« 砂絵 | トップページ | 古酒(クース) »

星の村で

     

     血の濃さをして震え走る故郷の川よ

     冬の神話の夜空の奥から

     艶っぽい月を盗みさらって

     翡翠の肌を

     さらさらと水面で愛撫している

    

     (すると そのすぐ隣で)

     ふわりと柔らかな

     墨汁を零した夜気のベールを

     激怒した風が

     金切り声上げ

     真一文字に切り裂く 枯れたすすきの野辺。

       

       流星は子午線をなぞり 死んだ女の影を連れて

       追憶の木造校舎の音楽室で

       ぎしぎし古い

       オルガンが鳴る

     

     腕の良い職人のように

     村人達は早くに眠ってしまった

     違和を予感し 私は

     箪笥の晴れ着の匂いの土地を

     嗅ぎ回り

     デラシネの目の犬

     

     掌に月の肌を汲み

     口に含むと

     知覚過敏の奥歯に

     しみる

     除夜の鐘の音。

     

     新しい時間の渦に投げ出され 故郷は

     微かに崩れ

     やがて見知らぬ

     物語となるー。

 

今夜は満月です。厳密には昨日ですが夜空のそれはまん丸。今回、帰郷して一番感動したのはほんものの闇の暗さ。暗いというより、もう“真っ黒”って感じでした。近くのお寺まで除夜の鐘をつきに行くと時、子供たちも怖がっていましたが、その分、星がきれいでした。月明かりや星の光を頼りに歩くなんて、都会じゃ贅沢なことでしょう。寒さの中、帰宅後、熱燗が身にしみました。

      

    

|

« 砂絵 | トップページ | 古酒(クース) »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

沖縄慶良間諸島座間味島というところに3年連続で行っています。やはり夜は街灯も無く“真っ黒”で夜空に天の川(銀河系)がドカッと横たわっていて地球はこの中のほんのひとかけらなんだよなと思いました。
その島からさらに無人島に行き海の中を覗き込むと透明度が20~30m(当然昼間)の別の宇宙が広がっていて、表現するのが難しい位美しい天国が見られます。今度希望者を募って"視察”に行きませんか?

投稿: jazz坊主 | 2007年1月 5日 (金) 20時11分

行きたいっスねぇー。この肉眼に触れることなく終わってしまうものって、沢山あるだろうけど、生きているうち見ておかなきゃ!ってものがきっとある。3年も連続で行ってんの?よかねー。金がありゃ、って話なんだけど・・・・後、ちょっと僕、飛行機怖いんだよね・・ノダメの千秋みたいに。でも、行きたいっスねぇー!!!!!!

投稿: ナヴィ村 | 2007年1月 6日 (土) 08時42分

娘が靴下片方忘れていったぞ。今度来るときまでとっておくぞ。俺が寝ている間に初詣に行きやがって!!

投稿: ほぴ村 | 2007年1月 7日 (日) 16時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/4795189

この記事へのトラックバック一覧です: 星の村で:

« 砂絵 | トップページ | 古酒(クース) »