« 枯葉 | トップページ | 2度目の歌舞伎ー船弁慶(ふなべんけい) »

女神(ディーバ)

51swykuasol  倉本聰ドラマ、『北の国から』、『優しい時間』に次ぐ富良野三部作の最後を飾る『風のガーデン』。氏は最近のテレビ界の凋落ぶりに落胆して、もうドラマはこれを最後に書かないと言っているとのこと。

 このドラマ、初め見ていなかったが、土曜日にやっているダイジェスト版のような再放送を見て一気に引き込まれてしまった。まさに入魂の一作かと思う。

 さて、このドラマについてはいづれ書くこととして、今日はそのエンディング・テーマ、平原綾香の『ノクターン・カンパニュラの恋』の紹介。

 彼女、『Jupiter』で出てきた頃は、そんなに良いと思わなかったが、これも倉本ドラマ『優しい時間』のエンディング・テーマ『明日』を聞いて以来、私の女神(ディーバ)となった。歌だけではなく、ドラマには主人公の恋人役で出演もしている。

 ドラマは現在第6話まで進んでいていよいよ佳境。故緒方拳が遺言のように「神木隆之介と黒木メイサが良い。見てください。」と、インタヴュー言っていたっけ。確かにこの神木君、『ギルバート・グレイプ』のディカプリオより凄い。

http://www.youtube.com/watch?v=PcdOG4ftQrw 

 ノクターン

 Love, true love is to ask nothing in return
 You are my destined soul mate
 Your love, adoring eyes
 We can see the light because we know the darkness
 Everything has meaning, even campanula in the wind

 Each one of us has pain and sorrow
 Sheds a secret tear
 But drops of your tears will fall to earth and
 Welcome new life into the world again and again with love

 Love. True love is to ask nothing in return
 Fated love that is meant to last
 My love, your gentle gaze
 A drop of your soul within me that I adore
 Everything has an end, but we’ll be reunited

 日本語訳詩

 愛は-真実の愛は見返りを求めない
 あなたは私の運命 魂の伴侶
 あなたの愛 その慈愛に満ちた瞳
 闇を知るからこそ感じ得る光があるように
 全てのもに意味がある 風にそよぐカンパニュラにさえも

  誰もが苦悩と悲しみを抱え
  そっと秘密の涙を流す
  だがその一滴(ひとしずく)は大地に落ち
  繰り返し新たな命をこの世に迎える 愛をこめ

 愛は-真実の愛は見返りを求めない
 愛は決して滅びない
 私の愛 あなたの優しい眼差し
 慕うべきは私の内にある あなたの魂の種
 全てのもに終わりが来る けれど 

 私たちは再び出逢う

 私たちは再び出逢う

                  (意訳 ナヴィ村)

|

« 枯葉 | トップページ | 2度目の歌舞伎ー船弁慶(ふなべんけい) »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

僕は、第一話から見ています。(2話だけ見逃してしまいましたが、全部デスクに落としてあります。)名作です。ある新聞は「戦後のTV史に残る不朽の名作として語り継がれるであろう」と評しておりました。ここ数年、友人、恩師、母の死の合間に娘の誕生に接してきた身としては、「しみる」一作です。エンディング、いいです。こちらも語り継がれる「名唱」です。ドラマ内のどこでこの曲が流れるのかも大変興味があります。僕もこの歌で「隠れ平原」になってしまいました。

投稿: ほぴ村 | 2008年11月18日 (火) 07時42分

平原綾香の吐息は、世界一!

投稿: ニュー・マハリシマヘシヨギ | 2008年11月19日 (水) 00時47分

このエントリーを書いて、昨日、仕事場である新橋に行くと、いつも2~3ヶ月ごとに変るビルの巨大広告塔が平原綾香のニューアルバムのそれに変っていました。僕のいる事務所の真正面です。
 しばらくは平原です。

投稿: ナヴィ村 | 2008年11月19日 (水) 05時09分

早速、シングルCDを購入してしまいました。訳詞も素晴らしく、愛する者との別れ(死)と再生が見事に表現されています。晩秋の紅葉のような味わい深い1曲で聞き惚れています。

投稿: ほぴ村 | 2008年11月19日 (水) 17時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/25423165

この記事へのトラックバック一覧です: 女神(ディーバ):

« 枯葉 | トップページ | 2度目の歌舞伎ー船弁慶(ふなべんけい) »