« How to protest | トップページ | 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 »

ミツバチの失踪

 

昆虫物語みなしごハッチ セレクション4 昆虫物語みなしごハッチ セレクション4

販売元:ショウゲート
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昔、テレビで良く行方不明者を探さす番組をやっていたのを思い出します。奥さんに逃げられた旦那や、ある日突然いなくなってしまった父親に家族が『花子、戻ってきてくれ!』とか、『お父さん、少しくらいお酒飲んだってもう怒らないから!』とか言いながら写真を掲げ、涙ながらに呼びかける番組です。

 私も今、同じ心境です。『マーヤ、戻ってきて!』『ハッチ、帰ってきて!』と。

 また、私がいつものバカ話を始めると思っている皆さん、とんでもない!!これはいたって真面目な、そして深刻なお話なのですぞ。今、アメリカではミツバチが大量に行方不明になっているという不可解な事件が起きているんです。知ってました?

  もともとアメリカには240万ものミツバチのコロニーがあったと言われているのに、なんと、その4分の一が消滅してしまったのです。だからと言っていなくなったミツバチ達の大量の死骸が見つかるわけでもなく、正に失踪してしまったわけで、一体、僕のハッチやマーヤは何処に行ってしまったのでしょう?海辺の漁村で、名前や出自を偽って雀荘通いしながら、地味目の優しい女と自堕落に暮らしているとか(冗談)。

これは専門家の間ではcolony collapse disorder(群生崩壊禍)と言って、諸説あれど原因は未だ不明ということです。

 「いいじゃん、ミツバチなんかいなくなったって。」なんて考えてるあなた、あなたは今後、もうアーモンド・チョコや林檎やその他アメリカ産の果物や野菜を食べるのは止めなさい。ハチくんたちは日夜それら作物の受粉のためにせっせせっせと働いて、私達の食卓を豊に飾る手助けをしてくれていたのですぞ。この罰当たりめ!!!!!

 このミツバチが突然消える現象は19世紀からすでに知られ、60年代にも大規模に起きた事があると言いいます。が、今回ほどのものは史上初めてのこととか。既にアメリカでは20州に渡って農作物に深刻な被害が出ているということです。

 原因には諸説あるらしく、大真面目に「オサマ・ビンラディンの陰謀説」というのもあるらしいです。他にも地球温暖化説、農薬説、病原体説、ミツバチの餌に原因有り説、遺伝子組み換え作物説、携帯電話の電磁波説、などなどがありますが、まだハッキリは分からないとのこと。しかし、中でも最も私が信憑性が高いと思っているのが、「ミツバチの派遣社員ボイコット説」で、これは朝の某ラジオで東大名誉教授の月尾嘉男氏が紹介していました。

 アメリカには大農園専門にハチで受粉させるのを請け負う業者がいて、彼等は大型のトレイラーに大量のミツバチの巣箱を積んで全米を渡り歩くそうです。そして、農作物の成長に合わせ各地でハチを放ち、受粉させ、といったことを繰り返すそうですが、この日ごとの環境の変化にハチくんたちがストレスを感じ、コロニーを形成しなくなってしまうというものです。毎日毎日、今日はこっち、明日はあっちと、いいように安く便利に使われ、時には世間の何たるかも知らない若造にバカにされ、もう辛抱できん!!ということになったのでしょうか。そうか、マーヤ、ハッチ、大人になった君達は苦労してたのね(涙)。

 江戸時代に脚気は原因が分からず「江戸病」と呼ばれ恐れられていたそうです。当時、田舎では玄米を食べるのが普通だったところ、江戸っ子は粋に白米食で通していたのでビタミンB1が不足して脚気になったそうですが、もちろん当時はそんなことは分からず、一種の謎、奇病とされていたそうです。

 それと同じように、この謎とされるミツバチ君たちの一件もきっと確かな原因はあると思いますが、現代においてもなお解明不能なことがあるということに、私は一種感動を覚えました。自然の神秘と、不可解さ、それと人間の無知・無力とに。

 と、ここまで書いてなんとなくネットで調べてみるとこのミツバチの異常現象はアメリカに留まらず、ヨーロッパ、日本でも報告されていて、全世界規模でミツバチが忽然と姿を消しているらしいです。

 皆さん、もし、お庭や道端で思いつめた表情のマーヤやハッチを見つけたら、逃げ回ったり、叩いたり、キンチョールなどを噴霧したりしないで、縁側にでも呼んで悩みを聞いてあげてくださいませんか?

「やけになるな、気持ちは分かるけど、もっと、気楽にいけよ。いつかは道がひらけるさ。」って・・ネ。

|

« How to protest | トップページ | 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

はちさんやありさんをまちがって踏んづけない限り殺しませんが、蚊だけはがまんできません。誰か蚊を殺さずにいられる方法しりませんかね?ってナヴィ村さんに訊く事じゃないですね(笑)

投稿: jazz坊主 | 2008年4月15日 (火) 23時09分

そうだね。ありさんやはちさんなら可愛いアニメにできるけど、蚊をアニメ化されてもきっと感情移入できない。

 血を吸うってところが、やっぱだめなんだろうな。あとあの音!

投稿: ナヴィ村 | 2008年4月16日 (水) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/20232800

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチの失踪:

« How to protest | トップページ | 『ボブ・ディラン自伝』~「普通」に憧れた天才の人生 »