« 映画『ブルー・ベルベッド』~生命力のリアルな姿 | トップページ | 妖怪焼き »

左利きの夢

 

世の中のあらゆるものは右利き用にできているので、そのストレスで左利きの人は寿命が短いという説をまことしやかに唱えている文章を以前読んだことがある。

 しかし、左利きの私から言わせて貰えば我々左利き人種は生まれたときから右用の道具を左で使うことに慣れているので、ストレスなんて感じていない。私が唯一右に直した道具はギターであるが、世の中にはこれすら右用を左で押し通してしまう人がいる。

 ↑のこの人もその一人。右用の弦の張り方で左でギターを弾くとコードは上下逆さに押さえなければならないし、ダウンストロークがアップストロークで、アップストロークがダウンストロークで・・・と、ギターを弾く人じゃなくてもそのただ事じゃなさは容易に想像できるはずだ。

 これで押し通してしまったというだけでも、この人がロックそのものの人だということが分かる。人の言うことなんて聞かなそう。そして、弾き語りなのにバンドサウンドが聞こえるのはスプリングスティーンやデビッド・バーンの弾き語りと同じだ。

 この人、こんなにギター上手かったっけな?うん、カッコいい。

|

« 映画『ブルー・ベルベッド』~生命力のリアルな姿 | トップページ | 妖怪焼き »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/34999804

この記事へのトラックバック一覧です: 左利きの夢:

« 映画『ブルー・ベルベッド』~生命力のリアルな姿 | トップページ | 妖怪焼き »