« NO.9 | トップページ | タラバガニな夜 »

晩夏 1991

 
 
       砕かれた光が散らばり
       地球の夏はいつも
       瞳に焼きつく緑と はじける水の音
       遠く
       失われた過去から
       言い伝えられた秘密を
       口ごもりながら未来へと
       吹いていく風

 

       ここは二十世紀の草原
       宇宙飛行士の胸の鼓動は
       インディアンのドラム
       ここは
       二十世紀の浜辺
       墜落したUFOの残骸を
       原始人のぼくと
       スーツを着た猿が見てる

 

       夕暮れの空の片隅で
       三日月はYogaのかたち
       ゆっくりと舞踏家みたいに
       背筋を伸ばす川

 

       夏の終わりはいつも
       手つかずの宿題と
       遊びつかれた少女の耳に
       子守うた
       のように
       鳴く ひぐらし
 
 
 
 昔、書いた詩が出てきた。これを書いた頃は吉祥寺に住んでいて、何の展望もなく一日一日を生きていた。気楽さと不安が入り混じった変な感じだったが、僕は世紀末をこんな風に感じていたのだろうか。インディアン文化にイカレていた時代。現像できない写真を何枚も撮った時代。

|

« NO.9 | トップページ | タラバガニな夜 »

詩集「The letter」 (75)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NO.9 | トップページ | タラバガニな夜 »