« 青空 | トップページ | 追憶の親子丼 »

音叉ーある悲劇に

          

          

          眠れ 神性に帰せ

          悪の華の球根が滋味として

          憎悪を吸い上げる

          その傍らに

          

          ああ

          悲しみの音叉は

          キーンとして心臓を刺し貫く

          生涯に渡り

          それを聞くことになる

          運命の耳

          

          月が歪み

          麻酔の効かぬ

          手術台の夜よー

          

          祈りの詩句を知らぬ

          聖職者がテーブルで

          凝視する

          新聞の文字

          

          音を消したテレビの中

          白蟻どもの

          阿鼻叫喚

          

          愛よ眠れ

          耳を塞げー

 

 

これは神戸の連続児童殺傷事件が起きた時に書いた詩。まだ我が家の子供達が小さく、やっと人の親の気持ちが分かったつもりになった頃だったので、余計に事件に衝撃を受け、いたたまれなくなって私はこの詩を書いた。

 昨日、バージニア州で起きた射殺事件は32人が犠牲になる大惨事になってしまった。この種の事件ではマイケル・ムーアの映画『ボーリング・フォー・コロンバイン』で取り上げられたコロンバイン高校での事件が有名だが、犠牲者の数だけ言えば今回のそれは史上最悪の結果となった。

 これから犯人の実像については精神分析や何やらで色々明らかになることと思うが、きっと原因については本当のところは何も分からないだろうと思う。スプリングスティーンの『ネブラスカ』ではないが、理由の無い卑劣な行為というのが確かにあって、今回のような事件を目の当たりにすると、人間はただ慄然とするしかない。

 日本でも長崎市市長が射殺されて、さらに暗澹たる気持ちになった。

 今は犠牲者の冥福を祈るしかない。

 

|

« 青空 | トップページ | 追憶の親子丼 »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

喜納昌吉さんの「すべての武器を楽器に!」
そうなればもう少し楽しい世の中になるのに。

人間の攻撃性は本能に組み込まれているんだろうし、抑え込もうとしても無理だと思う。
問題は攻撃の対象や攻撃の道具が何であるかで、攻撃の対象がいきもので攻撃の道具が武器の場合、悲劇が起こるのである。

私の場合、怒りが溜まると会社のロッカーや車を自分の足で蹴飛ばす。あまり良いことではないが、怒りを溜めることはもっと悪い結果になるので意識的にそうしている。
我慢するんじゃなくて解放するのである。

行政が「叫びBOX」とか「サンドバッグ打ち放題」みたいな気の利いた公共施設を作れば少しは悲劇が減るんじゃないかなあ。カラオケやジムだと金かかるし。

アメリカのライフル協会なんか、皆が銃を持っていれば今回の惨劇は防げた、みたいなこと真顔で言いそうなバカの集団だからねえ。

投稿: jazz坊主 | 2007年4月19日 (木) 23時42分

銃撃事件といえばまっ先に思い出すのはやはりジョン・レノンのことだ。あんなに幸せに暮らしていても、何ものかに撃たれるような悲劇に出くわす人がこの世の中にはいるのだということ僕達に教えてくれた。幸せな生活を送っていながらも、悲劇のその小さな芽は確実に成長していて、ある日突然、なんの前触れもなく襲いかかってくる。やだな、そんなふうにして死ぬのは。何ものかに強引に人生の幕を引かれないように、僕が考える対抗策としては、
1. 誰かの悪口をいわない、2. 違和感を感じるものには近付かない、3. ネガティヴな言葉をはかない。
ということ。悲劇の種はそれらのなかに宿っているような気がする。『日常の悪を注意深く拒むこと』
昔誰かがこんなことを言っていたけど、まさにそんな感じです。

投稿: ほぴ村 | 2007年4月21日 (土) 01時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/6148293

この記事へのトラックバック一覧です: 音叉ーある悲劇に:

« 青空 | トップページ | 追憶の親子丼 »