« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

ごめんねナポリタン

640x480_3  

 初めての君の印象はというと、やっぱりあの赤いワンピースだな。時代はバブルの真っ只中で、今思えば随分グロテスクな時代だったけど、それにしたってあんな頭のてっぺんから足のつま先まで赤ずくめのスタイルの女の子なんて、当時だってそう何処にでもうろうろしてるって訳じゃなかったから、話しかけられた時は随分とどぎまぎしたのを覚えてるよ。

 あの頃、流行っていた音楽と言ったら何だっけ。マドンナ?プリンス?マイケル・ジャクソン?悪いけど80年代の音楽って、僕は全然思い入れないんだよ。あの頃、同世代の友人達は皆、『時代遅れな野郎』って僕を馬鹿にしてたけど、僕がその頃夢中になって聞いていたのは50S~70S初期までのロックやジャズで、80Sの音楽なんてこっちから願い下げって感じだったから。

 でもこの間、何処かの店で飲んでいた時、店のスピーカーからシンディー・ローパーの『オール・スルー・ザ・ナイト』が流れて来てさ、それで急にあの頃に引き戻されるような感覚に陥った。別にシンディー・ローパーを当時熱心に聴いていたって訳でもないのに、不思議だね。音楽って、時に予想もしなかったような状況に人を引きずって行って、それで勝手に置き去りにして行っちまうから、ある意味いい迷惑だよ。

 で、その時、突然に、唐突に僕は君を思い出したんだよ。それが音楽の仕業なのか何なのかは良く分からないけど、とにかくじゃじゃ馬で、どうしようもなく自分勝手で、それでいて寂しがりやだったあの頃の君をね。

 ある日、君が女性ボーカリストの中じゃシンディー・ローパーが最高だなんて言うから、僕がむきになって君にジャニス・ジョプリンを教えたことがあったろう?丁度、彼女の伝記映画『ジャニス』が公開されたばかりでさ、吉祥寺のバウス・シアターでやっているから見に行けって、君に言ったのを覚えてる。で、その次に君に会った時、君はすっかりジャニスにいかれていて『コズミック・ブルースを歌う』と『パール』を持っていたから驚いたよ。まあ、君は相当に大人びてはいたけど、実際は僕より4つ年下で、それで僕の話について行こうとして随分背伸びしていたのかもしれないな。

 君がイタリアに留学することになって、その前に会おうと言うことになって、最後に行った国分寺のパスタ屋、覚えているかな?大学から帰る坂を下りて左に曲がると、道路を渡ってすぐの所にある店。今でもあるのかどうか知らないけど、僕は当時は定食屋か立ち食いそば屋みたいなところにしか行かなかったから、随分、洒落た店を選んだつもりだったんだぜ。

 今でも覚えているけど、その店で僕はぺペロン・チーノを、君はカルボナーラを頼んだんだ。つまらない事ほど僕は何故か良く覚えているんで嫌んなっちゃうんだけどさ。で、その時、本当は僕はナポリタンを食べたかったんだ。でもなんか格好つけちゃったんだよね。その頃、ナポリタンってなんかお子チャマな印象がしてさ、年下の君に子供っぽく思われるのがきっと嫌だったんだろうな。

 飛行場のエスカレーターに消えていく間際、君が僕になんて言ったか覚えてるかい?それについちゃ今でも相当恨んでいるんだけど、君はもう長い間会えないだろう僕に向かってマジな目つきで、

『Mさんは遊んでばっかりですね。』

 って言ったんだよ。君は否定するかもしれないけど君は確かにそう言って旅立たんだ。僕がどんなに落ち込んだか君は知らないだろうな。でも、今思うと、夢があって着実にそれに向かって進んで行く君に比べ、その日暮しみたいにしていた僕だったから、その落ち込みには嫉妬の感情が相当混じっていた。

 今日、久しぶりにナポリタンを自分で作って食べた。ペペロンチーノやカルボナーラの方が逆に喰い飽きてしまってね。で、出来はと言うと、お子チャマの食い物なんてとんでもない、白ワインをちょっと入れたせいか、中々、大人の味わいだった。

 君が遠い空の下からせっせと書いてくれた手紙に、僕はついに一度も返事を出さなかった。それでその後、僕も東京の街を転々としていたから、もうお互い連絡も取れなくなっちまった。

