« スーパースター解凍! | トップページ | 『今夜、すべてのバーで』~乾杯(スコール) »

『かもめ食堂』~極上の“ボー”

Photo_9

 知らなかったなあ。ムーミンに出てくるスナフキンとミーが異父兄妹だったなんて。それにニョロニョロが電気を食べて生きているなんて。で、私が何でそれを知ったかと言うと、この映画『かもめ食堂』でです。

ムーミンの原作者トーベ・ヤンソンはフィンランド出身ですが、この映画、れっきとした日本映画にもかかわらず全編フィンランド・オールロケで撮影されています。

 これはフィンランドで食堂(決してレストランではない)を経営する女性のお話です。でも、何故フィンランドなのか?小林聡美演じる主人公の女性が何故フィンランドにいるのか?それについては終始、説明はありません。また映画自体もストーリーらしいストーリーは無く、彼女の身の回りで起きる些細な?日常が淡々と描かれているだけです。ですが、この感じ、ちょっと初期のジム・ジャームッシュの映画のようなテイストで心地よいです。

 映画の中に『ボーっとしているのって大変ですよねぇ』という台詞があります。“ボーっとしている”って、確かに日本ではネガティブな言葉として使われることが多いですし、また逆に日々あくせくしている人が最も欲している状態とも言えます。だから、日本では必死で“ボーっと”するために、ヨガやらエステやらが大流行なのですが、“ボー”っとするために忙しくなっている、周りを見ていると、なんかそんなアンビバレンツな状況に陥っているように感じます。

 この『かもめ食堂』で働く女性達は確かに“ボー”っとしているように見えますが、決して怠け者ではありません。それどころか実は皆、働き者です。体だけではなく心も良く働かせていて、個々のその働かせ具合がそれぞれ個性的でユーモラスなのです。

 この映画の見所の一つに料理を作るシーンがあります。『かもめ食堂』のメイン・メニューはおにぎりなのですが、この映画を見た後、私は塩鮭を焼き、本当におにぎりを作って食べてしまいました。またシナモン・ロールを作るシーンもあって、一緒に見ていた娘は食べたくなってしまったらしく、シナモン・ロールを探して何件かパン屋を回る羽目になりました。

 私は子供の頃、旅館のようなところで育ったため、この厨房で女性が凛として料理しているところを見ているのが好きなようです。その周囲をうろちょろして味見と称して“つまみ食い”させて貰うのも。

 先週、この映画を見た直後、偶然にもNHKでフィンランドで暮らす人々が自然と共生する姿を描いた特集番組が放送されました。裏番組で『パパと娘の七日間』の最終回がやっていて、少ししか見れませんでしたが、森と共生するフィンランド人の暮らしには極上の“ボー”があって、羨ましい限りでした。

 私が最近この“ボー”を得るために始めたことがあります。それはこの映画から多分にヒントを得てのことですが、それはあたかも個人経営の“食堂”を巡ることです。話題の、とか、お洒落な、とか、美味しい、とかそんな評判など何も無く、昔から淡々と商売だけを続けている、一見、鄙びた食堂めぐり。でも、これを見つけるのは意外と難しいです。万が一、まずい場合もあるので(その場合も“うむ、まずいのまでが芸になっている”なんて自虐的に喜こべる店もあるのですが)行くのは絶対に一人です。

 先週から始めて現在3件ヒットしましたが、ブログに紹介とかが始まってしまうと本来の目的と違ってしまうのであえて詳しく書きません。でも、どの店も極上とは言えなくとも、客の少ない店内、かなり満足いく“ボー”が味わえました。

 さて、最後にこの映画の小林聡美ですが、本当に素敵です。状況の変化を面白がり、試し、受け入れる臨機応変さと 、また譲れないものを堅持する時のさりげなさ。以前から好感をもっていましたが、私、この映画で益々ファンになってしまいました。おにぎりを握り、パンを捏ね、肉を焼き、コーヒーを入れる彼女。で、どれも美味しそう。

 早い話、私はこの映画の彼女に餌付けされてしまったようです。 

|

« スーパースター解凍! | トップページ | 『今夜、すべてのバーで』~乾杯(スコール) »

映画(70)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/7682644

この記事へのトラックバック一覧です: 『かもめ食堂』~極上の“ボー”:

« スーパースター解凍! | トップページ | 『今夜、すべてのバーで』~乾杯(スコール) »