« 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 | トップページ | 夜逃げもどき »

Nude

           

         獣(けだもの)の

         汗と火照りとが去った後で

         肌は

         冬の陽のように白い

         大理石の輝きを増す

         未熟から成熟

         そして腐乱へと辿る死への過程で

         こんなにも美しい時を仕掛け得て

         神は

         満足して密かにほくそ笑む

        

         密林を映す湖上の舟の

         息苦しく流された先で

         青年は覗き見る

         ある奇妙な生き物が

         惜しげもなく

         夜に

         命をさらけ出すのをー。

 

 

 ある朝、物凄いシュールな夢を見て、飛び起きて書いた。私にはそんな詩がいくつもある。これはその中の一つ。ちょっとエロチックで、少し怖い夢だった・・・

|

« 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 | トップページ | 夜逃げもどき »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/5343006

この記事へのトラックバック一覧です: Nude:

« 『コインロッカー・ベイビーズ』~永遠の近未来小説 | トップページ | 夜逃げもどき »