« 14度目の歌舞伎~六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり) | トップページ | みょうばん漬け »

ヤナーチェック作曲 『シンフォニエッタ』

 今、村上春樹の『1Q84』を読んでいて、丁度1巻を読み終えたところ。青豆、天悟、二つの月、カルト宗教、リトル・ピープル、チェーホフ、平家物語・・・。舞台は1984年で言わば近未来小説ならぬ近過去小説。1984年と言うと私はまだ郷里にいて浪人生だったが、もしかしたら、あの時、世界はこんな風だったのかも。

 相変わらず様々な音楽が印象的に使われているが、特に小説冒頭に出てくるこの曲が今、“1Q84効果”でとても売れているそうです。ヤナーチェック作曲 『シンフォニエッタ』。

 “冒頭ファンファーレが彼女の頭の中で鳴り響く。柔らかい風がボヘミアの緑の草原を音もなく吹き渡っていく。”(p73より抜粋)。

 本の感想はいずれ。

|

« 14度目の歌舞伎~六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり) | トップページ | みょうばん漬け »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/31188161

この記事へのトラックバック一覧です: ヤナーチェック作曲 『シンフォニエッタ』:

« 14度目の歌舞伎~六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり) | トップページ | みょうばん漬け »