« 残波光  | トップページ | 天動説 »

暑中お見舞い申し上げます


触れると熱いモンシロ蝶の羽根
トウモロコシが夏の風に揺れる
夕べの稲妻に
置き去られた夏よ
またしても
ゼロから始めるつもりか

暑中見舞い申し上げます
飴色の川に水しぶきを上げ

暑中見舞い申し上げます
虹色の空にアドバルーンを上げて

触れると痛い日焼けした肩を
つつき合いながらラムネ壜が鳴るよ
夕立の木陰で
押し黙った夏よ
その頬を俺の
掌にくれるか

暑中お見舞い申し上げます
クレヨンの海に白い帆をあげて

暑中お見舞い申し上げます
プラネタリュウムに火の花を咲かせ

触れると熱いモンシロ蝶の羽根
触れると熱いモンシロ蝶の羽根

 


 昨日の朝、仕事場に向かって車を走らせていると、突然、胸の鼓動が早くなり激しい動悸。あれれれ、と思っているうちに呼吸が苦しくなり、急遽、高井戸付近で車を停車して落ち着くのを待つ。なんとか落ち着いてから現場に向かい、なんとか一日過ごす。で、帰り道、また朝と同じような症状になるが、今度は根性で会社まで止まらずにたどり着く。

 ということで、今日は一日ダウン。午後、病院に行き心電図を取り、血液検査。睡眠不足なため体が衰弱していて、しかもストレス性の胃炎も見つかる。胃の薬と睡眠薬を貰って帰宅。ウーン。精神は強靭なつもりだったか、体が信号を発している状態。しばらく会わなかった人から言われるならともかく、毎日、一緒にいる子供達から『お父さん、痩せたね。』と言われるので、ここ数ヶ月、相当に激務だったのだろうか?

 しかし、毎日一緒にいるといっても、ほとんど寝にだけ帰って来る状況だったので、こっちらは見落としていることが一杯あって、例えば、今日久々にゆっくり息子と娘を見ると、二人とも随分、背が伸びていることに気が付く。なんで、こいつら学校に行かないのだろう?と一瞬、思い、もう夏休みなのを思い出す。

 今日、東京は梅雨明け宣言が出たらしい。これからが夏本番だっていうのに。2・3日ぐっすり寝て、心身ともに回復しなくちゃ・・・な。

 

 

|

« 残波光  | トップページ | 天動説 »

詩集「The letter」 (90)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑中お見舞い申し上げます:

« 残波光  | トップページ | 天動説 »