« 5度目の歌舞伎~鷺娘(さぎむすめ) | トップページ | ローズマリーのお茶 »

猫の遺言

 

命の美しさが
時に 猫の形して“在る”ことを
お前は教えてくれた訳だ
ただの一度も
言葉を使わずに

言葉の無い世界を
夢見た詩人もいたが
     
さすれば
お前の生涯はまさしく夢
柔らかく 温かく
眠ると
俺の膝の上に
夢そのものの重さだった

夢が終わるのは目覚めの時
だから
十五年の最後の瞬間にも
お前は
目を閉じなかった な

その時 お前の目に映ったものを
見たことのある人は未だにいない
〈みたことのある猫も〉

お前の遺言は言葉じゃなく
Yellow greenの
目だ

見蕩れるほどキレイな
死の色を映した目だった

さよならチャーミー
さよなら

 

 今日は記事をアップすもりはなかったが、ふと仏壇を見ると亡き愛猫君の位牌に平成14年1月29日の文字。本日6回忌。で、その死から数日後に書いたのがこの詩。

|

« 5度目の歌舞伎~鷺娘(さぎむすめ) | トップページ | ローズマリーのお茶 »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の遺言:

« 5度目の歌舞伎~鷺娘(さぎむすめ) | トップページ | ローズマリーのお茶 »