« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

公開授業~私の靴

Photo_15

 

     美しいものだけが、美しいわけじゃない
     履き古した自分の靴を凝視する
     黒い中心をもった二つの水晶(クリスタル)よ

     今、デッサンする
     君の手が発見するのは
     物の機能と素材 そして それが耐えた時間

     花や夕日
     ルーブルの絵画や輝く宝石(ジュエリー)
     豪華な食事 それと恋
     そんな 
     美しいものだけを
     美しいと思う人に
     君になって欲しくないな ぼくは

     世界がほんとうは苦しい場所であることを
     教えてくれるものは余りに少ない
     
     新聞の記事ーそれは文字だ
     テレビのニュースーそれはフィルムだ

     だが使い込まれ 手入れされ
     それでも役目を果たさなくなった道具には   
     忍従と経験の色が染み付いていて
     素朴な真実を
     君に伝える

     履き古した靴を 観察し
     線を引き 
     線を消し 
     色を塗る君

     そんな人を
     ぼくは

     美しいと思うな。

 

 今日は娘の小学校の公開授業でした。絵や工作の展覧会がメインでしたが、他にも自分で作った人形を様々なシチュエーションの中に置いて写真に撮影するといった面白い作品もあって、期待以上に楽しめました。娘はジャングル・ワールドと題された絵とジャングル・ハウスと題された工作、それに靴の絵と、全部で3つの作品が展示されました。その中で私は一番シンプルなこの靴の絵に感激しました。

 私は自分の靴を描くように子供達に指示した先生の意図が良く分かります。親バカで写真は娘が描いたものだけですが、実際はいっぱいの靴の絵が展示されていて、圧倒されました。

 子供達のこの「自分のくつ」と題された作品群に触発されて、その場で上で紹介した一編の詩ができました。

 展覧会の後は教室へ行って、娘のクラスの算数の授業を参観しました。その授業でやっていたんだけど、正5/2角形ってどんな形かすぐに頭に思い浮かびます?私は分かりませんでした。図で示されると、なあんだって感じですが。

 家系的に理数系がダメな一族の出なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Farewell

       

                                    鮮やかに

                             海は

                           泣きわめいた

                  一本の長い直線が横たわるばかりに

                        決して溶け合えない

                           自分と同じ

                             青い

                            空に向かって 

  

  

  これって、いつ書いたのかな?全然覚えていない。残しておこ。一応。                                                                          

                                                                                                                                             

                                                                        

                                                                        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »