« 有馬良ければすべてよし | トップページ | ドラマ『龍馬伝』~危機の中の青春 »

めまい、競輪、馬の温泉、そして『ブッカー・リトル』。

Photo  有馬記念の翌日、28日から実家のいわきに帰省中。体調すこぶる悪く、例のめまい。微かに耳鳴りと頭痛がする。心配して弟は「こっちにいる間、整体行くとか温泉行くとかしろ。」と言ってくれるが、昨日と今日、何故か競輪場に行ってしまった。  

昔、『祭りばやしが聞こえる』というショーケン主演のドラマがあった。ショーケンは落車してケガし、再起を図る競輪選手の役だったが、そのイメージもあって、なんとなく今の気分として競輪場はぴったりだったのだ。  

地元の競輪場はいわき平けいりん。生まれて初めてやる競輪は昨日の“SSカップみのり”。当てずっぽうに賭けて外れ、今日の“KEIRIN グランプリ09”は神の脚”神山を軸に賭けてまた外れた。そうか、競輪には競馬で言う所の“馬単”みたいな賭け方はないのか。2車単、2車複。1着は海老根恵太。

  で、感想だが、競馬に比べ競輪は完全に人間のドラマなのでハマれば面白いのだろうけど、競馬の神話的な要素?に魅かれている私としてはやはり少し物足りない気がした。競輪場も競技場としての充実はあれど競馬場のような開放感は無い。まあ、競輪に関しては今の所、実家に帰ってきた時だけのイレギュラーな遊びと考えようと思う。  

馬の方は、こちらも“馬の温泉”というのに2日続けて行った。正式な名称は“日本中央競馬会競走馬総合研究所常磐支所”。実家から車で10分もかからないところにその施設はあって、以前から知っていたものの少し前までは競馬に全然興味がなかったのでちゃんと訪れた事などなかった。レースでケガをした馬たちが復帰を目指しリハビリする場所なのだが、ここで療養し再起した馬の写真の中にオグリキャップやトウカイテイオウ、テイエムオペラオーなどもいる。現在療養に来ているリストの中で私が知っている馬としてはサクラメガワンダーがいた。  

昨日は夕方近くに行って係の人に「馬が見たかったら、明日のAM10時頃おいで。」と言われ、今日言われた通りの時間にまた行くと、ちょうど馬達が入浴中。その他の順番待ちの馬達もパドックを回っていて、内何頭かに触れることができた。カジノドライブにアラシオヨブオトコ、それにスズノネイビー。風呂上がりの競走馬達はレースの時と違って当たり前だが穏やかでまったりとしていた。帰り、「競馬好きなの?」と言って係員のおじさんが中山&東京競馬場の招待券を2枚くれた。そうか、来年も行かねばなるまいな。ところで有馬記念で負傷したスリーロールスはここに来るのだろうか?  その後、掃除し、正月の飾りをし、墓参りに行き、娘とモスバーガー。その間も船に乗っているようにふわふわ感&めまい。           

                                            ☆              

 という訳で、今年は食べ過ぎず酒もなく、大人しくお利口にしている年末です。昨日、友人の店で名盤『ブッカー・リトル』を買い、今、アフェリを貼付けようとしたら実家のPCだと何故かできない。青ジャケの頃のルパン三世のバックに流れている的なかっちょいいラッパとベースでしびれます。トランペット=ブッカー・リトル、ベース=スコット・ラファロ、ピアノ=トミー・フラナガン&ウィントン・ケリー、ドラムス=ロイ・ヘインズ。  去年は歌舞伎、今年は競馬と来たが、来年は原点に戻ってまた音楽をちゃんと聞こうかなどと昨日、友人と話したところ。それと池沢夏樹世界文学全集。  

ああ、これから温泉でも入りにいこうかな。  

明日で今年も終わる。

|

« 有馬良ければすべてよし | トップページ | ドラマ『龍馬伝』~危機の中の青春 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/32793516

この記事へのトラックバック一覧です: めまい、競輪、馬の温泉、そして『ブッカー・リトル』。:

« 有馬良ければすべてよし | トップページ | ドラマ『龍馬伝』~危機の中の青春 »