« Long good-bye | トップページ | 『せんせいけらいになれ』~宇宙のはじまり »

Stone Buddha

 

     金色の花粉は

           静寂の中をスローモーションで

     やがて

     印画紙の季節に色彩を施す

     強く緑が匂う森に <そこだけ明るく陽の当たる>

     密やかに息づく

     野生の庭園

      風の催眠術師の命によれば

     私はここで石仏になり

     花々の国の栄枯盛衰を

     未来永劫

     見続けることになるいうのだが

 

     地を覆う獣の群れ

     その夏の性的な叫び声よ

     葵の空の滴りに

     鷲摑みにしたノースリーブの腕

     きりもなく愛はとろけ合って

     真昼のシーツ

     反り返る 喉のカーブ

     愉悦の草を這う 

     ヒンズーの蛇

 

     不滅の人の瞬きの間に間に

     花は流れ 人は滅ぶ

     その葉脈と

     幼子の血の中に

     濃い遺言の

     文字を 刻んで

 

     鐘が鳴り

     千年が瞬時に過ぎ去る

     夕暮れの夢から醒めてもまだ

     命はくっきりと私の形して

     大地に在る

 

     麻酔のように

     夢から漂いくる

     花々の香りに

     祝祭のような今を

     絶え間なく葬られながら

 

 

 

|

« Long good-bye | トップページ | 『せんせいけらいになれ』~宇宙のはじまり »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

この前の日曜も仕事休めず
失礼ながら、気晴らしに
カ、カ、カ、カット・イン!

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き


君と出会ったのは四月

南のちっぽけな島

偶然だけど 

俺には奇跡


真夜中近く バーのカウンター

俺の隣に ちょこんと座る

風呂上りの君は

天からの贈り物か?


キャミソールとブラの紐がクロスする

その美しく白い肌 白い肩 白い胸元

二一年間 一度も外気に晒されたこともないかのように

しっとりと輝く


君の大きな黒目に比べれば

ダイヤモンドもただの石ころ

テキーラよりも強い酒のように 

深く深く酔いしれる


五月 休暇は終わった

もう行かなくちゃ


君を想って何千回も聴いた

“April Come She Will”

俺は教会に行きたかったけど


さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き


一緒にバスに乗って逃げないように

もう二度と会わないよ


さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

さくらちゃん さくらちゃん 好き 好き

(エンドレス)


(さあ、みなさん、ご一緒に! さくらちゃん・・・)

投稿: jazz坊主 | 2007年2月26日 (月) 21時47分

マイルスの考え抜かれたストイックなソロの後の、けたたましいコルトレーンのような奴だな。実は今日は具合が悪く寝ていた。午後、少し良くなって、寝ながらコルトレーンの伝記“『至上の愛』の真実”ってのづっと読んでた。で、俺は一応、『至上の愛』のイメージで、昔書いた詩を少し直してエントリーしたところだった。実は。でも・・・君の方が『至上の愛』だな(爆笑)。

投稿: ナヴィ村 | 2007年2月26日 (月) 22時21分

石の仏ですか~。いつまでもそこに存在していて人間や生き物の営みを見守っているような印象です。何か普遍的で西洋風に描写された詩に思えました。私はボードレールの「悪の華」を昔に少しかじりましたがなんだか妙に神経を高ぶらされました。こんなセンスは私には無いので羨ましいなとも思いました。

投稿: マックス デミアン | 2007年3月13日 (火) 09時37分

マックス デミアンさん。コメントありがとうございます。お名前から察するとヘッセのファンかしら?ご覧の通り映画、音楽、小説、食べ物、書評、と、なんでもかんでも書いていますが、実は一番真剣に書いているのは詩なのです(で、一番面白くないのかも)。ですから感想いただいてとても嬉しいです。私の“仏教観”のきっかけは、西洋経由ですので(ヘッセの『シッタルーダ』も入っていますよ。)、きっと上のような詩になったのでしょう。

 またコメント下さい。どうもありがとう。

投稿: ナヴィ村 | 2007年3月13日 (火) 18時59分

久しぶりに遊びに来ました。その通りです。ヘッセ大好きなのですが、特に『デミアン』が大好きです。でも最後まで読んでいないのです。(笑)何故最後まで読んでいないかというと最後まで読むには惜しいのです。妻からは「何回も読んだらいい」と言われたのですが、途中でしおりをしてこれからゆっくり最後まで読もうと思います。また遊びに来ます。

投稿: マックス デミアン | 2007年3月16日 (金) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/5495720

この記事へのトラックバック一覧です: Stone Buddha:

« Long good-bye | トップページ | 『せんせいけらいになれ』~宇宙のはじまり »