« さよなら、ブッシュ | トップページ | 最後のニュース »

Women&me

41mnsdbqy6l  妻は最近私を“オバマ”と呼ぶ。それは日頃から私が「融和」と「変革」を唱えているからではなく、それは“オバサン・マニア”の略。

 例えば、昔、アイドルだった女優とかをテレビで見かけたりした時、「昔より今の方が全然、良いよなー。」なんて私が言おうものなら、妻はすかさず「あなたは“オバマ”だから。」という具合に鼻で笑うのだ。

 確かに昔から、私は特定のアイドルやタレントに夢中になったことがない。まあ、女性の好みというのは人それぞれだろうが、分析するに私の場合、女性に求めているものが精神的な落ち着きも含めたもので、その逆に若い子特有の気難しさやキャーキャーうるさいのは昔からか勘弁して欲しいと思っていた。

 分かり易いところで説明すると上戸彩とか相武紗季とか、とにかく今が旬と思われているような子たちにはつゆほども興味が無くて、昔は同様に思っていたのに、一時休業し、その後復帰してからの広末涼子などは今、「良いなあ。」と思う。このパターンで言うとかつて宮沢りえもそうだった。

 私は時代の勢いを身にまとったアイドルという現象の、背後の大人たちの目論見や計算に踊ろされているような雰囲気が多分嫌いで、そのマジックが無くなった素の状態、その人本人の実像がやっと透けて見える段になってやっと食指が動くと言う、思えば一番いやらしいタイプなのかもしれない。

 で、恥を忍んで上のパターンで最近私が素敵だなあと思った何人かの女性を挙げてみると、

 1 小泉今日子。彼女については上の話と少し違う。まあ、昔から普通にファンだったが、その頃より圧倒的に今の方が好き。最近作・映画『東京ソナタ』で彼女は「しわの一つ一つまでちゃんと撮って」みたいなことを監督に要求したとかで、彼女の場合は性別に関係なく、生き方も含めてカッコいい人を探したらそれがたまたま女性で、彼女だったみたいな感じ。映画『グーグーだって猫である』見たいっす。

 2 伊達公子。彼女、引退する以前より復帰後の今の方がテニスそのものも強いかもしれないという、もう信じられない程の凄さ。そして以前より女性としても可愛らしい感じがする。アスリートでありながら生活そのものも楽しんでいるような印象で、凄いきれいなオーラを感じる。

  3 原田知世。彼女こそ本当に上の話の通りで、全盛期はつゆほどにも興味が無かった(笑)。このブログのデザインを変えた時、あまりにも殺風景なのでブログ・バーのリストにあった彼女のポッド・キャストを貼り付けたのだが、それで興味を持ってCDを聞いたらこれが良い。声が心地よくて、上手くは無いけど正に天使の歌声。全然、知らなかったのだが、凄く真剣に音楽をやってたんですね。彼女。『時を駆ける少女』ボサノヴァ・バージョン良いです。

 と、その他にも挙げればきりが無いのだが、最近は「アラフォー」などという現象もあって、齢を重ねた女性のメンタルな面も含めた魅力が新たな市民権を得て、「オバマ」な私はつくづく良い時代が来たなあと思っている。

 今、正直言うと年齢を問わず女性と話している方が面白い。好奇心も、勇気も、行動力も決断力も女性の方があって、それで精神的に男前な人が多い。物の見方も自由で勉強になることが多い。

 男は全然ダメ。視野が偏狭でもう景気の話ばっか。しょぼくれてる。組織の中で頑張るってことで、何かを諦めてる人が多い。両方取れよ、一度きりの人生、二者択一なんてつまらんだろ。

 私はもういざとなったら、女性について行くことに決めました。日本の神様は古来より女性だから。

 そう、原始も今も、女はほんと太陽ですから。

 

|

« さよなら、ブッシュ | トップページ | 最後のニュース »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

今年の夏、夢の島で行われた夏フェスにてナマ原田知世を見た!高橋幸宏、高野寛、高田漣らと共に「pupa」というバンドでボーカルをとり、エレクトリックバグパイプを吹く知世ちゃんを見た。
生まれて初めて、生の姿を見たのだが女優とかアーティストとかそんなんじゃなくて、彼女は原田知世だった。四十歳だろうが、関係無い。もう、俺は今夜56度の酒を呑んで酔っ払っている!
時を駆け抜けるぜ!

ライバルは、ランボルギーニカウンタック!

マッハGO・GO・GO
蒼井優は、俺のものだ!

誰にも渡さん!

ヨロシク哀愁!!!

投稿: 志村貴彦 | 2008年11月11日 (火) 22時39分

エレクトリック・バグパイプってのがなんか、“らしい”ね。何故か。

 

 

投稿: ナヴィ村 | 2008年11月12日 (水) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/25146380

この記事へのトラックバック一覧です: Women&me:

« さよなら、ブッシュ | トップページ | 最後のニュース »