« 社会人のための文楽鑑賞教室~『曽根崎心中』 | トップページ | FRYING DUTCHMANの『humanERROR』 »

映画『ジョン・レノンーニューヨーク』~NO1のリアル

Nyuyoku

 今、スーパースターと言うと変装や人体改造・美容整形などして「ちょっと妖怪化」した人、というイメージが無いだろうか?それはマイケル・ジャクソンあたりから顕著になってきたことだが、最近のレディ・ガガ等を見ていてもそんな風に感じる。つまり、地を分からなくすることでプライベートを守り、かつ一般大衆からの区別・差別化を図る、というような感じ。

 1980年12月8日のジョン・レノン暗殺はその後のスターのあり方に大きく影響したのではないか?と、私は考える。ジョン・レノンの評伝を読んだり、映画を見るたび思う事は“こんな人がスーパースターだった”というより、“スーパースターなのにこんな人だった”という事。

 最近、某化粧品のCMで松田聖子と小泉今日子が並んで闊歩しているやつがあるが、聖子ちゃんはキレイだがやはり妖怪化している。キョンキョンは小じわが増え年齢を感じさせるが、自然体で往年のオーラそのまま、なんたってアイドル、で素敵である。その見方でいくとレノンはもろキョンキョン側の人。つまり「地」の人。人生全部がすっぴんの人。

 映画『ジョン・レノンーニューヨーク』は70年代初め、故国イギリスでのヨーコバッシングに嫌気が差した2人の、ニューヨークの小さなアパートに移り住んでからの日々を追ったドキュメンタリー。

 http://youtu.be/dHwGpFmLgRI

 極左の活動家達と接近したため危険人物と見なされ国外退去命令が下り、それはベトナム反戦運動の傍ら永住権を求めての裁判に明け暮れるという、彼の人生の中でも最も過激かつ憂鬱な日々でもある。そして、死後、すっかり“愛と平和の人”という言葉にに閉じ込められてしまった彼のイメージを払拭するに十分なエピソードが満載の日々でもある。

 平たく言うとこの映画の最大の見所は彼のダメ男ぶり。特に写真家ボブ・グルーエンが撮影し、今回の映画で初公開されたジョンがヨーコに土下座している写真はアニー・リボビッツが撮った素っ裸になって胎児のようにヨーコにしがみついている例のやつより衝撃的だった(笑)。

 http://img.yaplog.jp/img/09/pc/k/e/n/kenlennon/3/3563.jpg

 ニクソン大統領が再選した夜、エレファント・メモリーバンドのメンバー達とヤケクソパーティーのようなことをして、その時、でん酔した彼は女の子を一人連れ帰ってなんとヨーコがいる場でセックスし始めてしまう。バンドの一人が慌ててボブ・ディランのレコードの音を大きくしてごまかそうとした、なんて言っているけど後の祭り。その後、シラフに戻り強烈な自己嫌悪にかられて上の写真のような土下座となるのだが、今までイマイチ良く分からなかったその後の“失われた週末”と言われる日々への理由がこれでハッキリした。分かり易いじゃないか、ヨーコ。

 で、その“失われた週末”と言われる、ヨーコに追い出され単身ロスアンジェルスで過ごしている日々がまた、酷い。あんまり酷くて書きたくない。つまり、ヨーコに会いたくて、会えなくて、死にたくて大酒をかっくらい人の迷惑も顧みず大声で下品に騒いでいる酔っ払いのオッサン、それがこの頃のジョン・レノン。

 女子トイレに入り、おでこに生理用ナプキンをつけて現われ、周りは引いているのに本人はウケていると思って踊っているという、その場に一緒に居合わせた当時の愛人メイ・パンのその時を振り返る口調は今でも怒っていた。そりゃ、そうだろう・・・な。

 この当時のエピソードで私が一番驚いたのはジョンが飲んでいるクラブの周辺に元ビートルズがいるということでもの凄い数の群集が集まり、その中にジョン自身が突っ込んで行ったというもの。酔っ払った彼は「一体、オレの何が欲しいってんだ!」と怒って、そうしたらしいけど、一緒にいて救出したメンバーの一人は「本当に恐かった、まるで餌に群がるイナゴの大群のようだった」と言っていた。私はリチャード・バックの小説『イリュージョン』の主人公が死ぬ最後のシーンを思い出した。

