« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »

ウェディング・ソング~二人の理由

     

       二人が
       二人であることの不思議さは
       きっと
       永遠に謎である

       何故 彼にとって彼女であるのか
       何故 彼女にとって彼であるのか

       答えはきっと
       言葉の中には無い
       <言い古されたあの言葉の中にさえ>

       答えはきっと
       世界中のどんな書物にも書かれていない
       ファルコンの定理よりも難解で
       林檎が木から落ちたくらいでは
       導き出せる法則も無い

       ただ触れ合う時
       歓喜の中で互いの名を呼び合うとき
       怒りに震え
       小さな諍いの後 許しあう沈黙の中に
       打ちひしがれ
       折れ曲がる背中にそっと置かれた
       手のひらの中の温かさに
       
       答えのヒントは
       少しずつ隠されている

       今 彼の心は
       彼女の手のひらの形
       彼女の身体は
       彼の唇の彫刻

       二人が
       二人で生きていく人生は
       謎の答えを
       探す旅であってはならない
       ただ折に触れ見え隠れするヒントを
       いちいち噛みしめ
       その時の互いの姿を
       驚きを持って
       呆然と

       見つめ続けること

    

     

 今日は私達夫婦の結婚記念日である。だからといって毎年この日に何か特別なイヴェントらしきことをしたことなど1度もなくて、それどころか二人とも忘れてしまっていることの方が多い。調べると結婚記念日というのは文字通り結婚式を挙げた日のことを言うのであるらしいが、私達の場合は一度式を中止している。式の準備をしている最中に妻が妊娠しているのが発覚し(だからできちゃった結婚ではない!)、式の五日前になって流産しかかって絶対安静となってしまった。なので二人とも一度もしたことはない結婚指輪には、その中止した式の日付が刻まれている。

 その後、無事長男が誕生し1年もした頃、私達自身はもうどうでも良いと思っていたが、周囲の熱烈な?アンコール?にお答えして式を挙げることになった。新郎新婦入場で私は大事な証拠のように長男を抱きかかえ、しかも最初に事の顛末を私が説明してから始まるという、今思い出してもこの上なく恥ずかしい式であった。

 だから本当の式を挙げた日を記念日ということにすると、息子誕生までの1年はなんなんだ?ということになるので、うちの場合は入籍した日ということにしている(別に真剣に話し合ったわけではないが、自然とそうなった)。その日の記憶は曖昧で、現在も住んでいるH市の日曜日も開いている窓口で名前を書き、その後、寿司を食べに行ったことしか覚えていない。

 それで17年である。生い立ちも価値観も全然違う他人同士が、一つ屋根の下にこれだけの年月を過ごすというのは冷静に考えるとやはり凄いことなのだろうな。

 ↑は何年も前、友人の結婚に際し贈った詩。

 これまでにヒントの書かれたカードは何度も配られた。が、未だに答えには行き着きつかない。

 でも今、彼女に言いたいのは“ありがとう”ということ。本当の“ありがとう”です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五訓

     

       汝、風であるべし
       限りなく自由で、硬い根雪を溶かし
       まだ誰も見たことの無い果実の種を運ぶ
       南からの
       熱性の
       風であるべし

       汝、木であるべし
       鳥、花、獣、虫たちを憩わす
       太い幹と枝葉を持った
       ジャングルの
       動かない
       木であるべし

       汝、水であるべし
       天から山へやがて海へと注ぎ
       見知らぬ土地を一つに結んでいる
       虹色の魚に満ちた
       清い
       水であるべし

       汝、空であるべし
       愛する人を亡くした人が
       ふと見上げた時
       あそこに帰っていったのならと
       静に慰めを得る
       夏の
       夕焼け空になるべし

       汝、ただただ人間であるべし
       何も持たずに裸で生まれてきたのに
       あんなにあんなに喜ばれている
       古い写真の中の
       素っ裸で
       素朴な

       汝、人間であるべしー

    

 もう、十年以上も前の話。4つ上の兄が社長に就任した際、弟と何か贈ろうということになった。弟は社長室に飾って見栄えのするような絵か何かを贈ったと記憶しているが、その頃の私は凄まじく貧しくて、何も送ることができず、まだ存命だった母に「あなたは詩を贈りなさい。」と言われて書いたのがこの詩。

 私はナナオ・サカキの『ラブレター』のような詩を書こうとして、失敗?してこうなった。今読むとなんだか偉そうで、こんな人間になれるはずも無いと思える詩だ。贈られた方は随分迷惑だったかもしれないな。ゴメンな、兄貴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年5月 »