« 夜逃げもどき | トップページ | 風のサキサフォン »

Long good-bye 

 
 味噌を酒で溶くと
 味噌汁の味にこくが出ると
 あなたは僕に教えてくれた
 すべからく世の快楽には
 味わう前に 独自の
 ほんのもう一工夫がいるのだと

 ギャンブルが人生じゃない
 人生がギャンブルだと言う人もいるが
 勿論 人生はギャンブルではない

 ありきたりな幸福の眩さに
 誰よりも憧れ 目を瞬かせた人
 そして それに背を向けた人

 細いロープの上を大きな体で
 大股で歩いた人

 右側は平凡な天国
 左側は華麗なる地獄

 あなたがどちらの側に落ちたのかは 
 今や神のみぞ知るところ

 青年が結婚し夫となり父となるその傍らで

 あなたは何になった?
 何になれなかった?

 『お前、太ったな』と、最後にあなたは言って
 いや、余計なものを身に付けすぎたのは
 あなたの方ですと
 僕は 言えばよかったのか あの時

 あなたが消えたと知って
 初めに浮かんだのは

 レイモンド・チャンドラーの小説の中の
 この言葉

『さよならとは少しの間 死ぬこと』。

 

 これは小説『豚骨スープの湯気に別れの挨拶を』(カテゴリー『魂のラーメン!』の第1話)のモデルにもなった私の恩人が、実際にいなくなった時に書いた詩。あのラーメン屋の前を通る度、思い出す。     

|

« 夜逃げもどき | トップページ | 風のサキサフォン »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Long good-bye :

« 夜逃げもどき | トップページ | 風のサキサフォン »