« タラバガニな夜 | トップページ | 知名オーディオとジョン・コルトレーン、及び3人のジャズマンの亡霊 »

NHK『SONGS』沢田研二7年ぶり歌番組出演

 

沢田研二 SINGLE COLLECTION BOX Polydor Years 沢田研二 SINGLE COLLECTION BOX Polydor Years

アーティスト:沢田研二
販売元:USMジャパン
発売日:2008/08/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨夜、NHK『SONGS』で我らがジュリー、沢田さん(ジュリー・沢田などと書くとジェリー藤尾をみたいだなあ、止めよう)を見ました。今年12月に還暦を祝してのドームコンサート(大阪京セラドーム&東京ドーム)が決定し、その宣伝を兼ねてのことと思いますが、なんと歌番組への出演は7年振りだそうです。

 沢田さんはもう何年も毎年ニューアルバムを出し、ツアーも欠かさずにいるので歌そのものに心配がある筈はないのですが、テレビは久しぶりで緊張したのか、ちょっと固くなっている印象でした。

 曲は最新アルバム『Rock'n Roll March』からの曲が中心で、プラス『勝手にしやがれ』や『君をのせて』などの往年の曲もあり、なかなか楽しめました。

表題曲『Rock'n Roll March』の時、バックのコーラスに『“ロッケンロール”と発音して下さい』なんて歌唱指導していて、とても楽しそうでしたネ。

 還暦、と一言で言うと日本ではほんと、お年寄りっ!といった感じになってしまいますが、海の向こうの大御所たちに目を向けると、ポール・マッカートニー、ミック・ジャガー、キース・リチャーズは共に65才、ボブ・ディランに至っては67才・・・・・・それでいて皆まだまだ現役なので、沢田さんも還暦なんてお祭り騒ぎの口実くらいに考えて、これを機に芸の無いバラエティータレントしか知らない若い人たちに真のプロの実力を見せ付けてやって欲しいもんです。

 でも、本人は番組の中で、ここまで続けてこれた理由として「後に続いてくれた若い人たちのおかげ」なんて言っていましたね。いやあー謙虚だなあ、あそこまで頂点を極めた人が中々言えるもんじゃないですよ、この言葉。

 また、「人に見られるのが商売なので、いつもちゃんとしていなければならず、それで何とかまともでいられた。もしそうでなかったら真っ当に生きられたかどうか分からない」みたいなことも言っていて、普通逆じゃない?凡人なら天狗になって、道を踏み外して・・・・・ってなるもんだけど・・・・・根が真面目な人なんだよな、やはり。

 ドームコンサートではやりたい曲が一杯あって、次々挙げて言ったら全部で88曲なってしまった、なんて言って笑っておられましたが、そこから削っていって最後はどんな曲が残るのか興味深いです。まあ、イヴェントの趣旨が趣旨なので、きっと昔のナンバーから現在までのアンソロジー的な選曲になるんだろうけど。

 PYGの頃の曲とかもやるのかな、『花・太陽・雨』とか『自由に歩いて愛して』とか。ゲストでショーケンとか来たら面白いんだけどな。それと佐野元春とか大沢誉幸とか。これも挙げたらきりがないんですけど。

 来週2回目は往年の曲が中心らしいので、それぞれどんなアレンジでやるのか楽しみです。

PS 上のアフェリは寂しいからなんとなく貼り付けただけです。ポリドール時代って、私、意外に知らない曲が多いです。

|

« タラバガニな夜 | トップページ | 知名オーディオとジョン・コルトレーン、及び3人のジャズマンの亡霊 »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/23837184

この記事へのトラックバック一覧です: NHK『SONGS』沢田研二7年ぶり歌番組出演:

« タラバガニな夜 | トップページ | 知名オーディオとジョン・コルトレーン、及び3人のジャズマンの亡霊 »