« 公開授業~私の靴 | トップページ | 五月の詩〜to EL »

祈る人 

Photo_4

     古く美しい礼拝堂が
     前触れも無く
     突然、崩れ落ちる夢を見た

     丘の向こう 黒雲が迫り
     小さな鳥が
     燃えながら空の火口へと
     落ちていく夢も

     「生は死が広めた噂」と、ある詩人は言った
     「人は死体を担いだ 小さな魂にすぎない」とも    

     だが、ぼくはこう言う  
     「生は永遠に続くひと連なりの夢」なのだ と

     幾つもの 氾濫する夢の断片を重ね
     この宇宙の庭で
     ぼくたちは しばし 共に生きた

     ぼくの夢には最初からあなたがいた

     食べかけのケーキと用意された衣服
     言いそびれた言葉と列車の響き

     最後の日も 
     あなたはきっと
     部屋のガラス窓越しに 梅の木を見ていた
     白紙の新聞が届き
     世界で 何も起きていなかった あの日

     母さん あなたは今
     着古した肉体(からだ)を焼き捨て
     鮮やかに旅立ったところ
     若く、美しく
     あなたから何度も出て行ったぼくに
     今度は見送る者の
     寂しさを残して

     今日 森羅万象にあなたを見て
     黄昏れるぼくに
     空から 語りかける
     と ある声が聞こえた

     花が散り流れるのは 
     ただ
     風の行方を つきとめるためだ と

     ぼくはしばらくは
     神にではなく あなたに祈る

     さようなら 母さん
     ありがとう また 会えますよね 
     
     ぼくは あなたの子供で嬉しかった 

|

« 公開授業~私の靴 | トップページ | 五月の詩〜to EL »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公開授業~私の靴 | トップページ | 五月の詩〜to EL »