« 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 | トップページ | 『ショーケン』~放蕩息子の帰還 »

男の歌

 カヴァー流行の昨今だが、極たまにオリジナルを越えて凄いカヴァーというのがある。これはその数少ない一曲かも。

 この曲がこんな“男の歌”になるとは思いもよらなかった。いいな、これ。

|

« 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 | トップページ | 『ショーケン』~放蕩息子の帰還 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

荒井由美時代は曲もバック演奏のティン・パン・アレーも最高ですね。

昨今のネガティヴなニュースを見ていると聴こえてくるんですよ。
名曲「ひこうき雲」が・・・・。

投稿: zen | 2008年4月26日 (土) 14時08分

 昨夜は若い子たちを引き連れて久々にカラオケに行った。それで思ったのは今は本当にカヴァーと編集の時代なのだなあ、ということです。彼等は最新のものから古いものまでありとあらゆる曲を知っていて、一様に上手いのだけど、曲に対する思い入れは余り無いみたい。

 別に苦言を呈しているわけじゃなくて単なる感想ですが、同じ時代の空気を共有するというのはもう不可能なんだなと思いました。

 昨日は様々な曲が大音量で歌われる中で、27歳のディラン好きと、YouTubeで見れる「レナルド&クララ」の話をした。YouTubeは僕も大好きですが、上で言った状況には今後益々拍車がかかりますな。

 カヴァーは別に悪いわけじゃない。ブルースの歴史はみんなカヴァーだから。

 エレカシの『翳りゆく部屋』は“世界のブルース化”を象徴していて好きですが、勿論、ユーミンのオリジナルも大好きです。

 『ひこうき雲』・・切ないね。
 

 

投稿: ナヴィ村 | 2008年4月27日 (日) 08時43分

「同じ時代の空気を共有するというのはもう不可能なんだな」
ボクもわりとそう感じる。それはきっと、「世界に対する知的な興味関心がない」ということなんじゃないかなって。
「どこかへいった」「何かを買った」「なにかを食った」、そういう即物感覚(いまや「超即物的」が正しいかな)が支配的で、モノにしても出来事にしてもデータとして知ってはいても背景まで学ぼうとはしないし、入り込んで共鳴できる感性を養っていないような気がする。知識と行動が、ショーウィンドウに並んだようなサンプルの羅列にすぎないし、思い出も思い入れもない。
思い出・思い入れの「経験値」はやっぱりゲームやアニメやネットでの「ハーフ・リアリティ」(もうヴァーチャルじゃない)で、「ありそうでないもの」こそが彼らのリアリティなのかもしれない。
「同じ時代の空気の共有」は、現実として今もそこに“ある”から、多くの人がリアリティを感じない・興味関心がないのかもしれない。
ボクに言わせれば、膨大な情報化社会でもあまり情報を得ていないように見える。
知的な好奇心を養って働かせてひとつひとつ獲得していくって過程自体が面倒な必要悪になっていて、分かったふりで回答はすぐに検索できたりする。問題を解いたりモノを作ったりする「過程」を全く重視しないで、即効即答即物が有益だという発想感性なんだろう。

投稿: zen | 2008年4月27日 (日) 13時30分

君たち、「ショーケン」読んだ?あの人こそ、下の世代に伝えようとしたときに伝えきれない人の一人かもしれない。彼が受け入れられないのはまさに今の時代が彼のような人間を受け入れるだけのキャパシティーがないからなんだけど、(つまり、情報とか、データーでは伝えきれない人だってことです。)彼の自伝を読むと、過去の日本の映画人って、みんなショーケン以上の強者で、(黒澤しかり、裕次郎しかり…。この時代の映画人は皆過剰なエネルギーを抱えていて、誰もが犯罪者の一歩手前で留まっているような人たちばかりです。黒澤も、裕次郎も勝新も…。)彼の現在はその中でもまれてきたからこそのものなんだってことがよくわかりました。それにしてもあんな男を愛する事ができた女たちもまた、とてもイカしています。いい女って、過剰なエネルギーにしか振り向いてくれない、関心をもってくれないってこともよくわかりました。(個人的には岸恵子さんに興味を持ちました。)情報やデーター処理は若造に任せて、俺たちは過剰なエネルギーをキープしつつ、イカした女たちの囲い込みに精を出そうぜ!!

投稿: ほぴ村 | 2008年4月27日 (日) 22時13分

げっ!!。双子って恐ろしい。今の今までYouTubeでショーケンの色々な映像を見ていたところです。ディランの自伝の次は「ショーケン」と思っていたところです。

 「ショーケン」は名著だね。バカな雑誌が某バカ女優の暴露本と同列に語っていたけど、全然違う。凄く面白い。彼のイっちゃってる位の本気さが伝わってくる。
 
 過剰なエネルギーは常に持っているよ、僕は。それで去年から身体の方が悲鳴を上げている。命が身体からはみ出そうな状態です。

 別に女目的ではないですけど。(足りてる状態なんで、常に。妻&娘で。)

 

投稿: ナヴィ村 | 2008年4月27日 (日) 22時50分

「傷だらけの天使」「太陽のほえろ」「俺たちの勲章」「俺たちは天使だ」「探偵物語」とかなんだな、俺たちは。

「あぶないデカ」「探偵・濱マイク」「踊る大走査線」とかじゃないだよなぁ。

投稿: zen | 2008年4月28日 (月) 14時54分

こんにちは。
事後承諾になっちゃったんですけど・・・
ウチのブログでリンクさせていただいたんです。
大丈夫だったでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿: showken-fun | 2008年5月 9日 (金) 16時26分


showken-funさん、初めまして。リンクOKです。見ての通りの何でもかんでものブログで、ご期待に沿えるような内容ばかりではないかもしれませんが、今後とも宜しくお願いします。

投稿: ナヴィ村 | 2008年5月10日 (土) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/20568324

この記事へのトラックバック一覧です: 男の歌:

« 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 | トップページ | 『ショーケン』~放蕩息子の帰還 »