« 二人のプロフェッショナル | トップページ | マンジャーレ!カンターレ!アモーレ! »

『路上』と『オン・ザ・ロード』

 

オン・ザ・ロード (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1) Book オン・ザ・ロード (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1) (世界文学全集 1-1)

著者:ジャック・ケルアック
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 池澤夏樹個人編集による「世界文学全集」の第一回配本がこのジャック・ケルアックの『オン・ザ・ロード』。個人による全集ものの編纂は1966年の小林秀雄の手によるもの以来と言うから実に42年振り、そして、もしこのシリーズが商業的に成功すると、今後、出版界ではこのような企画がもっと増えるかもしれない。

 このケルアックの『オン・ザ・ロード』はこれまで『路上』と題され広く読まれていたものだが、『路上』を日本語のカタカナ表記で原題のまま『オン・ザ・ロード』としたこだわりについて、池澤夏樹氏は本書折込の解説の中で次のように言っている。

 “『オン・ザ・ロード』を『路上』と訳してしまうと何か大事なものが欠けてしまう。『路上』という日本語は道の上という場所のことであって、動いている感じがないのだ。”と。

 高校1年の時、初めて読んで以来、20年以上、私にとってこの小説は福田実氏訳の『路上』以外の何物でもなかった。そしてその訳文が血肉化ている分、今回のこの新訳は余計に新鮮だった。

 本屋でざっと目を通してすぐに分かったのは、二人の主人公(と言っても良いと思う。)のディーンとサルの“会話”だ。以前はなんとなくニュアンスで理解していたその“感じ”が、現代的な新しい口語体になってより身近になり、以前は狂った二人の旅をただ眺めている印象だったのに対し、今回、文字通り旅に同行している気分だった。

 この『路上』と『オン・ザ・ロード』を読み比べるに、二人の訳者がこの小説をどういう風に解釈していたのかを垣間見れるようで興味深い。

 

路上 (河出文庫 505A) Book 路上 (河出文庫 505A)

著者:ジャック・ケルアック
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 福田氏訳は題名の『路上』が示すように、途方も無い旅の後、必ず一人取り残されるサル・パラダイスの心象に重きを置いているような気がする。サルは各章の終わりにアメリカのいたるとこの“路上”にぽつんと取り残されるが、サル・パラダイスに課せられている役割は“狂ったアメリカの観察者”と言った感じで、かれはクレイジーな旅のルポライターのようでもある。そして福田訳は物質主義的で画一的なライフ・スタイルが定着した当時のアメリカの非人間的な側面を、この二人の新しい野生児の旅を対比させることによって明らかにするような、そんな面を強調しているように思う。

 “僕は不意にタイムズ・スクェアにいる自分を見出した。アメリカ大陸を約八千マイル歩いて、再びタイムズ・スクェアに戻ってきたのだ。しかもラッシュ・アワーの真っ最中にだ。僕の道路に慣れた無心の眼に映るのは、ニューヨークの徹底した狂態と奇怪な快哉の叫び声だ。何百万という人間が、わずかな金を求めてたえず押しあい、つかみとったり、もらったり、与えたり、溜め息をついたり、狂気じみた夢を追い、そして死んでいく。死ねばロング・アイランド市の向こうのあの荘厳な共同墓地に埋葬されるのだ。ここはこの国の高い塔の都市ーこの国の一方のはしー薄っぺらなアメリカの生まれるところだ。”~福田実訳『路上』文庫154Pより。

 A地点からB地点まで人が動く。A→Bと。個人的な感想だが福田訳はB地点に辿りついた時の部分に真髄があって、サルが一人になって心情を吐露する場面、またそれに付随する広大なアメリカの風景描写の美しさが印象に残る。

 それに比べ今回の新訳版『オン・ザ・ロード』は、これはもう圧倒的に→の部分、つまり移動中の描写と、以前はだらだらと時に退屈にさえ思えた会話の部分が素晴らしい。ディーンとサルの会話は、現在の東京の街角で、夢中になって話している二人の兄ちゃんの話をそばで聞いているよう。気が付いたのは旧訳ではディーンが口癖のように叫ぶ『そうだ!そうだ!』となっているところを新訳では『いいね!いいね!』となっていて、なんかクレイジー・ケン・バンドの横山剣のようで笑えた。また、新訳は「青春小説」という面を強調しよとしてか、後半、周囲の友人達が落ち着いてくるのに一人ディーンだけが取り残されていくあたりに哀切が込められていて、特に第4部前半、サルが初めてディーンをニューヨークに置いて一人旅立とうとする時の二人の友情を込めたやりとりはさながら青春映画の名場面のようだ。(と言っても、その後、またディーンは狂って、メキシコまでのとんでもない旅が始まるのだが・・・・。)

 私がこの本を初めて読んだ頃、この小説の評価はあまり高くなかった。この小説始め、ビート・ジェネレーションに影響を受けたと自認する作家や詩人、ミュージシャン達も『文化的な影響は認めるけど、小説として一級であるかどうかは・・・・・・・。』と言った意見だったと記憶する。しかし、今回、世界文学全集、言わば古典のような扱いを受けるようになったとあって、隔世の感がある。そして、それには20世紀が終わった、ということに大きく関係がある気がする。

 この新訳は躍動感があり、さらには映像的で、読みながらヴィム・ヴェンダースやジム・ジャームッシュの映画、また犯罪を犯しながら旅する『テルマ&ルイーズ』、『ナチュラル・ボーン・キラーズ』といった映画を想起したりするが、本当は逆で、それらの映画全てはエッセンスとしてこの小説の影響の下に作られているのだ。

 現在の世界において旅のルポタージュ(報告)にはもう意味がない。あらゆる場所は踏破され、ヴィデオ・カメラが持ち込まれ、間接的に眼にしたものを確認することが“旅”ということになってしまった。しかし→、ムーヴすることそのものにはまだ意味があって、今回の訳はそのことに焦点をあて、この小説が今世紀に入ってもまだ青春のバイブルたることを証明した名訳だと思う。冒頭に紹介した解説文の中で、池澤氏は英語のroadとは“ただの道路ではなく、移動している状態のこと”と説明している。

 連中はぼくらを二十七丁目とフェデラル通りの角で降ろした。ぼくらのボロボロのスーツケースがまたしても歩道に積み上げられた。まだまだ先は長い。しかし、気にしない、道(ロード)こそ命だから。』~青山南訳『オン・ザ・ロード』P296より。

 この池澤夏樹編集の世界文学全集は全部で24刊まであって、リストを見ると凄い顔ぶれ、また作品の数々だが、中には本邦初公開、新しく紹介される作品や作家もあって、これから読むのが楽しみ。「世界はこんなに広いし、人間の思いはこんなに遠くまで飛翔する。そんな体験をして欲しい。」とのキャッチコピー。そして、その第一回配本がケルアックの『オン・ザ・ロード』。氏のセンスの良さを感じる。

 昨日、書店に行くと第二回配本のバルガス・リョサ著『楽園への道』が置いてあった。また、読まなくちゃ・・・・・・・。

|

« 二人のプロフェッショナル | トップページ | マンジャーレ!カンターレ!アモーレ! »

Books (71)」カテゴリの記事

コメント

あ、On the Road についてUpされてるなと気づいたんだけど、学年末につき学生の評価に追われていて寝食を惜しんで採点&レポート読みまくるような状態で、コメント書けずにいました。遅くなりました。
 アメリカ文学会(東京支部会)で聞いたんだけど、けっこう売れてるらしいよ、青山訳『オン・ザ・ロード』。それでこの小説の評価とかがホントに高まっていってくれればいいとは思うんだけど、どうなのかなぁ。ちょっとね、どういう読者層に売れているのかとかよくわからないところもあるし、なんだけど、ちゃんと読まれるきっかけになってくれればとは確かに思います。
 かくいうあたしは青山訳は読んでいないんだけど、かといって福田訳もちゃんとはおぼえてないなあ。やっぱり原書で読んでしまうと、そのイメージが強烈に残るから仕方ないんだけど。やはり翻訳というのはひとつの解釈なんだろうね。四月から指導教授の代講で、米文学のゼミを一年間担当することになったんだけど、それでまあ On the Road を読む(もちろんペンギン版とかの原書で)という選択肢もあるよなと思いつつ、やっぱやめました。青山訳が売れてるっていうから、そこそこタイミング的には悪くないと思ったんだけど、よくよく考えてみると、「On the Road ぜひ読みましょうよ」とやって来る若い子というのは、えてして(だいぶ偏見はあるんだろうけど経験則として)ナヴィ村氏のように、いろいろ読んでてバランスの取れた読者ではない──へたをすると(単純に悪いことではないんだけど)その手のもの以外を読もうともしない──場合が多いみたいで、なんとも。そういう要素もあって、この小説がちゃんと評価されるような土壌ができないんだよなという部分を、学術の側にいる人間としてはちょっと考えてしまう節がなきにしもあらず。
 で、ナヴィ村さん的には On the Road をどう読むのか(翻訳じゃなくてね)というはなし、そのうち聞かせていただけると期待してます。いや、……本国アメリカとかだと本格的な研究書(ビート「世代」論とか伝記みたいなタイプのものじゃなくて)とかもぼちぼち出ていて、そういうのを読みかじったりしているあたしが何か言おうとすると、逆にトンチンカンなことになりそうなので、私の側からは控えておきます。

投稿: Howlin | 2008年1月31日 (木) 20時53分

Howlin先生、ありがとう。あなたのように言わばその道の専門家にコメントをいただくと、謙遜や冗談抜きに、正直恐縮してしまいます。僕のこういった文学談義の原点は、あなたと暮らしていたあの日々にあるので(なんか、別れた女が昔の男に書く手紙のよーだ!)。

 青山訳、確かに売れているようですね。本屋の平積みがみるみる低くなっていくので、そのことでも良く分かります。今、本をめぐる世界では新訳ブームで「カラマーゾフの兄弟」や「車輪の下」なんかも新訳が売れており、まあ、読者層が増えるってことは悪いことではないんだろうけどね。

 原書で読めるあなたからすると確かに訳って解釈の問題なんだよな。今は『椿三十郎』じゃないけど、映画ならリメイク、音楽ならカヴァーと、古いものを新しく解釈するっていうのが時代の流れで、それはもう新しいものを生み出せなくなっているということの裏返しでもあるんだよな。

 古きを温め新しきを知る、じゃないけどさ、でもそれって悪いことじゃないと思うよ。その過程でOn the Roadのようなマイナーな作品に光が当てられ、価値が見直されたりするようなことがおきるんならね。これを僕は密かに「世界のブルース化」と呼んでおります。

 あなたのアメリカ文学のゼミって興味があるな。時間が許せば僕も授業受けたいくらいだよ。何を読むことになったか決まったら教えて下さい。僕も読んでここで通信教育受けるとか。

 この池澤夏樹の全集はOn the Roadの他にも米文学としてはフォクナーの『アブロサム!アブロサム!』やトマス・ピンチョンの『ヴァインランド』も入っています。

 そう言えば『ヴァインランド』っていつかあなたのアパートに行った時、あなた原書で読んでいましたね。僕の場合、翻訳でしか読めませんが、読んだらまたその感想を書くつもりなので、その時はまたご教授の程を。

 On the Road をどう読むのか・・あんまりちゃんと考えたことなくてさ、無期限の宿題ということにさせて下さい。(そう言えばこの本の共産主義的読み方みたいなのあなたから聞いたことがあるな。)

 確かにこの本くらいは原書で読めるようになりたいですが、欲張りな僕は目移り激しく、読む本が多くてね。

 ちなみに今読んでいるのはアーシェラ・ルグィンの『闇の左手』です。

投稿: ナヴィ村 | 2008年2月 1日 (金) 10時26分

ナヴィ村さんよ、「先生」とか言うなよな。謙遜とか恐縮もなしで頼むぜ。専門家ってさ、その対象を正しく扱ってることにならないんじゃないのという点で(本人は)ものすごく後ろめたく感じるし、おまけに世の中の役にたってない。自分の存在意義については昨年あたりからマジで疑問を感るよ。
 っつーか、コメントの投稿時間が妙だから、こりゃ失業でもしたかと一瞬心配したけど、インフルエンザだったのね。まずはご自愛下さいな。よしよし、いい子にしてるんだったら少しお話聞かせてあげるから。……そういえば痛風とか高血圧とか、たまに辛気くさい言及があるけど、じつはオレも高血圧症&痛風持ち(&尿管結石)だ。いや「だった」というべきか、痛風に関しては「アロリン」という、体内で尿酸自体を生成しなくする薬のおかげで、ここ三年ほど忘れてます(結石もね)。食生活も改善したので、降圧剤は服用し続けてるけど、血圧も120/80を切る正常値。油断は禁物だが。
 On the Road はそれこそ旅でもするつもりで、ダラダラ読めるんじゃないのかな、1日1時間だけとか決めてさ。最初の30頁ほどは、けっこう辞書とかひかなくちゃならなくて大変かもしれないけど、一度ノッてしまえば行けちゃうんじゃないかと推測します。そうなると1日1時間の制限が取れてしまうと思うけど。作品そのものの解釈は宿題なんかにしなくていいよ。この作品に影響を受けた者は、それを解釈したり論じたりするより、それを再現/実践したり、その作品世界を生きようとする傾向があるみたい。
 実を言うと、新訳ブームってのは、どうやら版権とかの関わりもあって発生しているらしい。と、小鷹信光氏が昨年講演でそんなようなこと言ってた。あたし的には、春樹訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』とか、もうサリンジャー自体に関心がないから手に取りもしないし(卒論指導の都合で読まなければならないかもしれなくて気が重い)、でも同じく春樹訳『ロング・グッドバイ』は(立ち読みで)違和感を感じた。みなまで訳しすぎ。冗長。しかしあなたが言うように、これまでちゃんと評価されていなかった古いもので、しかし良いものが見直される「世界のブルース化」は歓迎する。ホントはブルースの「再発見」と似たようなナイーブさもあるし、さらには、だ、現在や未来を暗黒郷/ディストピアとみなすがゆえに、過去に黄金郷/エルドラド(理想郷/ユートピアじゃないよ)を発見して、交易商よろしくそいつをこっちに持ってきておいしい商売をする、時間・時代の帝国主義みたいなものだったらマズいんだけど、昨今のなんでも文化商品化&(それゆえ)精神的不活性化が進行する情況をふまえつつ総合的に判断する限りで歓迎する。そこに未来の種子はあると期待して。
 On the Road の不幸は、影響を受けた人たちが文学でうまいことその真価に気づかせるような作品を残さなかったことなのかな、特にアメリカ文学の主流の中でそれがなされなかったのかな、と思ったりする。文学作家が影響を受けた作品のスピリットだけをカヴァーする、リメイクするってのは可能でしょ? そうは言っても時代的に文学の影響力とか商品価値が下がってきている以上、映画とか音楽に拡散するのは仕方がないことだけどね。だから関心の対象や問題の圏域もズレてくる。そういえばイギリス文学なんだけど、トビー・リット『路上の恋人たち』(Toby Litt, Beatniks: An English Road Movie, 1998)って小説読んだかい? これはそのスピリットをカヴァーするものではないと推測され、いずれにしてもあたしは未読。でもさ、ケルアックが、ジャズばっかりに狂ってる文学音痴な作家なんかじゃなくて、アメリカ文学と世界文学の暗い方の主流にちゃんと位置づけられるべきものを書いているのは確かだし、だれか文学研究じゃなくて文学そのものでそれを表現する必要があるんだろうな。……と、自分ではできもしないのにそういうこと言うのが「専門家」のヤなところだよな。反省。
 ゼミのシラバス(講義概要)を今日完成して提出したんだけど、結局ピンチョン『競売ナンバー49の叫び(The Crying of Lot 49)』にしたよ。そういやこれ、ナヴィ村さんの恩師が下訳したんだよね(志村正雄訳扱いで売ってるけど脱落・誤訳・誤認もそこそこ、しかもすごく肝心なところにあったりします)。規模的な問題もあってさ、On the Road じゃあとてもしまいまで行き着かないよ。池澤夏樹の全集、ピンチョンは『ヴァインランド』が入るのか。この作品、評価低いんだよね……こいつも真価を理解してもらえてない可哀相な子。そういえばピンチョンが On the Road をアメリカの偉大な小説のひとつだと信じてるって話、したことあったかな? なんかものすごく長いコメントになっちまった。ごめん。
 追伸──2月3月とヒマなので、むかし麻美と過ごした場所とか行った場所とかぼちぼち行ってみようと思ってる。高幡不動とかもね。そのうちメールとかで連絡するよ。

投稿: Howlin | 2008年2月 1日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/9878445

この記事へのトラックバック一覧です: 『路上』と『オン・ザ・ロード』:

» 『オン・ザ・ロード』 ジャック・ケルアック [表参道 high&low]
翻訳に青山南を指名した出版社と見事起用に応えた本人が素晴らしいのがケルアックの新訳「オン・ザ・ロード」でした。旧訳「路上」は初めて手にした時がまだ若く、ビート・ジェネレーションに違和感もあり非常に読み難かった記憶があります。「オン・ザ・ロード」はアメリカを文字通りぶっとばして東から西へ信じられない速さで移動する主人公達のスピード感と若さが生々しく描かれ、考えることなくあっという間に読める(読んだほうがいい)小説に仕上がっていました。 取り換えるのが面倒なので紙をつなぎ合わせてタイプしていたという伝説... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 00時02分

« 二人のプロフェッショナル | トップページ | マンジャーレ!カンターレ!アモーレ! »