« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

13度目の歌舞伎~夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)

Photo_2  毎日、暑い。皆さん、暑中お見舞い申し上げます。

世間の子供達は皆、夏休みに突入。我が家の前の公園では夜な夜、家族連れが花火に興じていて、それを見ているこちらもビールに枝豆、その上、昨日は土用ということで鰻(うなぎ)でも食そうというからには、俄然、夏気分も高まってくるというもの。これで祭りのお囃子でも聞こえてくれば言うことなしだが、まあ、こちらの気分に合せて出る山車(だし)なんぞあるわけもなし、だからと言って風鈴の音だけと言うのも妙に淋しい。

それでこの降って沸いた夏気分、どう埋あわせようかと考えて、出かけてきたのが銀座・歌舞伎座、7月大歌舞伎夜の部の一幕、『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』。

                  ☆ 

さて、このお芝居、以前テレビで“ヤクザ映画、任侠映画の原点”のような紹介のされ方をしていたが、そのストーリーはと言うと・・・・・・。

 つまらん喧嘩がもとで牢に入っていた魚屋団七。とある武士の計らいで無事放免と相成り、恩義を感じた彼はその武士の息子である磯之丞(いそのじょう)と恋人の遊女琴浦の力になろうと心に決める。ひょんなことから団七は琴浦に横恋慕する男大鳥から彼女をかくまうが、金銭欲の塊のような舅義平次が金に転んで敵方につき、彼女を連れ去ってしまう。結局、団七は追跡し彼女を取り戻すが、その過程でついには舅義平次を殺してしまう・・・というもの。

 昨夜は団七に海老蔵、一寸徳兵衛に獅童、釣舟三婦に猿弥、団七女房お梶に笑三郎、徳兵衛女房お辰に勘太郎、三婦女房に右之助、磯之丞に笑也、琴浦に春猿。

 前回見た『女殺し~』で仁左衛門は「この与兵衛と言う役は“生”の若さが必要・・・。」と言って仕納めにしたと聞きくが、さて、この団七九郎兵衛はどうなのだろう。それに一寸徳兵衛は。

 “若さ”という点では海老蔵も獅童も申し分ないが、この“若さ”、“爽やかさ”が・・・・私が期待していたこの芝居の雰囲気とちょっとかち合うところがあった。私はもっとこってりした上方歌舞伎を想像していたのだが、上の二人+勘太郎等は生粋の江戸前役者。関西弁がこなれてなくて、そのせいか芝居にスケール感が出ず小粒に見える場面もあった。そして、それぞれが切る見得も中途半端なところがあって、大向こうがタイミングが取れず掛け声が不発に終わるところも・・・・・。まあ、難しいのだろうな、東京もんにとって関西弁は。

 思うに私が今まで見た芝居は菊五郎、勘三郎、仁左衛門、吉衛門、団十郎、幸四郎などなどが中心で、今回のような世代が中心でやる芝居を見るのは初めて。で、余計感じたのだが、歌舞伎ってオジサマ方のそれこそこってりとした大人の色気を原動力に成り立っているジャンルなのか。この『夏祭浪花鑑』の、私が期待していた“こってり感”が無かった、と言うのは実は上方ー江戸前の違いなどではなくて、この“色気”の有無ってことなのかもしれない。

                   ☆

 さて、くさしてばかりいるようだが、もちろん、若手には若手の魅力があって、見所も一杯あった。特に勘太郎演じるお辰。磯之丞を一度預かるとなったところ、“若い女に若い男を預けるなんて・・・・それに、お前の顔には色気がありすぎる・・”と釣舟三婦に言われた途端、焼けた鉄弓を自らの顔に押し付けるところ。その後、花道を去りながら“そんな顔になって、徳兵衛さんに嫌われはしないかえ?”と聞かれると「コチの人が好くのは(指で顔を指しながら)ここじゃありまへん、ここ(胸元をポンと叩いて)でござんす!」と言い放つ例の場面。これは以前テレビで、父勘三郎が演じるのを見たが、勘太郎のそれは全然違って、おお、これはこれでなかなか決まっていた。

 そしてもちろん海老蔵。最後「長町裏」の義平次殺しは圧巻だった。『女殺し~』での仁左衛門の芸術的とさえ思える殺しの場に比べれば、まだまだ大味な感じがするものの、本水あり、本泥あり、舞いとも思える様式美と写実性が渾然一体となっていて、見ごたえ十分。  

 ただでさえ苛苛する蒸し暑い夏の夜。義平次を殺した刀を鞘に納めようにも手が震えて納まらず、鍔が二つ着いた鳴り鍔がかちゃかちゃかちゃかちゃ、延々と響く祭のお囃子と重なってその効果が凄かった。

 で、最後に春猿。私は今回初めてこの市川春猿という人を生で見た。で、今風の女子高生じゃないが、やばいよお、やばい・・という言葉しか出てこない。ホント、やばい。

                   ☆

昨夜のはとても若い『夏祭浪花鑑』。見た後は、多分、今回の狙い通り、清清しくってそれはそれで良かった。終幕後、歌舞伎座の外に出ると何やら人々が空を指差しながら騒いでいる。ついにUFOでも飛来したかと思い、目を上げると濃くハッキリとした虹!。もう、ホント、最後まで爽やかだった。

PS 欲しかったこってり感は、その後、鰻を食って埋め合わせた。

| | トラックバック (0)

古い電車

       

       古い電車の写真パネルを
       見つめる少年
       君、あれは未来の乗り物じゃあない
       あれは
       君のお父さんやお爺ちゃん 
       そのまたお父さんを
       毎日毎日乗せた電車だ

       その写真の中のレールに沿って
       古い電車の旅に出れば
       君は見たことの無い風景に
       出会うだろう

       デパートの催し物会場の
       <平成>から
       鉄橋を渡り
       <昭和>へ
       そして 
       トンネルをくぐり
       <大正>へと

       君がいる街の昔を写した写真の中に
       変わった部分と
       変らない部分
       どれだけあるか探してみな

       そして 人々の想いも 

       終点まで行ったら 
       また折り返してきて1と駅づつ
       今に戻ってくればいい

       もし元いた駅を通り越してしまったら

       君
       そこが未来だ      

     

 

 これは息子がまだずっと小さかった時、聖蹟桜ヶ丘のデパートで催された“鉄道の日記念写真パネル展”車両の変遷に見る京王電鉄の歴史”を見に行った、その会場でできた詩。小さい息子は熱心でいつまでも会場を離れようとせず、暇を持て余した私は会場のアンケート用紙に、用意されていたペンでこの詩を書いた。

Photo_3 今日、とある駅のホームに立っていると、現在、鉄道博物館で開催されている『第2回時刻表展』のポスターが貼ってあるのを見つけた。最近は鉄道マニアの人を“鉄ちゃん”と称してお笑いの対象にしてしまう風潮もあるが、私はこの時刻表を偏愛する人々を昔から素敵な人々だと思っていた。

 お金がある人と言うのはだいたいにおいて時間が無いし、時間だけはたっぷりあるという人は大方お金が無い。私のように貧乏暇なしなのは言わずもがなで、そんな時、この時刻表で“幻想旅行”に出ると言うのはなかなか豊かな時間という気がする。

 きっと古い時刻表には今はもうない路線の、今はもうない駅の名前が記されているはずで、この旅行ではそんな風に時空間を行き来することも自在な筈だ。

 今、一番したい旅は 私の場合、駅弁を食べながらの鈍行列車による一人旅である。

 ところで、昔の時刻表、当時どんな駅弁があったのかも分かるだろうか(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »