« Waitn' On A Sunny day | トップページ | 冬の鱒釣り »

Fishermann's Blues

 

 明後日の釣りが今から楽しみ。場所は去年と同じ八王子の恩方鱒釣り場というところ。

 http://www.geocities.jp/ongata_masu/

 去年は競馬スプリンターステイクスの前日の土曜日だったが、今年はエリザベス女王杯の前日の土曜日ということで、つまり一ヶ月遅い。

 日が短くなっていきているので、去年は何だかんだでPM 5:00までいたが今年は少し早く切り上げるようだろう。また去年より確実に寒いと思うけど、そんなことへっちゃらなメンバーばかりなのでそこはあまり心配していない。長期予報では雨だったが、今年も超晴れ男振りを発揮して、とりあえず雨マークは消しといた。

 本当は大勢でワイワイやるというのは苦手なんだけど(嘘つけ、と言う声が聞こえてきそうですが、実は本当です。)、釣りの時は平気。皆、釣り糸垂れてるから静。それで、ゆっくりと、ポツポツ話すというのが好きなんだな、これが。

 ↑は今日一日、口ずさんでいた歌。マイク・スコット率いるウォーターボーイズ。シンクロはやらない。昔、ディランやスプリングスティーンに飽きて、新たな才能を・・と小探ししていた時期があって、その時、知った一人。

 この歌を歌っていると段々と漁師になった気分になってくる。そして、強いウィスキーでそのまま酔っ払って、気がつくとおじいさんになっているというのが・・・今の、理想だな。

WOO!とか言っちゃってさ。

例によって歌詞対訳はコメント欄です。

|

« Waitn' On A Sunny day | トップページ | 冬の鱒釣り »

音楽コラム(89)」カテゴリの記事

コメント

  Fisherman's blues

  漁師になりたかった
  海に投げ出され
  陸地も
  その苦い思い出も遥か彼方
  断念と愛を吊るした
  僕の甘い釣り糸を投げる
  僕を圧迫する天井も無く
  星空を頭上に保ち
  僕の頭の中に灯り
  僕の腕の中には君
  Woo!

  機関手になりたかった
  ごうごうと激しく走る汽車に乗る
  まるで雨の中の大砲のように
  内陸へとまっすぐ突進する
  まくら木を叩き
  石炭を燃やす
  魂がたくさん漂う夜の中で
  急速で通りすぎていく町の数を数える
  僕の頭の中に灯り
  僕の腕の中には君
  Woo!

  あした僕は解き放たれる
  僕を堅く束縛してたものから
  僕に巻きつく全ての鎖は
  ついに砕けて地に落ちる
  そしてその素晴らしい運命の日に
  君の手を取って
  汽車に乗るだろう
  漁師になるだろう
  僕の頭の中に灯り
  僕の腕の中には君

  僕の頭の中に灯り
  僕の腕の中には君

       SYCO訳

投稿: ナヴィ村 | 2011年11月10日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/42957595

この記事へのトラックバック一覧です: Fishermann's Blues:

« Waitn' On A Sunny day | トップページ | 冬の鱒釣り »