« 漫画『ガラスの仮面』~永続するギターリフ | トップページ | 『ザ・スタンド』~ふう(汗)。。。 »

映画『一命』~この海老蔵を見ろ。

 1963年制作の小林正樹監督による『切腹』が日本映画の最高傑作だと言う人は意外に多い。去年、人に薦められるままにDVDで見て、私も大いに感銘を受けた。

 その後、リメイク版が作られているとの話からそのキャストを聞いて最初に思ったことは、千々岩求女(もとめ)の役が瑛太で良いのか?ということだった。

 『切腹』を見ていない人にはなんのこっちゃ分からないと思うが、映画の構造上、登場してすぐ観客が感情移入できてしまうような有名どころの役者が千々岩求女(もとめ)ではいけないと思った。別に瑛太が嫌いな訳ではない。

Photo_2

 で、ずっとその辺りのことにこだわりがあり、昨日ついに『一命』を見たのだが、率直に言うと『切腹』が体面と倫理を重んじる武家社会の矛盾を告発するといったテイストが色濃かったのに対し、『一命』は家族愛、夫婦愛といったものに重きを置いた映画になっていた。そして瑛太のキャスティングこそが正に小林版と三池版との違いを分けるキーであった。私の疑念は偶然にも最初からピンポイントにツボを突いていたのだ。

 ストーリーについては今、ネット上でも様々な所で読めるのでそちらを見て頂きたい。きっと『切腹』を見た人はこの『一命』をけなし、この『一命』で初めてこの物語に触れた人はなんて痛く、暗く、救いようの無い映画なのかと思うだろう。

 個人的に『切腹』について言わせて貰うと、武士としての体面・倫理というものの欺瞞を告発するという形になっていつつも、当の求女も仲代達矢演じる半四郎も、結局は武士としての面目のために死んでいったように私には見えた。たとえ貧しい暮らしゆえの悲劇が発端になっているとは言え。

 しかし、『一命』での瑛太演じる求女と海老蔵演じる半四郎は両者とも「愛」の人である。一方は夫婦愛の、方や家族愛の。

 それは二つの映画での仲代と海老蔵の演技を比べれば分かる。仲代のそれは最初朴訥として徐々にふてぶてしく告発口調になっていくのに対し、海老蔵は一貫して静謐で、ただ疑問を投げかけるだけ。そして、時に激し、最後に大立ち回りがあるとは言え、その態度は愛に殉じようとしている者のそれだ。

 ・・・と、ここまで書いて本当の武士が果たして家族=女・子供のため腹を切ったり、お上にケンカを売ったりなどということがあったのだろうか?という疑問が沸くが、多分、無かっただろうというのが事実に近く、それどころかお上に言われれば女房、子供くらいはと言って切り捨てたというのが本当のところだろう。

 しかし、愛のために死ぬ武士というのを素直に信じさせるに足る映画の力が『一命』にはある。それは役者陣の力量もさることながら、偏に三池演出の才よるもので、『切腹』には無いシーンを細かく見ていくと、三池監督がこの社会告発の映画をいかに愛の物語に変えようとしたのかが分かる。そして、そのための瑛太=千々岩求女であった。瑛太、ゴメン。

 印象的なシーンは幾つもあるが一つだけ言わせて貰うと満島ひかり演じる妻美穂が草餅(か?)を食べるところ。伏線含め、近年、生き物としての人間をあんなに哀しくとらえたシーンはないと思った。泣けた。

 そして、最後に我が海老蔵。市川海老蔵は素晴らしい。

 この海老蔵を見ろ。

|

« 漫画『ガラスの仮面』~永続するギターリフ | トップページ | 『ザ・スタンド』~ふう(汗)。。。 »

映画(19)」カテゴリの記事

コメント

(◎´∀`)ノこんばんは!
本当に海老蔵さん凄いですね。
武蔵の時は原作を踏みにじった鎌田さんのせい?でアホみたいな武蔵をやらされて気の毒だったんですが、この津雲半四郎は紛れもなく関ヶ原で活躍した豪の者。武士はくわねど高楊枝で娘を売ること無く、市井の極貧に甘んじながらもキッチリとプライドを守っている人です。
この役をあまたの俳優の中から、歌舞伎の海老蔵をチョイスした三池監督は『十三人の刺客』を撮った時、時代劇俳優を全く育てていなかったこの何十年の映画界を嘆きながら、着物の着方、刀の差し方から指導したそうです。
ただ、この半四郎例えば役所浩司や渡辺謙だったらやれたかという疑問も残ります。彼らはそれなりの納得のいく半四郎は出来るかも知れませんが、あの端然とした所作は無理でしょう。
又、高橋秀樹や松方弘樹はどうか?最後の殺陣が崇さを失ったチャンバラになっていたでしょう。では、海老蔵と同年代の獅童や亀治郎、染五郎はどうか?彼らにはあの貫禄は出ないと思います。
このピースに海老蔵がぴたりと嵌まった事と、前作『切腹』のゆすりたかりに行った娘婿の復讐として、仲代半四郎が斬って斬って斬りまくったお門違い内容に何の疑問もなく、拍手していた自分の迂闊さに気付かされました。
恐るべき、三池監督。
突っ込みどころがありません。
彼は黒沢朗の再来か、否その上を行くのか。
またの大傑作を期待したいし、海老蔵とのコンビも大いに期待でしています。

投稿: 小田原豊 | 2011年10月29日 (土) 02時54分

 小田原さん、初めまして、コメントありがとうございます。
 記事にも書きましたが、私が『切腹』のリメイクであるこの『一命』について知った時、千々岩求女のキャスティングについてとても違和感を感じました。

 何故なら『切腹』の求女は明らかに初見ではゆすり・たかりに来たふとどきな侍そのもので、見る者は切腹シーンの残酷さから同情を禁じえないものの、しょうがねぇ奴だな・・と印象を持つように演出がされているからです。

 それが仲代半四郎によって徐々にその印象が翻されていく。その驚きも映画『切腹』の醍醐味だったように思ったからです。

 しかし、これが瑛太だと初めから観客は求女がそんなふとどきな輩ではないことが分かってしまう。だから求女役は全く無名の、それでいて演技が確かな若手じゃなければ駄目だろうと思って見に行ったんですが・・これが良かった。
 
 切腹を申し出て井伊家に通されて後、殿に面会できると聞いて『切腹』の求女は喜色満面の笑みを浮かべ「ゆ、夢のようだ」と呟く。方や瑛太求女は出された草餅(か?)を思いつめたように見つめている。三池監督がこの映画をどのように作り変えようとしたのが分かるところです。

 そして、海老蔵ですが、彼は凄い。この映画の宣伝で三池、瑛太、満島の三人がインタヴューに答えているところをTV出見ましたが、皆、市川海老蔵という人に出会ったことを人生の一大事のように語っていました。先日、たまたま読んだ「個人」という雑誌でも田原総一郎が自分のコラムで激賞していましたネ。

 東宝で出している映画雑誌に海老蔵のロングインタヴューが出ていまして、上映前、それを読んでいたのですが、三池演出については海老蔵も「天才、と言ってしまってはいけないのだろうけど・・・」と前ふりしながら絶賛していました。お互いの才能について2人は相思相愛のようで、昔の黒澤&三船のようにこのコンビで幾つもの時代劇の傑作を撮ってくれたら・・・と夢見てしまいます。

 僕はこの二つの映画についてもう少し考えたくて原作の『異聞浪人記』も読みましたが、驚くほどの短編で、内容はあっさりしたものでした。

 これを読んで小林正樹は『切腹』を撮り、三池は『一命』を撮った。この違いを考えるに一つは熱い政治の季節だった1963年と不況とリストラの2011年と言う時代差と言う事も出来ます。

 そして、今はさらに地震、津波、原発事故により職や家族を失った人々がおおぜいいて、それでいてなおも旧態然として機能しない政府。死に際に満島娘が無事出産し、絵のように幸せだった日々を思い浮かべ、死んでいく海老蔵半四郎。

 映画としてのクオリティ、評価はどういうことになるのは分かりませんが、『一命』は図らずも現在にジャストフィットした映画になったと思います。
 
 そして原発事故により、ある意味、故郷を破壊された身としては『切腹』より、この『一命』をとりたいと思いました。
  


投稿: ナヴィ村 | 2011年10月29日 (土) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/42650350

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『一命』~この海老蔵を見ろ。:

« 漫画『ガラスの仮面』~永続するギターリフ | トップページ | 『ザ・スタンド』~ふう(汗)。。。 »