« みゆきとユーミン | トップページ | 破壊の夜? »

春の交通違反

 

Poster (Accessories)/ブルースブラザース Poster (Accessories)/ブルースブラザース
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

 だいたいこの桜の季節から4月の一ヶ月の間に、私は毎年、交通違反で捕まる。何故か知らんがこういうバイオリズムになっているのだからしょうがない。今日は春の交通安全なんとかなのか東京都内はそこかしこに白バイや取締りの警官が立っていて、「気をつけなきゃ」と思っていたのにまたやって(やられて)しまった。

 しかし、都内の道路は真剣に厳しく取り締まろうとすればいくらでも“捕まえられる”ようになっている。そうできていると言っても良い。追い越し車線や追い越し禁止車線が数メートルごとに変っていて、交通量が多く、停車中の車なんかがあればいやおう無く追い越し禁止車線で車線変更せざる得ない状況もあるわけで、その状況のままに流れていくと、追いはぎのように制服の奴等が私を呼び止めるのである。

 上に書いた状況は去年捕まった時の例で 、私が車線を変更した途端、後ろから白バイがやってきて私を取り押さえた。

 その前は、友人をある場所まで送ろうとして助手席の彼の誘導で住宅街をのろのろ走っていると、一瞬、一歩通行の道に侵入しかかってしまい、「あ、ここ一通じゃん!」などと話していると、ピー!!!!と笛の音が聞こえて警官が二人走ってきて御用となった。

 その前は、朝、都内某所を普通に走っていて、その車線は朝7時から9時までの間はバスしか走れないことになっているらしく、突然、白バイが追いかけてきて、私を怒鳴りつけた。ちなみに捕まったのは8時55分。

 その前は時速30kのところを40kで走っていてスピード違反。

 毎年のこうした例を挙げると枚挙にいとまがなくて、それが必ずこの春先のことなので、もう自分的には“春の風物”と言っても良い。昨日も、捕まった瞬間、「あ、今年ももう春になっちまったなあ。」なんて、道路沿いの満開の桜を見ながら感慨に耽ってしまった。

 今日は現場の若手のアルバイト君二人を乗せ、やろー特有のエロ談義に花を咲かせていると4差路の前で赤信号になり止った。下に緑の→が着いている信号である。その信号は4差路なので→が四つついているのだがその矢印の角度が微妙で、点いた瞬間、私は自分の車線は“行け”だと思って反応してしまった。すぐ横断歩道に乗り入れかかった途端気がついたが、その瞬間例の“ピー”の笛の音。また、春が来たのであった。

 先日、職場である女性に、私が昔、都内某飲み屋件ライブハウスでバイトをしていたと言ったら異様に驚かれて、何故か?と思ったら、その人は熱狂的なジョン・ベルーシのファンということであった。私が働いていたその店は生前の彼が来日した際、店で演奏していたブルースバンドに飛び入りして、ばく転まで決めていったという伝説がある店だったからである。

この映画のジェイクとエルウッドははなっから交通法規を守ろうとなどしていない。そして走るだけでショッピングモールを破壊し、パトカーを何台もお釈迦にする。

 今日、私を捕まえた警官は書類を作成する時、なんか嬉しそうだった。この人たちもノルマとかあって大変なんだろうなあー、なんて思っていると、若い警官のこの一言が私を怒らせた。

『しっかりしてよ。お父さん!』

俺はオメーのオヤジじゃねぇー!!』

 

PS ちなみに罰金、車線変更禁止違反が1万2千円、信号無視が9千円。誰が何の根拠で決めてんだ、これ。

|

« みゆきとユーミン | トップページ | 破壊の夜? »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/11885752

この記事へのトラックバック一覧です: 春の交通違反:

« みゆきとユーミン | トップページ | 破壊の夜? »