 その後、ヨーコと無事よりを戻してからの日々は今や誰もが知るところである。ショーンが生まれ、育児にいそしみ、パンを焼くジョン・レノン。後に『ダブル・ファンタジー』のプロデューサーとなるボブ・グルーエンはこの頃、街で偶然ジョンと出合った時のことを語っていた。「姿形、歩き方も喋り方も何もかもが変っていた。何かあったら電話してくれ、と番号を貰ったがこちらからはかけなかった。ジョンは何かを見つけたのだと思った。」・・・彼はメタモフォーゼしたかのようなジョンを見て、彼が心を平安を得たのだと知り、そっとしておいてやろうと思ったのだ。そして、その頃は昔を知る人たちの間で彼はもう、そういう存在になっていたみたい。

 しかし、電話はジョンの方からかかってきた。

 この映画を見ると、ジョン・レノンの偉大さというものの正体が垣間見れる。彼は何も『イマジン』や『ギブ・ピース・ア・チャンス』を書き、ベッド・インをやったから偉いのではない。彼は愛や平和だけでなく、情けない自分、ダメな自分をも包み隠さず、その自己嫌悪や愛を失う恐怖、謝罪までもを歌にした。それも素晴らしくリアルな胸に迫る歌に。これが僕らのジョン・レノン、スーパースターなのにスッピン・・・・でも、こんな人はやはり殺されてしまうのだろうな・・・。

 この映画はレコーディング中のコンソールルームからミュージシャンに指示を出すジョンの声で構成されている。中にこんな言葉があって大笑いしてしまった。「そのベースライン、いいね、僕の人生で最も欠けていたのは良いベースなんだ。」

 この男がNO1だった・・・ビートルズっで凄いバンドだ。

|

« 社会人のための文楽鑑賞教室~『曽根崎心中』 | トップページ | FRYING DUTCHMANの『humanERROR』 »

映画(70)」カテゴリの記事

コメント

「欠けたベースライン」は必然的にポールを想起させて興味深いね。
ジョンは、ポールがちょっといい顔でギターがうまかったから初めはバンドに混ぜようとしなかったけど、ギターやコードを教えてくれるから混ぜてやったとか、そのころケンカで殴った相手に致命傷を負わせたとか(亡くなったという話も)、ジョンは終始パラノイアな激情型だね。やはりショーンが生まれて、はじめて変わったんだろうね。
土下座の下りは合点がいった。「マインドゲームス」の“アイスイマセン”って曲はそういうことだったのか。

投稿: グリニッチ・ヴィレッジ | 2011年12月13日 (火) 11時17分

追記
別居中のアルバム「心の壁、愛の橋」は全編まさにそのあたりの情けなさ満載だけど、一曲目「ゴーイン・ダウン・オン・ラヴ」(愛に土下座しよう)とか「ノーバディ・ラブズ・ユー」(誰もキミを愛してはいない)とか、エピソードのままだね。

「心の壁、愛の橋」とディランの「血の轍」(サラとの関係ね)は共通した同じ匂いがあるね。

投稿: グリニッチ・ヴィレッジ | 2011年12月13日 (火) 11時28分

 そう、この映画を見てボクは『マインド・ゲームス』と『Walls and briges』をもう一度ちゃんと聴こうと思った。ほんと、土下座のエピソードを知ると全てがとても具体的な歌だったんだなあ、と胸を打たれるものがあります(笑)

 話は前後するけどこの映画を見る前に僕は『ダブルファンタジー』と『Milk & Hanny』のヨーコ曲を排除して合成したベスト『ミルク&ファンタジー』(笑)ってのを作ってきいています。半分、遊びで作ったんだけど、マジで感動してしまいました。特にうちの『ダブル~』が見当たんなくてレンタルで借りてきてつくったんだけど、デジタルリマスター盤は凄いね!『マインド~』も『Walls~』のデジタルリマスターで聴きたいと思っています。

 最近、Facebookに日記を付けていてそこに書いた曲順をコピペしておきます。曲順、違うアイデアがあったら教えて下さい 
      

 (12月10日の日記より)・・・・・一日中、頭の中で何をしていたかというとジョン・レノンの『ミルク&ファンタジー』の作成。『ダブル・ファンタジー』と『ミルク&ハニー』からヨーコの曲を排除し、ジョンの曲だけで構成しようという、きっと誰もが考えた30年来?の企画。
...
 で、ボクの趣向を凝らした曲順は1.マイ・リトル・フラワー・プリンセス。これを一曲目にしようとするアイディアに自分で感動した。やや暗めのレゲエ・ナンバー。軽るーく入ります。“ゴメンね、ぼくの花のプリンセス、繊細の君を傷つけてしまったね・・・”まず、謝るジョン・レノン。凄い、こんなオープニング他にないぞぉー、レノンしかできない。自画自賛。2.ディア・ヨーコ。謝った後に持ち上げるレノン。ホント、ホント、君って素敵!

