« 祈る人  | トップページ | 2008・3・20 パリーグ開幕! »

I don't like Monday

20cbb93715d6e86301ad2fca9dff027502f  今日、頭の中のシリコン・チップスが弾け飛び、激怒して我を忘れた私は一人のバイト君を延々と怒鳴り続け凹ませてしまった。普段、「この人って怒ることあるのかしら??」と思われている私なので回りは余程驚いたらしく、何人もの人がなだめたり機嫌を伺いに来たりして、途中から冷静さを取り戻した私は逆にそのことに驚いてしまった。

 怒りの理由は山ほどあるのだが、少し時間が経つと「なんであんなに怒ったのだろう?」と自分で思ってしまい、一瞬、訳が分からなくなった。Tell me why?と。

 「月曜日が嫌いだから」という理由で殺人を犯した少女がかつていて、その事件はロック史に残る名曲になった。

 ボブ・ゲルドフは何故、ライブ・エイドやその他のチャリティ・イヴェントでこの曲を歌うのだろう?そしてアフリカの飢饉と全く関係の無いメッセージを持ったこの曲が、こうしたイヴェントにハマルのは何故だろう?

 私の勝手な考えだが、そうした場でこの歌は「無意味な死」というものに対する抗議の歌、と言う風に受けとめらるのだと思う。「月曜日が嫌い」という理由だけで死んだり殺したりする程、人間の存在は不可解でなおかつ儚い。

 パンク全盛時、実は私はパンクが大嫌いで、このアルバムばかり聞いていて、その頃、ボブ・ゲルドフは私のヒーローだった。なのでライブエイドで彼が再び現れた時、とても驚いたと同時に嬉しかった。

 今日の私の怒りには理由がある。決して「月曜日が嫌い」だったからではない。

 PS 全く“ハマらない”かもしれないが、チベットに対する中国政府の政策に抗議してこの曲を。 

p> 

|

« 祈る人  | トップページ | 2008・3・20 パリーグ開幕! »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

双子とは不思議なもで、昨日ヒロトを見ていてなぜか、僕もブームタウン・ラッツを思い出していました。パンクはそれが持つイメージ(暴力性)ばかりが喧伝されていてどうも好きになれなかったんだよね。(音楽性にも疑問があったしね。)ニューウェーブとかいってポリスなんかと競っていたけど、僕はスティングよりもボブ・ゲルドフのほうが好きだったな。曲調がドラマチックだったな。

投稿: ほぴ村 | 2008年3月18日 (火) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/11462086

この記事へのトラックバック一覧です: I don't like Monday:

« 祈る人  | トップページ | 2008・3・20 パリーグ開幕! »