« 二つの心 | トップページ | 『欲望の翼』~蒸し暑い恋 »

“9”つながり

 

CROQUEMADAME&HOTCAKES CROQUEMADAME&HOTCAKES

アーティスト:沢田研二
販売元:インディーズ・メーカー
発売日:2004/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前々回、“着ぐるみを脱いだロッカー”とジュリーのことを書きましたが、その後、彼はずっと脱ぎっぱなしのままだったのを昨日知りました。コアなファンの皆さん、無知だった私を許して下さい。2007年現在、日本最高のロッカーは沢田研二です。ジュリー・レーベールから出ている不思議なパッケージに包まれた数々の傑作群。そーか、ロックをやりたくて芸能界のキングを降りたんだな、やっぱ。

 私が買ったのは去年2006年に出た『俺たち最高!』ってやつです。声が全く衰えていないのが凄い。それで、曲想が全て瑞々しくて、大人の色気もあって、うちの奥さんも感動していました。『涙のハッピー・ニューイヤー』最高です。個人的にはビートルズ解散後のそれぞれのソロ・アルバムみたいな感じで聞きましたが(大衆のイメージがら解き放たれて、好きなように作っているという点で)、ジョン・レノンのようでもあり、ポール・マッカートニーのようでもあります。

 まだ先のことですが、調べたら今年の私の誕生日の9月9日(日)に、家の近くのパルテノン多摩でジュリーのコンサートがあります!!今日、妻と絶対行こうと約束しました。

 上の『クロックマダム&ホットケーキ』はジュリーの全キャリアの中で最高傑作とされている作品です。ただ、普通のお店では手に入らないみたいです。

 映画『太陽を盗んだ男』の中でジュリー演じる主人公の役名は“9番”。当時、世界に原爆を保有する国は8カ国あって、それで原爆を作って国を脅迫する彼は9番目ということで“9番”と名乗ります。

 ジョン・レノンは10月9日生まれで、やはり9をラッキーナンバーと考えていたようです。『♯9ドリームス』って曲を作ったくらい。

 私は9月9日生まれなので、それで野球好きなのかもしれません。つくづく単純な野郎でございます。それで“9番”についてもこの歳になってマイ・ブームになってしまいました。

 皆さんも機会があったら、最近の沢田研二を聞いて見てください。

 素晴らしいですよ。

|

« 二つの心 | トップページ | 『欲望の翼』~蒸し暑い恋 »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

初めまして・・・うれしい内容のブログで・・・飛びついちゃいました!!!
ありがとうございます・・・ジュリーに目覚めて約30年・・・今のジュリーも最高です!!!どうぞライブにいらしてくださいm(__)m
私も『クロックマダム&ホットケーキ』大好きです・・・オーガニックオーガズムがとくに良いです(^^)v

投稿: とんとんママ | 2007年5月22日 (火) 22時18分

僕は早速、『クロックマダム&ホットケーキ』をアマゾン・ワンクリックで買ってしまいました。ショーケンの『シャンティーシャンティー』のDVDも買っちゃったし、誰かさんに怒られそう…。

投稿: ほぴ村 | 2007年5月23日 (水) 00時21分

とんとんママさん、こちらこそ初めまして。僕は普段日常的にはジャズやロックを聞いている人間で、恐る恐る(笑)ジュリーについて書いたんですが、コアなファンの方から早速コメントいただけてとても嬉しいです。
 僕の子供の頃は男の子達はジュリーの真似、女の子達はピンク・レディの踊りの練習・・みたいなのが自然な風景だったので、昔から好きだったんですが、最近の作品にはほんと、持っていかれちまいまして、まるで寝かしておいたのを忘れていたワインのコルクを抜いたら、極上の味わい、そんな感じで、また野球に例えると往年の大投手とキャッチボールすることになって、軽い気持ちでボールを投げたら、全盛期よりも凄い球が帰ってきて手がしびれた・・・・みたいな感じでしびれています。

 エントリーにも書きましたが9月のコンサートには絶対行きたいと思います。
 
 映画やら音楽やら野球やらなんでもかんでも書いているブログですが、また寄ってください。

 

投稿: ナヴィ村 | 2007年5月23日 (水) 20時22分

『クロックマダム&ホットケーキ』聞きました。
『届かない花』が名曲です。というか、初夏の爽やかな季節にもってこいの名盤です。車を運転しながら『ジューリー!!』(きききりん風)って叫んじゃいました。(太ったエルビィスなんてとんでもない!!)

投稿: ほぴ村 | 2007年5月25日 (金) 01時02分

ジュリーは昔のテレビに出ていた頃の映像の肖像権?を全て引き上げていて、“懐かしの~”みたいな番組なんかで彼を見ることは出来ないようになっているらしいです。ということでこのエントリーと前のエントリーの文中にYouTubeで見つけた映像をリンクしておきました。

 こういうの昔は普通に見てたんだなあ。モノが違いますな、やはり。最近のジャリとはゼロが一桁も二桁も違いますね。

投稿: ナヴィ村 | 2007年5月25日 (金) 06時04分

YouTube見ました。
ジュリーだけでなく当時の歌謡曲とかもついでに見たんだけど、パフフォーマンスの完成度が高いのと楽曲のパワーには驚きました。
20年、いやいや30年位経ってるのにね。

投稿: JUICE&LOVE | 2007年5月26日 (土) 08時35分

 ジュリー以外にも昔の歌謡曲の中に“ロック”を感じさせるものっていっぱいありますよね。私のベスト5は

     1 危険な二人 沢田研二

     2 渚のシンドバッド ピンク・レディ

     3 プレイバック Part2 山口百恵

     4 傷だらけのローラ 西条秀樹

     5 個人授業  フィンガー5


 って、感じかなあ。共通するのはおっしゃる通り、楽曲の良さはもちろんのこと、圧倒的なパフォーマンスの完成度です。皆、プロだったってことですかね。今はアマチア芸がはびこっていますから。

 ジュリーの最近作、是非聞いてください。YouTubeで見るあの頃より、さらに良いから。ジョン・レノンが死なずに生きていたら、きっと歌ったであろうテーマの名曲が聞けますよ。
  

投稿: ナヴィ村 | 2007年5月27日 (日) 13時26分

沢田研二は時にミックジャガーのようでありデヴィッドボウイのようでありロッドスチュアートのようでありジョンレノンのようでありブライアンフェリーのようであり・・・。
否、○○○のようでありではなく○○○以上でありが正しい!!
内田裕也氏がTVで仰った「沢田研二をなめんなよ!」ですね!

投稿: 小倉46歳 | 2008年7月15日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/6504525

この記事へのトラックバック一覧です: “9”つながり:

« 二つの心 | トップページ | 『欲望の翼』~蒸し暑い恋 »