« 花 | トップページ | 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 »

ぼくらが学校に行く理由

     

     今朝 遠くの空で

     何かが轟く音が聞こえた

     風でなく 鳥でなく 稲妻の音でもなく まして

     精霊へと孵化した誰かの命が

     空を駆けていく時の

     音でもない

     

     数学者が知っているのは

     シンプルな定理に潜む

     世界の美しさ

     恋人の横顔に見蕩れた覚えのあるものなら

     誰でも

     数学者になれるだろう

     あらゆる美しさに見蕩れ

     その謎を

     解き明かそうする者なら

     誰でも

     

      地球は丸い

      ゆえに

      君の国の夕焼けの美しさと

      僕の国の朝焼けの美しさは等しい

      

     戦火の中で

     壊れた建物の隙間から

     へんな形の空を覗く少女の夢は

     お腹いっぱい食べることと

     学校へ行くこと

     そして遊ぶこと

     何故なら楽しく遊びながらでなければ

     人は

     平和を学ぶことができないと知っているから

      

     『憎しみのプラカードを書ける人の多さに比べ

     愛の手紙を書ける人のなんと少ないことか』 

                 By ティク・ナット・ハン

     

     今朝 遠くの空で

     何かが轟く音が聞こえた

     政治家と

     富める者が互いを蔑み 罵り合う声が響くその中

     誰からも見捨てられた

     世界のゴミ溜めで

     

     新しい救世主が目覚める。

 

 この春、中学生になる息子が小学校4年生の時、学級崩壊が起きた。毎日ちゃんと学校へ行っても、授業が行われない状態なので、息子は無駄なので学校へ行きたくないと言い出した。それで私は『それなら、一人前に扱うから仕事しろ。』といって、私の仕事の現場に連れて行って、真夏の炎天下の中、働かせた。今、職場の人が撮ってくれた現場での息子の写真が残っていて、大人たちに混じり、頭にタオルを巻いて働いている彼の姿がユーモラスでなんだか愛しい。

 忘れもしないその夜、テレビを点けると、フィリピンのスモーキー・マウンテンでゴミ拾いをして、病気の母親と幼い妹と弟を養う少女のドキュメンタリー番組をやっていた。日本から取材で行ったアイドルだか女優だか分からない女の子が『今一番したいことは何?』と聞くと、少女は『学校へ行きたい。』と答えた。タガログ語の少女は宝物と言って、捨てられた古雑誌のページを一杯持っていて、それで“英語の勉強”と言って、夜、それをじーっと眺めていた。

 第三世界の国々や戦火に見舞われている国の子供たちに同じ質問をすると80パーセント以上が同じように答えるという。そして、将来の夢のダントツが『学校の先生』だそうだ。

 うーん。この差って一体なんだろう、とその夜、私は考えた。そして、確かに思ったことは次のこの地球を真に担っていくのは彼、彼女たちであって欲しいということだ。かく言う私も、学生時代、学校のありがた味など意識したことはなく、どちらかといえば反抗し、無視していた方なので偉そうなことを言える人間ではないが。

 それで、その夜、この詩を書いた。

 願わくば一人の親として、子供たちにとって学校が楽しい場所であって欲しいと願う。

    

  

|

« 花 | トップページ | 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 »

詩集「The letter」 (79)」カテゴリの記事

コメント

ナヴィ村さんは良い親だなあ。

私は、子育てに失敗していない。

ただ、父親になりそこねただけだ。

子供の小学校の行事にはよく参加した。

いちばん子供らしかったのが私だった。

授業の前に絵本の朗読をして、勝手に曲をつけて絶叫した。

新婚の先生の新妻を口説こうとして、他の母親に叱られた。

元ヤンの母親に「何人にまわされた?」と訊き、いきなり強烈なビンタを喰らった。

「何だ!このクソ尼!」とやりかえした。

後日、その息子に「うちの母ちゃんにビンタ喰らってんの」とからかわれた。

同級生のお兄ちゃんに「俺は腹筋鍛えてんだ!」と何度も腹を殴らせ、「全然効かねえな」と言い放った。

翌日、私の腹筋は内出血していた。

忘年会では街路樹や店の看板によじ登り、体は擦り傷だらけになった。

楽しい小学校生活だった。

今春卒業を迎える長女が「○○太が、はっちのパパに会いたいな、って言ってたよ」と私に言う。

式後に予定されているお別れ会で、私に会いたいと言ってくれるあかの他人の男児がいる。

ああ、生きてて良かった。

投稿: jazz坊主 | 2007年2月10日 (土) 01時27分

母性原理いっぱいの今の学校に、そういうばい菌みたいなのが混じってるってことが健全なのよ。北野菊次郎じゃないけどさ。
 父親って馬鹿なほうが子供に教えること多いよ。子供にとっちゃ恥ずかしさの後に、哀しみとかが見えるんだよね。きっと(笑)

 僕も、これは息子が幼稚園の時、行事でなんか市の倉庫みたいなところから物を一杯運ばなくちゃならなくて、親同士がもめそうになって、それで、『俺がやってやる。』と会社の3tダンプ出動させたことがある。他のお父さん達は皆“ホワイト・カラー”(笑)なので、荷物積んでもロープワークとかできないの。で、僕が教えてやった。お父さんたち『こういうの、子供の前で出来るとカッコいいですよね。』って皆、喜んでた。真夏で暑くてさ、僕、気合一杯で、迷彩のタンクトップにズボンで、またサングラスしてたので“自衛隊の人??”なんてヒソヒソ声がしていた。子供たちには怖かったらしいよ。

 その後、作業が全部終わって幼稚園の園長先生が『やっぱり、お父さんたちは冷たいものが一番でしょう?』って、粋な計らいでビールを出してくれたんだけど、これがいけなくてお父さんたちの大宴会が“太陽組”のお部屋で始まってしまった。最後、可愛い先生たちが“もう、帰れ!!--”って叫んでました。

 その時の印象からか、今でも近所の公園に行くと、子供たちが数人逃げていく。


 こんなにやさしいのにさ。なんかカミナリ親父の気分。

 それにしても、息子の幼稚園の先生たち可愛かったな(笑)。

 
 

投稿: ナヴィ村 | 2007年2月10日 (土) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/5280545

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくらが学校に行く理由:

« 花 | トップページ | 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 »