 あのパスタ屋で僕が素直に言えなかった言葉は実はもう一つある。でも、それはもう一生言う必要がなくなった。今となっちゃ言わなくて良かったって本気で思っているよ。

ただ、今日、自分が作ったスパゲッティに向かってこう言ってみたんだ。

『ごめんね、ナポリタン』ってね。

 PS 実は白状するけど、今、僕はジャニス・ジョプリンよりシンディー・ローパーの方が好きなんだよ。まあ、人は変わるってことさ。 

| | トラックバック (0)

天動説

     
 
     昇る朝日を見て
     回る地球を 感じたことなんてない
     頭上にあった太陽が
     岬に沈むのを眺めていた少年の頃より
     僕にとって 動いているのは
     いつも 空の方だ

 

     だから 拝啓ガリレオ・ガリレイ
     僕は あなたの地動説は 取らない
     僕は 天動説を信じる

     ルネ・マグリットの絵みたいな
     台風一過の夜の青空を
     凄い速さで雲が流れていた
     「星が飛んでいる」、と 娘が言ったが
     「それは錯覚だよ」、と 僕は言わなかった

     確かに 二つの星が
     運命のように しばし併走していた

     客観的 科学的 事実よりも
     主観的で詩的な現実

     昔々、人は
     世界はパンケーキのような平たいものを
           二匹の象が支えていると
           信じていた
          
     毎日、山から現れて
     海へと沈んでいく太陽は
           きっと誰かが飽きもせず
     打ち上げる 花火みたいなもの
           たとえ そう信じたまま
     明日、僕が死んでも
           誰も困らないし僕も困らない
           21世紀を 人が
           古代的メンタリティで生きたとて誰も

     今朝 
     またもや誰かが
     巨大な火の玉を打ち上げて 
     海の魚達がきらきらと光った  だから

     夏休みの少年よ
     あまり遠くまで泳いでいくと
     世界の淵に
     落っこちてしまうかも
     しれないぜ

     結論 世界は
     パンケーキのような平たいものを
     二匹の象が
     支えているー

         これでいいのだ

| | コメント (0)

夏の王

 

        

              触れると熱いモンシロ蝶の羽根

         トウモロコシが夏の風に揺れる

         夕べの稲妻に

         置き去られた夏よ

         またしても

         ゼロから始めるつもりか

      

          あ 夏の王が行くよー

          飴色の川に水しぶきを上げ

          あ 夏の王が行くよー

          虹色の空にアドバルーンを上げて

     

         触れると痛い日焼けした肩を

         つつき合いながらラムネ壜が鳴るよ

         夕立の木陰で

         押し黙った夏よ

         その頬を

         俺の掌にくれるか

      

          あ 夏の王が行く

          クレヨンの海に白い帆をあげて

          あ 夏の王がゆくよ

          プラネタリュウムに火の花を咲かせ

          プラネタリュウムに火の花を咲かせ

     

         触れると熱いモンシロ蝶の羽根

         触れると熱いモンシロ蝶の羽根

 

 

 昨日の朝、仕事場に向かって車を走らせていると、突然、胸の鼓動が早くなり激しい動悸。あれれれ、と思っているうちに呼吸が苦しくなり、急遽、高井戸付近で車を停車して落ち着くのを待つ。なんとか落ち着いてから現場に向かい、なんとか一日過ごす。で、帰り道、また朝と同じような症状になるが、今度は根性で会社まで止まらずにたどり着く。

 ということで、今日は一日ダウン。午後、病院に行き心電図を取り、血液検査。睡眠不足なため体が衰弱していて、しかもストレス性の胃炎も見つかる。胃の薬と睡眠薬を貰って帰宅。ウーン。精神は強靭なつもりだったか、体が信号を発している状態。しばらく会わなかった人から言われるならともかく、毎日、一緒にいる子供達から『お父さん、痩せたね。』と言われるので、ここ数ヶ月、相当に激務だったのだろうか?

 しかし、毎日一緒にいるといっても、ほとんど寝にだけ帰って来る状況だったので、こっちらは見落としていることが一杯あって、例えば、今日久々にゆっくり息子と娘を見ると、二人とも随分、背が伸びていることに気が付く。なんで、こいつら学校に行かないのだろう?と一瞬、思い、もう夏休みなのを思い出す。

 今日、東京は梅雨明け宣言が出たらしい。これからが夏本番だっていうのに。2・3日ぐっすり寝て、心身ともに回復しなくちゃ・・・な。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »