« 切腹最中(もなか) | トップページ | 二人のプロフェッショナル »

七草粥なジャズ

Togp15006 せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草。今日は正月明けの七日。正月、おせちやら餅やらお酒やらをさんざん喰らった胃袋をいたわるため、昔なら七草粥を食べた日。本来は正月七日に春の七草を粥に入れ、神前に備えた後、食すれば病気にかからないと言う、中国から伝わった考え方からきているそうだ。

 私はは食べすぎ、飲みすぎのほかに、今回は休みが長かったせいで“休みす疲れ”というのもあって、今日は一日ダルイ感じだった。だからと言って“じゃ、元気出していくか!”と、ロッケン・ロール!!という気分にはならず、ガ、ガ、ガ、ガッチューとR&Bというノリにも至らず、何がいいかなーと考えて、思いついたのが、この我が“愛しのノラ・ジョーンズ”。この人、インド系アメリカ人だけあって、なかなかエキゾチックな顔立ちで美人。プライベートショットなんかだと見蕩れてしまう。

 音楽の方はジャズの名門ブルーノートから出ているものの、初めてラジオから流れる彼女の歌を聞いた時は全然ジャズなんて思わず、キャロル・キングなのどの流れを汲む新しいシンガー・ソングライターだと思って聞いていた。このレコードが大ヒットしてグラミー賞を受賞した頃には、実はあまり良く聞いていなくて、私が興味を持ったのは彼女がかのラヴィ・シャンカール(ビートルズのジョージ・ハリソン等にシタールを手ほどきしたインドの偉大なミュージシャン)の娘だと知った後。

 彼女の音楽にはジャズと言わず、カントリーと言わず、ブルースと言わず・・・・様々なフレイバーがあって、力が抜けたところからスッと日常に復帰しようとする今にはうってつけ。聞いていて少しづつ“気”が満ちてくるような気がする。 

今日は酒は飲まない。七草粥どころか、消化に悪そうな、北海道帰りの方から頂いた鮭とばを齧っているが。とにかく、今夜はぬるめの風呂にゆっくり浸かって、好きな本でも持って早く布団に潜り込もう。で、BGMはノラ・ジョーンズ。七草粥のようなジャズ?

でも“休み疲れを癒す音楽”って・・・・ちょっと難しいな。

|

« 切腹最中(もなか) | トップページ | 二人のプロフェッショナル »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/9764454

この記事へのトラックバック一覧です: 七草粥なジャズ:

« 切腹最中(もなか) | トップページ | 二人のプロフェッショナル »