« 猫の遺言 | トップページ | 6度目の歌舞伎~勧進帳(かんじんちょう) »

ローズマリーのお茶

 

音楽を聴きながらお茶を飲む
それ以外にするべきことなんて
本当は何も無い

日々の忙しさだって
よく見れば小さな演技
パン屋と花屋が服を取り替えたところで
誰も気付かないさ
そんなこと

ティーカップに熱いお湯を注ぎ
ローズマリーの葉を少々
いい香がしてきたら
ほんの少し
口をつけてみる

ねえ 君
ipodのイヤホーンを外して
大地が傾く音を聞きたまえ

その時
水辺から一斉に飛び立つ鳥
その水辺の奥に佇む森
森では野生の花々が歌っており
それに
カザルスの弦が重なる

「お湯がピンクになる時もある」と言って
見せてくれた写真の中で
カップの底に“yes”の文字。

地球が回る音はチェロの音だと
勝手に思う
休日の

青空にアーモンド・チョコ
そして
それに良く合う
いい香の

ローズマリーのお茶

 

 昨日、職場でM・Tさんからローズマリーを頂きました。料理に使ったり、チャイに入れたりすると美味しいそうですが、僕は早速、葉を少しちぎってお湯を注ぎ飲んでみました。

 が良くてなんだか体にも良いような気がして調べると、案の定、抗酸化作用があって、様々な面での若返り?に効果があるとのこと。少し継続して飲んでみようかと思います。

今日はこれを使って何か肉料理を娘が作るとのこと。楽しみです。 

|

« 猫の遺言 | トップページ | 6度目の歌舞伎~勧進帳(かんじんちょう) »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローズマリーのお茶:

« 猫の遺言 | トップページ | 6度目の歌舞伎~勧進帳(かんじんちょう) »