3.クリーン・アップ・タイム 4.ビューティフル・ボーイズ。謝って、持ち上げた後は家事。お掃除、子守。この流れもいい。女の人なら、ここまでしてくれなきゃって思うでしょう?顔色をうかがいながら機嫌取り。

 5 ノーバディー・トールド・ミー 6 アイム・ルージング・ユー 7 アイ・ドント・ウォナ・フェイス・イット。こんな筈じゃなかった、君を失いそうだ、でも、こんな自分も見たくない・・・と、男心の葛藤ナンバーが続く。

 8 ボロー・タイム、9 ウォッチング・ザ・ホイールズ 10 アイム・ステッピング・アウト。
やや落ち着いて、ぼくは借り物の時間をいきてるのさ→で、回る車輪を見てるだけで結構・・・と開き直りから達観へといたり、でも思いなおして気分転換のお散歩へと。うん、ありがちだけど、リアル。

 11ウーマン 12 グロウ・オールド・ウィズ・ミー 13 ステーティング・オーヴァー。ここがこのアルバムのハイライト。女性の大切さに思いいたり、一緒に老いていこう、と誓い合い、で、再出発するために旅に出ようという・・・・決まった・・・凄いストーリー(涙)。構想30年。こうしていればきっと『ジョンの魂』や『イマジン』より傑作だったはずだあ。こうすれば良かった、ジョン・レノン。で、外したヨーコの曲だけの編集『ダブル・ハニー』。一曲目はキス・キス・キス・・・・誰も聞かないだろうな。
 

投稿: ナヴィ村 | 2011年12月13日 (火) 19時13分

「ヌートピア宣言」も「心の壁・愛の橋」も笑って聞けそうだね。というより微笑ましい。

やはりジョンはドンキホーテでポールはサンチョパンサってことか?

ポールにも最近の離婚騒動や再婚話をリアルに歌い上げる器があれば今でも名作を量産出来るのにな。実務向きの彼には出来ないのだろう。

最後にヨーコの「ハードタイムズ・オーバー」で許しが出るってのはどう?ちょっと反則だけど…。

投稿: ほぴ村 | 2011年12月14日 (水) 07時12分

さっと考えると、一曲目は「グロウ・オールド・ウィズ・ミー」かな。

マザー、イマジン、マインドゲームス、ゴーイン・ダウン・オン・ラヴ、とアルバム一曲目は珠玉のバラード癖だから。

ラストは「ハードタイムズ・オーバー」。これは「ハッピー・クリスマス」にダブるね。

一番好きなアルバムはやっぱ「ロックンロール」だな、ジョンのポップだから。

投稿: グリニッチ・ヴィレッジ | 2011年12月14日 (水) 11時32分

ジョンレノンって生々しいというか、彼の作品はとてもシンプルで彼の感情表現が僕は気にいってた。ジェラスガイをよく聴いていた。でもロキシーミュージックのカバーも素晴らしい。彼は面白い人だった。

投稿: じゃみん | 2012年2月20日 (月) 11時38分

追伸、僕はまだこの映画観てないが、ナヴィ村さんの書いてあることはよく解る。イングランド人はビートルズは素晴らしいけどジョンレノンはという人はけっこう年輩の人にはいる。こういう人と海外で酒を飲みかわしたことがある。きっとヨーコの存在とソロになってからのジョンレノンにある種の抵抗があるような気がする。ジョンレノンはロックの四番打者だとかつて言った方が居ましたが、正にそう思う。この失われた週末時代、グラムロックが流行っていたが、あの化粧したロックねと彼は言い捨てた。その二年後ボウイに招かれフェイムという曲を歌って全米1位を獲得した。エルトンジョンと歌った真夜中を突っ走れも同じく1位になり、やるね兄貴と言いたくなったものである。世の中のその時々のロックムーブメントに対しても彼は余り気にしてないようなそんな感じさえする。彼は器量があり、隠しだてしない誠実なロックンローラーであった。

投稿: じゃみん | 2012年2月20日 (月) 14時30分

 今の若い人ってジョン・レノン嫌いだと思うんですよね。僕もずっと若くて、今のような紹介のされ方だったら、きっと嫌っていたと思います。

 この映画はそんな嫌いな部分をちょっと壊している。ぼくにしたらちょっと戻ってきたって感じです。

投稿: ナヴィ村 | 2012年2月20日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/43352992

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ジョン・レノンーニューヨーク』~NO1のリアル:

« 社会人のための文楽鑑賞教室~『曽根崎心中』 | トップページ | FRYING DUTCHMANの『humanERROR』 »