« 『路上』と『オン・ザ・ロード』 | トップページ | Farewell »

マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!

サーモスタットな夏 サーモスタットな夏
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

 今週のサンデー毎日を立ち読みしていたら、“山本モナがキックボクシングを始めたのは「初ヌードの準備!?」”“「自公推薦なし」橋本徹府知事候補の挨拶は「世間知らずでした」”などの見出しと並んで、“「昔ジュリー、今ジジイ」沢田研二「還暦全国ツアー」の熱狂”なる記事を発見、普段買わない週刊誌を勢い購入し、通勤の電車の中、熟読してしまいました。その中には去年の紅白に出なかったのは交通事故のせいなどではなく、その前にジュリーの方から断っていたとの本人談も書かれてあって、年末、このブログに書いた記事についてJマニアさんからご指摘いただいた件、またまた再度恐縮、しばらく断食と自宅謹慎にて反省の決意を固めました、と言うのは嘘で、でもホント失礼しました。

 しかし、この記事にはもっと驚くことが書かれていて、ぬわんと、今年の12月3日、ジュリーは還暦を祝して東京ドームでのコンサートを予定しているとか。本当か?

 記事にはまだ調整中とあったけど、本人はやる気まんまんみたい。11月に大阪の京セラドームも予定しているとか。その情報を得て、9日の大阪公演を覗きに行った記者が、その熱狂振りに驚いた旨がこの記事のあらましでした。会場は9割9部が女性、となっていましたが、そうかなあ、去年、多摩に見に行った時には男の人も結構いたけど。また体型については「横幅は2倍」などとありましたが(笑)、昔と変らぬ歌声に感心したご様子。

 だろ?っと私はちょっと優越感に浸りました。世間はやっと気付いてきた。私は去年気付いた。“今”のジュリーの素晴らしさに。どうだ、まいったかって感じです(と言って、ずっとずっと気付きっぱなしだった人たちが一杯いるんですよね。ゴメンナサイ。)

 しかし、ドーム公演については、5万人入る客席は一体何人入るのか?最低でも8千人は入らないと・・・・など少々、不安げに書かれていました。ポイントは「沢田はかつてのヒット曲を歌いたくないと封印したこともあった。変なプライドを捨て、過去を振り切れるかどうかです」などと、締めくくってありました。

 ちくしょう、ちゃんと着実な日々を歩んでいるのに、周囲の目は遠い昔のイメージのまま。そして決してもう若くは無い肉体に、また新たな戦いが・・・みたいな。なんか本当に『ロッキー・ファイナル』みたいになってきたぞ。ジュリー、皆が知らない数々の名曲をドームでぶちかましたれ!!

 『ロッキー・ファイナル』でのロッキーは減量して軽いフットワークを甦らそうとするのではなく、あえて現在の体型のまま、打たれ強い筋肉と重いパンチを身に付けるトレーニングをします。過去の自分を取り戻そうとするのではなく、現在の自分に磨きをかけるといった風な。

 今日、仕事の休み時間、今年の12月3日が何曜日かカレンダーで確認してしまいました。水曜日ですね。そっかー、水曜日か・・・・・・。

 で、今回の曲は『サーモ・スタッドな夏』(全然、季節はずれですが)の最後を飾る「マンジャーレ、カンターレ、アモーレ」です。“マンジャーレ(食べて)、カンターレ(歌って)、アモーレ(愛して)~それでぜーーんぶーー”って歌詞で大好きな一曲です。唐突ですが、痩せなくていい、食っていいよ、ジュリーってことで(笑)。

楽しみだな、12月3日・・・・・・・・と、山本モナのヌード(嘘)

 それで、重いパンチだ、重いパンチだ・・・・・シュッ、シュッ。

 

 

 

|

« 『路上』と『オン・ザ・ロード』 | トップページ | Farewell »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/9919336

この記事へのトラックバック一覧です: マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!:

« 『路上』と『オン・ザ・ロード』 | トップページ | Farewell »