« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

帰郷

      
     十二月の
     鋭く尖った夜の冷気が
     何故か頬に優しく触れた

     薄墨色の空も次第次第に明かりを落とし
     漆黒の闇のシーツが
     田園の景色をすっぽり包んでしまうと
     耳鳴り
     のような静寂(しじま)から
     ある死者の声が
     私を呼び止めた


     『お帰り』


     肉体は火に焼かれ
     形象を失っても
     なおも変わらぬ
     祖父よ 父よ
     痛苦を脱ぎ捨て
     今はこの故郷の しんとした大気の粒に
     おのが身を解き放ったか
     草を育て
     木を育て
     四季折々の光彩る
     宇宙の息に
     姿
     変えたか


     〈台所で知らぬ間に死を準備している日常〉
     〈不在者の空白が 今 確かな一族の主〉


     寝床では
     私の小さな獣が二匹
     眠っている
     この精霊の家を
     身も知らぬ旅の宿と勘違いして


     風に揺れる川原の枯れ草の陰に
     猫が二匹
     ゆっくりと
     消えていったー。

 

 あと、数時間で今年も終わる。何かをやり残したような後悔もなければ、何かをやり遂げたような達成感もない。ただ、日々を淡々と生きていた結果、今年もこの日が来たという感じ。

 今日、実家のいわき市に戻ったが、普段、気負っているつもりはないのだけれど故郷に戻ると心身がみるみる弛緩していくのが分かって、また、ここを出てから起った事の全てが幻のような錯覚を覚える。

 今年は二月に母が亡くなったので、正月はないことになっているのだが、兄、弟夫婦と今夜はこれから飲み明かし、例年通りの年越しになると思う。

 上はもう何年も前の大晦日に書いた一編。この頃はまだ子供たちも小さくて、祖父と父が居ない実家にその二人が眠っている様子が何故かとても不思議に思えて書いたのを覚えている。

 この一年、読んでくれた人、ありがとう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Crystal eyes

 

       川面に映る冬の陽のきらめき
       旅立ちの朝の
       空のひこうき雲
       恋人の胸
       静かな森に響く
       陽気な口笛
       子供達のはしゃぐ声と
       たなびく
       夕餉の煙

       ソロー
       アレン
       ゲイリー
       ミラレパ

       無名で
       ユーモラスな山の民の言葉

       睡蓮 
       向日葵
       ブーゲンビリア
       梅 
       桜

       そして
       それら全てを含む
       あなたの

       Crystal eyes-

 

 

 詩人ナナオ死す。23日、長野県大鹿村でのこととか。私はあんなにきれいな瞳の老人にいまだかつてあったことは無いし、これからもないだろう。

「君の脚は時速何キロだい?脚は最高の交通手段だよ、そう思わないか、君?」

 いつだったかナナオが私に言った言葉。カップヌードルの海老で鯨を釣ることが詩だ、とも。

 ご冥福を祈ります。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静物画

 

     愛って何?
     それはまるで用意されていたように
     男と女がいて
     目を合わせていてもそらせていても
     酸っぱい味が
     胸に広がっていく
     あの感じ
     自分が男だということに
     少年が気づき
     ママの口紅を
     少女が悪戯するときのこと

     それは
     海の水と空の雨が
     入れかわる
     冬の午後のこと

     少年じゃなくなった男は
     テーブルになり
     口紅がさまになった少女は
     陶器になり やがて
     二人が
     一枚の絵になること

     そしてそれは
     田舎の縁側に
     座る老婆の
     手の中で 香放つ

     一個のレモン

 

 これはごくごく初期に書いた詩。どういう状況だったかは全く覚えていない。多分、高校生くらいだったと思うから今読むと随分ませた高校生だったと思う。

 この詩、冒頭の“愛ってなに?”という書き出しがとても恥ずかしい。しかし日本の現代詩人はこの「愛」という一言に対してどうゆう態度でいるかによって二分しているようなところもあって、例えば私の敬愛する二人の詩人、故田村隆一氏と故諏訪優氏は対照的だ。

 まず、田村氏。

 “青年のときは/愛/と言う言葉がぼくには苦手だった/特に詩の中で/愛/と言う言葉がどうしても使えなかった”(愛ってなあに?)より

という詩の一説があるくらい。次に諏訪氏。

 “・・・僕たちは/その重苦しいときを待つ/ふるえながら/魂は愛にうちふるえながら”(精霊の森)より

 これは彼の代表作の一つと言ってもいい長編詩『精霊の森』の一説だが、この詩に関して渋沢孝輔氏は、「「愛」と言う言葉をこれほど率直に使った詩が現れたということ自体が、私の眼にはひどく感動的なものに映ったのである。・・・」云々と、この「愛」と言う言葉が多用される傑作に初めて接した時の驚きを詩人論の中で記している。

 思えばこの「愛」と言う言葉に恥ずかしさを覚えたという田村氏は、古今の大詩人がそうであるように挫折した政治家のようにも見え、戦後最大の詩人という評価を得、また一方の諏訪氏は誤解を恐れず言えば、終生“愛のマイナー・ポエット”であった。

 実は私もこのブログに以前、愛と言う言葉を多用した詩をエントリーし、その後、あまりの気恥ずかしさを感じ、削除してしまったという経験がある。

 で、今回、また別の詩をエントリーしてしまったわけだが、思うにこの「愛」と言う言葉を使うときの気恥ずかしさは、

一体どこからくるのだろうか?

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

欲望~ある抽象画のための

     文字の無い手紙のような
     灰色の空に向かって
     巻き上がる ワイン・レッドの
     風

     時の推移によって
     光の加減は
     微妙に変化するから
     見るたびに違う表情を投げかける
     花

     この絵は本当は
     私の心を
     標本し 額装しただけのもの

     それは例えば
     この世の
     快楽のキャンバスをあらゆる器官で
     隅々まで
     舐め尽くしてみたいなどと
     考えたりしている
     午後の

     やめられない毒のように
     ゆっくりと
     全身に効いてくる
     色

     無機質な画廊の壁に
     “しん”と飾られている
     私の激しい

     欲望

 

 

 これは昔、ある友人が描いた絵を見て書いたもの。あっという間にできたのを覚えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »