« 雪の絵筆~2011.2.11 鬼怒楯岩大吊橋にて | トップページ | こんにちは »

おやすみ


おやすみは“お休み”
目覚めていると結局
心は忙しく働いてしまうから

夜 
自分の居場所はそこにしか無い
とでも言うように
きみは眠る

飲みかけのグラスと
低くかけられたラジオの音

なのに 夢の中でまたしてもきみは
プッチーニを歌い
料理に舌鼓をうち
古代語で詩を吟じ
ナスカの地上絵を辿る

まるで目覚めた時 心をまた
忙しく働かせるための
準備でもするみたいに

おやすみは“お休み”
電車が通り過ぎる音がすると
街が灯りを消す

その訪れる闇の中で
ぼくはきみの背中に
指で
世界中の名画を落書きする

「おやすみ」
    

|

« 雪の絵筆~2011.2.11 鬼怒楯岩大吊橋にて | トップページ | こんにちは »

詩集「The letter」 (91)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おやすみ:

« 雪の絵筆~2011.2.11 鬼怒楯岩大吊橋にて | トップページ | こんにちは »