日から休みの弟夫婦、我が家族全員で行く。母を病院に見舞った後、昼、平の“かつ丸”でトンカツ食す。その後、大型スーパー“エブリヤ”で食料品の買出し。自分と息子はスポーツ用品店で、有名野球選手のグローブやバットなどの展示に感激する。夜、皆で正月の飾りをする。宴会のセッティングにやや難儀する。山形の兄家族が来るまでの時間、最愛の女性?Coccoちゃんのライブの録画見る。かっこいい!!またまた母の病院へ行き、紅白見れるようにテレビをセッティングしてやる。PM8:00頃、兄家族到着。宴会開始。紅白は見てはいたがこれといって印象なし。森進一の“おふくろさん”くらい。カウントダウンの後、全員でおめでとうの挨拶。その後、息子、娘、甥と4人で法海寺に行く。真っ暗な田んぼ道。星が恐ろしいほどデカクきれい。超寒い。一人ずつ除夜の鐘つく。百八つある煩悩の“どれ”をついたのかは秘密。帰宅後AM2:00頃就寝。

1月1日(月)晴れ

 遅い起床。昨日、飲みすぎ喰い過ぎで体調悪し。どういう言葉のやりとりからか妻とやや言い合いになり、バッグ、枕、本などが飛んできてわけも分からずひたすら謝る。凄い年明け。が、その後、とてもとても優しくなる。不思議な人。皆で映画に行こうということになり、候補は『武士の一分』、『硫黄島からの手紙』、『フラガール』など。しかし、結局、おせちと酒、焼酎の前から動けず行かず終い。夕方、実家の犬“ジャニス”の散歩。酔い覚ましがてらに行く。きれいな青空にひこうき雲。写真撮る。

 1月2日(火)曇り

 朝から全員で箱根駅伝に見入る。途中、息子が東京で手に入らないおもちゃがあり、いわきにあるかもしれないとのことで、平のおもちゃ屋へ行く。しかし、今回も見つからず。映画『カーズ』のポスターを買う。帰り県道の名前が66号線(ルート66!)なのに気づき、看板の写真撮る。昼ごろ、兄家族、山形へ帰る。PM3:30頃、かねてよりこの年末年始に会おうと約束していたJuce&Love氏来る。本日まで仕事とか。そんな中来てくれて恐れ入る。年末に亡くなったS氏の思い出話の後、突如、江戸時代初期のいわきが生んだ名僧袋中上人と沖縄エイサーの関係、そしてハワイアンセンターの話となり、初めて聞く話でただただ驚く。袋中上人ゆかりの寺“能満寺”はなんと、自分が通っていた中学校から数キロの場所とのこと。(この話はあまりに面白いので近いうちにちゃんと調べてこのブログにも書こうと思います。)夜、弟夫婦と回転寿司へ。PM11:00頃就寝。

・・・・で、今朝、“能満寺”へ行ってから、帰路に着いたというわけです。2007年はどんな年になるか。馬鹿なことを真剣に、が今年の目標です。皆、がんばろうネ。

|

« 五太子商店のハム | トップページ | 星の村で »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

 あんなにいろいろ話したの久しぶりだったね(何せ最近は結婚式とかで会うのが多かったから・・・)。やっぱり近況報告だけじゃなくああいう話とかをする事は大事だと思います。
 で、袋中上人の話であそこまで食いついて来たのはナヴィ村君が初めてです(笑)。でもうれしいよ、オレも最初に気付いた時は大げさでなく鳥肌が立ったもん。ダ・ヴィンチ・コードよりびっくりでした。
 これからはライフワークとして気長にやっていくつもりでいるので協力お願いします(とりあえずは今年中にCD出します)。

投稿: JUICE&LOVE | 2007年1月 4日 (木) 22時12分

エ~!!あの日、あの時、あの部屋でバッグ、枕、本が飛んでたんですか!! …ちっとも知らなかった(笑) M家のお正月に参加できとても楽しかったです。ありがとうございました。 3日の朝、私たちも出勤前に能満寺に立ち寄りました。ター夫はえらく感激しておりましたです。

投稿: ホピ妻 | 2007年1月 5日 (金) 20時43分

ホピ村妻さん、そんな、驚かないで下さい!!我が家の場合、それが愛情表現なんですから。チューやハグと同じ。もっと昔、ラブラブだった頃には目覚まし時計やフライパンが飛んできました。そう考えると、バック?枕?本?倦怠期ですヨ(笑)。

 能満寺行きました?早速、原稿書きましたよ。すっげー人だなとつくづく思うんだけど、いわきの人って草野心平もそうだけど、地元の偉人になんか無関心な土地柄なんだよね。私の住む日野市は大河で取り上げられるまえから、土方とか井上源三郎は、特にジモピーには崇められていましたね。今でも、おっさん達の中には酔うと“土方が・・・”ってまだ生きている人のことのように言う人たちがいます。

 昨日、去年、会社を辞めて今、沖縄で民宿やってる女の子が会社に遊びに来て“袋中さん”の話をしたらびっくりしていました。みんなで流行らそう?よ!っていってました。Tシャツ作るとか。北陸の人が蓮如を“れんにょさん”と親しみを込めて言うように、僕は“袋中さん”と呼ぶことにしました。

 今度、帰ったら能満寺の住職にでももっと詳しく話を聞こうと思います。

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月 6日 (土) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4780864

この記事へのトラックバック一覧です: 日記06.12/30~07.1/2:

« 五太子商店のハム | トップページ | 星の村で »