« ニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」 | トップページ | 痛風の激痛発作と闘う。 »

映画『ブラック・スワン』・・・・コワい。

Photo_5

 こういうのを何と言うのだろう。サイコ・スリラーとか言うのだろうか?現実と妄想の境界が曖昧で、最初から最後まで画面から眼を逸らすことができないシーンの連続。 

 ナタリー・ポートマンの素晴らしいバレエのシーンもさることながら、プレッシャーにより彼女演じるニナの精神が徐々に崩壊していく過程がリアルで恐かった。

 指のささくれをむしろうとしてそれが千切れず、思った以上に皮膚が剥がれ出血するシーンや、母親に足の指の爪を切ってもらっていて深爪してしまうところなど、個人的にはどんなバイオレンスシーンよりもこういうのが駄目。超コワい。

 それと鏡のシーン。確かにダンサーの日常は我々のそれよりも鏡に取り囲まれている環境が多いと思うが、鏡に映る自分は正確には真実の自分ではなく、単に自分が自分として許容しうる姿である。で、それが少しずつ狂ってくる。純心で貞淑な白鳥から邪悪で欲望に満ちた黒鳥への変容を強いられる主人公ニナの心理的葛藤を描くのに、この鏡が暴力的なまでに効果を上げていて、これもコワかった。

 それとセクシャルな誘惑や自分の中のそうした欲望に強引に対峙させられることで、女性がここまで悪夢的な世界に落ちてしまうものかと知って、その描写も・・コワかった。

 コワい、コワい、コワい。しかし、コワいもの見たさの極地とでも言うべき状態になって、翻ってとても面白かった。そして疲れた。人によって好き嫌いはハッキリ分かれると思うが、どう感じるにせよ新しい映画体験であることには間違いない。そうか、ダーレン・アフロノスキー監督、こんなのもアリなのか。

 それにしてもバレエってダークでディープで呪術的だ。特にこの『白鳥のみずうみ』というお話は。そして、それを一身に体現したナタリー・ポートマンが奇跡的に凄い。拍手。またチャイコフ・スキーの原曲を素材にした音楽も素晴らしい。

 また本筋から離れたところで、この映画でウィノナ・ライダーを久しぶりに見たが、物語と映画界での彼女の現在の立ち位置がリンクしているように見えて、こちらも・・・・・コワかった(笑)。

|

« ニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」 | トップページ | 痛風の激痛発作と闘う。 »

映画(70)」カテゴリの記事

コメント


観ました。確かにコワかった。(笑)
けど、ナタリー・ポートマンがきれいで、
美しさと怖さが魅力的な映画かな♪
個人的には、この監督の前作?「レスラー」の
方が好きかもしれない…

ダービー…どうしようかな?

投稿: ワゥッカ抹 | 2011年5月26日 (木) 12時43分

でしょう?コワかったでしょう?僕は逆にこれを見て「レスラー」を見ようかなと思いました。
 この監督の談では「最低の肉体的パフォーマンスがプロレスで、最高がバレエ。でも両方の映画を撮ってみると共通点があった。」みたいなことをパンフレットで語っていました。
 そう、確かにナタリー・ポートマンはきれいでしたね。

 ところで来月の詩の朗読、何を読むか今考えているところです。

投稿: ナヴィ村 | 2011年5月26日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/40088642

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ブラック・スワン』・・・・コワい。:

« ニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」 | トップページ | 痛風の激痛発作と闘う。 »