« ドラマ『チェイスー国税査察官』~善悪の攻防 | トップページ | 映画『ショート・カッツ』~カーヴァー的、Twitter的、トム・ウエィツ的 »

山手線のYMO

Ymo  今日、久しぶりに山手線のホームに立っていたら、やって来た車両の側面にYMOの3三人の顔が大きくプリントされていた。ポッキーの広告らしいけど、これってどういう人選だ?

 私が子供だった頃、良く見ていた歌番組に、当時のジャリタレに混ざって元祖御三家とかナントか3人娘とか、かなりお年をめしたおじさんやおばさんがトリオで出てきて、昔の、若くて元気だった頃を思い出して皆もガンバロー的なノリで消費されていた。

 もしかしてYMOも今そういう使われ方してんのか?ターゲットはドンピシャ私等の世代だと思われるが。

 はっきり言ってYMOに今の日本は合わない。YMOが合わないんじゃなくて日本の方が。

 テクノって凄く近未来SF的な感じがする音楽だった。故手塚治の『来るべき世界』とか『メトロポリス』みたいなイメージの。そして80年代の日本って日常の中でその近未来SFがじわじわ進行していくような感覚があって、YMOはそのBGMとしてピッタリだった。

 世界における日本のイメージって未だにフジヤマ・ゲイシャみたいな古典的な見方がある一方で高性能な電化製品とアニメみたいなのもあるわけで、そちらの方は全てYMOのあの時代に端を発している。

 今はその近未来SFの後の世界。ハイテク機器の子宮の中できらびやかな妄想を抱え心地よく自閉するみたいな。大袈裟に言うと今日見た山手線の広告は、瓦礫の中にいて荒れ果てたかつての宮殿を見上げるような感覚があった。無邪気に未来を信じていた夢の80s。それは、ちょっとトモダチ政権下でケンジの写真を見るような・・・・『20世紀少年』的な感傷だった。

 ↑は今聞いても全く鮮度の落ちていない国宝級の傑作。私等の世代はサ、日本の一バンドが世界を席巻するのを目の当たりに見た世代なんだよな、それは凄くラッキーだったと思う。

 細野さん、頼むから、例えパロディでも『高校三年生』なんてやらんで下さい。

 でも、パヒューム↓のバックで演奏してビルボードを狙うというのはありだと思います。

|

« ドラマ『チェイスー国税査察官』~善悪の攻防 | トップページ | 映画『ショート・カッツ』~カーヴァー的、Twitter的、トム・ウエィツ的 »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/36909564

この記事へのトラックバック一覧です: 山手線のYMO:

« ドラマ『チェイスー国税査察官』~善悪の攻防 | トップページ | 映画『ショート・カッツ』~カーヴァー的、Twitter的、トム・ウエィツ的 »