« オノ・ヨーコとTwitter | トップページ | 2010 小倉記念 GⅢ »

『二十億光年の孤独』~谷川俊太郎の「ネロ」

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9) Book 二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)

著者:谷川 俊太郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 夏になると私はいつも死者達のことを考える。盆というものがあるのでこれは私に限ったことではないと思うが、諸生物の生命が、海や山、街路やそこかしこで充溢するのとは裏腹に、夏はそこらじゅうに懐かしい死者達に満ちていて、例えば路地裏で、私をクーラーの効いた店でアイスコーヒーでも飲まないかとしきりに誘う。そして、それは強い日差しの一方の濃い影にも似て、私はいつもその暗がりで、束の間、ほっと一息つけるのだ。

 私が再会する死者とは祖父母であり父母であり、昔の友人、ガールフレンド等であるが、私には最愛の人々はすでにほとんどが故人であるという思いがあって、初めてそう思い至った時、私は死が恐くなくなった。だが、その優しい暗がりから再び眩しい場所に目をやると、命は道端の花、小さな虫のようなものまでもが美しく、またぞろそちら側に、命の側にいたいという強い欲望が自然と湧き上がってくる。

 この夏を死者達は知らない。私は夏が来るたびにそのことを思い不思議な気持ちになるが、この感覚を言葉で説明するのは難しい。本当は詩でも書けばいいのだろうけど、私の詩神は現在開店休業中で、どんな言葉も出てこず、それで代わりにと思い出したのが↓の詩だ。

 吉本隆明によると日本にプロの詩人は3人しかいない。一人目は田村隆一、あとは谷川俊太郎と吉増剛三だと言うのだが、田村はすでに故人なので吉本流に言えば谷川さんは現在、わが国に二人しかいないうちの一人だ。

 この『ネロ』という詩は谷川さんのデヴュー作『二十億光年の孤独』に収められている。氏、18歳の時の作品である。後のプロフェッショナルな詩とはまた違う瑞々しい少年の詩であるが、死んだネロがもう経験できない夏を、今後、幾つも潜り抜けねばならない少年の悲しみが、いつしか生きる決意に昇華されていき、感動的である。

 ここのところ連日の猛暑で、ニュースは熱中症対策をまことしやかにアナウンスしている。が、私は暑い夏が好きだ。暑い方が足元の影が濃い。そしてその方が沢山の死者達に会えるからだ。

 

ネロ -愛された小さな犬に-

                   谷川 俊太郎

ネロ                                                    
もうじき又夏がやってくる                                 
お前の舌                                                
おまえの眼                                              
お前の昼寝姿が                                          
今はっきりと僕の前によみがえる                           
お前はたった二回程夏を知っただけだった                  
僕はもう十八回の夏を知っている                           
そして今僕は自分のや又自分のでないいろいろの夏を思い出している
メゾンラフィットの夏                                    
淀の夏                                                   
ウィリアムスバーグの夏                                  
オランの夏                                              
そして僕は考える                                        
人間はいったいもう何回位の夏を知っているのだろうと      
                                                                        
ネロ                                                    
もうじき又夏がやってくる                                 
しかしそれはお前のいた夏ではない                        
又別の夏                                                
全く別の夏なのだ                                        
                                                                        
新しい夏がやってくる                                    
そして新しいいろいろのことを僕は知ってゆく               
美しいこと みにくいこと 僕を元気づけてくれるようなこと 僕をかなしくするようなこと
そして僕は質問する                                       
いったい何だろう                                        
いったい何故だろう                                       
いったいどうするべきなのだろうと                        
                                                                        
ネロ                                                    
お前は死んだ                                             
誰にも知れないようにひとりで遠くへ行って                
お前の声                                                
お前の感觸                                              
お前の気持ちまでもが                                    
今ははっきりと僕の前によみがえる                        
                                                                        
しかしネロ                                              
もうじき又夏がやってくる                                 
そして                                                   
僕はやっぱり歩いてゆくだろう                            
新しい夏をむかえ 秋をむかえ 冬をむかえ 春をむかえ  更に新しい夏を期待して
すべての新しいことを知るために                           
そして
すべての僕の質問に自ら答えるために 

|

« オノ・ヨーコとTwitter | トップページ | 2010 小倉記念 GⅢ »

Books (71)」カテゴリの記事

コメント

 谷川さんの詩はうかつに引用しない方がいいよ。やっかいなことになったらこまるから…。

投稿: ほぴ村 | 2010年7月30日 (金) 10時12分

記事を拝見しました。

ちょうどこの終わろうとする8月の北海道より、書き込んでおります。
私の生まれは関西です。この場所に暮らし始めて、まだ幾星霜たっておりませんが、時にあのうだる様な暑さを思い出して、同じ様に逝った方々の事を思い出しておりました。

ネロ
この詩、大好きです。夏の縁側、一人と一匹が歩いたあの水田の径、お墓参りが、ありありと浮かんできます。今年の夏は地元に帰れませんでしたが、この残暑に私の愛すべき死者たちを、北の大地へ案内しようかと思います。

投稿: 旅人 | 2013年8月28日 (水) 14時14分

 旅人さん、コメントありがとうございます。随分前に書いた記事なので、この文章、自分でも久しぶりに読み返したところです。

 このあとも私は何人かの大事な友人をなくしたりで、今年の夏は一層暑く影が濃い気がしましたが、その分、明るい場所の眩しさもより一層、という気がします。

 「ネロ」、良い詩ですよね。

 今年の東京も暑かったですが今日までで、明日から和らぐと予報では言っております。

 では。

投稿: ナヴィ村 | 2013年9月 1日 (日) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/35934670

この記事へのトラックバック一覧です: 『二十億光年の孤独』~谷川俊太郎の「ネロ」:

« オノ・ヨーコとTwitter | トップページ | 2010 小倉記念 GⅢ »