« Crystal eyes | トップページ | 4度目の歌舞伎~春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし) »

帰郷

      
十二月の
鋭く尖った夜の冷気が
何故か頬に優しく触れた

薄墨色の空も次第次第に明かりを落とし
漆黒の闇のシーツが
田園の景色をすっぽり包んでしまうと
耳鳴り
のような静寂(しじま)から
ある死者の声が
私を呼び止めた

『お帰り』

肉体は火に焼かれ
形象を失っても
なおも変わらぬ
祖父よ 父よ
痛苦を脱ぎ捨て
今はこの故郷の しんとした大気の粒に
おのが身を解き放ったか
草を育て
木を育て
四季折々の光彩る
宇宙の息に
姿
変えたか

〈台所で知らぬ間に死を準備している日常〉
〈不在者の空白が 今 確かな一族の主〉

寝床では
私の小さな獣が二匹
眠っている
この精霊の家を
身も知らぬ旅の宿と勘違いして

風に揺れる川原の枯れ草の陰に
猫が二匹
ゆっくりと
消えていった

 

 あと、数時間で今年も終わる。何かをやり残したような後悔もなければ、何かをやり遂げたような達成感もない。ただ、日々を淡々と生きていた結果、今年もこの日が来たという感じ。

 今日、実家のいわき市に戻ったが、普段、気負っているつもりはないのだけれど故郷に戻ると心身がみるみる弛緩していくのが分かって、また、ここを出てから起った事の全てが幻のような錯覚を覚える。

 今年は二月に母が亡くなったので、正月はないことになっているのだが、兄、弟夫婦と今夜はこれから飲み明かし、例年通りの年越しになると思う。

 上はもう何年も前の大晦日に書いた一編。この頃はまだ子供たちも小さくて、祖父と父が居ない実家にその二人が眠っている様子が何故かとても不思議に思えて書いたのを覚えている。

この一年、読んでくれた人、ありがとう。

|

« Crystal eyes | トップページ | 4度目の歌舞伎~春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし) »

詩集「The letter」 (90)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰郷:

« Crystal eyes | トップページ | 4度目の歌舞伎~春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし) »