« ウディ・ガスリー~1930年代のTwitter | トップページ | 2011 皐月賞 GⅠ  »

スーちゃん死去 さよならキャンディーズ

Photo ウディ・ガスリーの後がキャンディーズで良いのかって話だが、良い(笑)。

 あの頃、キャンディーズが嫌いな人っていただろうか?実は私は小学校五年生の時、キャンディーズに会ったことがある。

 場所は福島県いわき市の常磐ハワイアンセンターの裏の熱帯植物園。

 地元の悪ガキたちは皆、毎週日曜日の歌謡ショーに来る芸能人がステージに行く裏口を知っていて、そこに色紙を持って待ち伏せしてサインを貰うのが通例だった。

 その日も私と弟と数人の友人で待ち伏せていたが、そこには来なくて、やがて弟が植物園で雑誌明星か平凡の写真撮影をしている三人を見つけた。

 「君たち双子?」と蘭ちゃん。私が頷くと、「可愛い」と、渡した色紙にすらすらとサインをくれた。そして、驚いたことに弟は自分で持っていた色紙に自分のサインを書いて「将来、僕、絶対に有名になるから持っていた方が良いですよ。」と、スーちゃんに渡したのだった。私はゲッ、何てことを・・・・と思ったが、キャンディーズの三人はクスクスと笑い、やがてその場にいた全員が爆笑になった。

 これ、嘘のような本当の話。1976年。良い時代だったなあ。

 スーちゃん、ご冥福をお祈りします。

|

« ウディ・ガスリー~1930年代のTwitter | トップページ | 2011 皐月賞 GⅠ  »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

うん、確かに良い時代だった。僕の中では、ハワイアンズの中庭のようなところでずいぶん彼女たちと時を過ごしたと記憶している。そしてブラウン管の中では少し太めのスーちゃんが実際に会ってみると全然太めには見えずにとてもきれいなお姉さんだったこと、キャンディーズファンだった兄貴から「なんで俺のこと呼ばなかった!!」と怒られたことなどもなつかしい思い出。
スーちゃんご冥福をお祈り致します。

投稿: ほぴ村 | 2011年4月24日 (日) 10時05分

 自分が現在、芸能人や有名人に遭遇しても、他の人に比べ全然、緊張や感動が無いのは、実はこの時、キャンディーズに会ってしまったからと密かに思っています。

 Sきさんが自身のTwitterで「小学生の自分にとってキャンディーズがビートルズでピンクレディがストーンズだった。」みたいに言っていますが、言いえて妙、って気がしました。

 『微笑みがえし』の歌詞、子供の頃、オレは“お菓子喰って、涙が出そう”だと思っていた。引越し作業の合間の休憩に、お菓子食べながら、涙、こらえてんのかなあ、って(笑)

 それにしてもオレら、キャンディーズに可愛いって言われたんだよなあ・・・(絶句)。

投稿: ナヴィ村 | 2011年4月24日 (日) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/39714872

この記事へのトラックバック一覧です: スーちゃん死去 さよならキャンディーズ:

« ウディ・ガスリー~1930年代のTwitter | トップページ | 2011 皐月賞 GⅠ  »