« 映画『傍(かたわら)~3月11日からの旅~』と苫米地サトロの『満月』 | トップページ | パセオ通りの「言の葉カード」 »

届かない絵

 風邪をひいた。頭痛がして悪寒がして、それに関節痛に咳。発熱はなし。こういう時はいつも半身浴で少し長めに風呂につかるのだけど、お供は古新聞。本と違い、濡れても気兼ねが無い。

 昨日、風呂で読んだ記事は1月23日の毎日新聞。その2日前の21日に私も見に行った『ベンシャーン展』で展示された約500点の絵のうち、海外から貸し出された70点あまりが福島には届かないという内容だった。同展はこの後、名古屋、岡山、福島市と巡回するが、私が見たような形のものは岡山までだと言う。理由は案の定、放射能。

 ベン・シャーンのように核の愚かさと放射能の恐怖を訴えた画家の仕事の全貌が福島では見れないのだ。それが彼のメッセージに反したことなのか、良く汲み取った行為なのかは分からないが、私はその決定が所蔵側のどういった感情から出たことなのか、興味がある。

 今、“FUKUSHIMA”という単語が世界で“チェルノブイリ”かそれ以上の「負」のイメージで語られるようになったと想像するに、その決定は名称からくる生理的な拒否だったとも考えられる。そして、もしそうなら福島の人間の一人である私としては一瞬、義憤にかられるが、心のもう一方から、冷静たれ、との声もする。

 本当に考えられねばならないのは放射能の数値ではないか。福島でその展示が行なわれる時、福島の放射線の値がどのくらいか、そしてその期間中、そこに置くことでその「物」としての作品がどれほど被爆するか、本当はそれが問われねばならない。そして、ホットスポットが各地に点在していることが知られるようになった現在、これは今回のこの展示に限らずあらゆるイヴェントに関る問題なのだ。去年の夏、屋外で反原発のロックイヴェントが多数行なわれていたが、私は疑問だった。

 福島原発と放射能の問題は収束はおろか現在も進行中なのだ。本当は「データ主義」とでも言うべき気運が日常の中で高まるべきなのだと思うが、それどころか巷はすでに諦念と思考停止になってしまった。

  新聞によると福島県立美術館の荒木康子学芸員がもっとも福島に来て欲しかった絵は『解放』(1945年。ニューヨーク近代美術館所蔵)であるという。それは第二次世界大戦終結後の瓦礫のパリで、虚ろな顔で子供達が遊んでいる絵。「これ、今の福島と同じだなって思うんです。」と荒木学芸員の言葉。

Photo_3 

 『解放』は私も見た。鉄柱から垂れた紐のようなものに三人の女の子とおぼしき子供がぶら下がって遊んでいるのだが皆、虚ろ、というより不安げな、不気味な表情をしている。この絵を含め、今回、重要な作品の幾つかが福島には届かないが、せめてそのような問題が起きたという事実もセットで、この展覧会を考えるべきだろう。

 で、図録の福島県立美術館長酒井哲朗氏の文章から引用。

 第五福竜丸は、アメリカでは「ラッキードラゴン」と訳された。福島を英訳すれば「ラッキーアイランド」である。どちらも放射能汚染というアンラッキーな運命を共有することになった。さらに、<ラッキードラゴン>という作品を福島県立美術館が所蔵するという不思議な偶然が重なっている。

 しかし、いま福島は「ヒロシマ」「ナガサキ」とならんで、ローマ字やカタカナ表記によって世界中に知られることになった。「ヒロシマ」「ナガサキ」は戦争という非日常の状況の中で、人間の決断の結果生じた悲劇であるが、「フクシマ」は平和な日常の中で起こった災害である点で異なり、いつかどこかで起こり得る普遍性を持っている。いわば現代文明が生んだ災害である。いまわれわれベン・シャーンとともに少し立ち止まって、人間の運命や未来について考えてみても良いのではないだろうか。

 しかし、私は「フクシマ」も人間の決断が生じた悲劇だと思う。だからこそいつかどこかで起こり得る普遍性があると思うが。そして、何故、誰も東京電力の原発が東北の地にあった事実をもっと深く問わないのだろう?

|

« 映画『傍(かたわら)~3月11日からの旅~』と苫米地サトロの『満月』 | トップページ | パセオ通りの「言の葉カード」 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

事故が起きた原因やその被害状況、今後も考えられる事故の進行予測については多くの人が語るのだけれど、現在の状況に対して今何が有効かという研究も過去の事故からの教訓として確立したものがあるはず。

でもその情報ってあまり流されていないのか、こちら取ろうとしていないからなのかあまり広がっていないような気がする。

あるところでみな(勿論自分を含めて)思考停止してい
るのかもしれないね。

投稿: ほぴ村 | 2012年2月 2日 (木) 07時51分

 以前、大集会の時の事前公演で大江健三郎がいくつか読むべき本として紹介しているものがありました。そういうものをちゃんと読んでみようかと僕は思っています。彼の“それはすでに起きてしまったことなのです”という認識は当たり前だが、とても大事なことだと思われます。

投稿: ナヴィ村 | 2012年2月 3日 (金) 04時14分

最近、情報をテレビや新聞に求めても駄目な気がしたので、フーミーという携帯有料サイトを利用したり、食品と暮らしの安全基金という雑誌の会員になりデーターとしての原発情報を教えてもらってます。大手のマスメディアの限界はスポンサーや霞ヶ関側にあり国民の側に立っていないとふと感じたのでして。ふむ。例えば優れた新聞記者がスクープを掴んでも、上位の人間の許可がおりず我々の前に発表されないことが多いからです。僕の兄は二本松市の仮説住宅に住んでるのです。以前よりも仲がよくなった気がします。

投稿: じゃみん | 2012年2月14日 (火) 18時52分

 じゃみんさん、コメントありがとう。

 原発事故直後の電車が走らないとか買占めとか計画停電とか、大変だったけど個人的には実は清清しくもあった気がします。昔から感ずいていた嘘があの時むき出しになっていたから。

 夜の暗い東京、ACのコーマシャルばかりのテレビ・・・真実を目の当たりにするというのは辛い現実でもなんらかの充足感があった。今にして既に懐かしいです。

 権威だと思っていたものの正体が実はぶざまなものだったのを見て、歓喜した者と狼狽した者とがいて、狼狽したやつらの取り繕った先に現在の状況があるのだから、種明かしされた後に同じ手品を見せられているようで全てが白々しい。ディランの『愚かな風』そのままです。

 3・11以降、放射能もさることながら、国に対して抱かされた不信感というのは巷では結構大きくて、そのトラウマは今後もっと大きな問題になる気がします。

 インターネットを規制しようという動きがあるらしいです。

 ボクはへっちゃらですよ。テレパシーがあるから。


投稿: ナヴィ村 | 2012年2月14日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/43942482

この記事へのトラックバック一覧です: 届かない絵:

« 映画『傍(かたわら)~3月11日からの旅~』と苫米地サトロの『満月』 | トップページ | パセオ通りの「言の葉カード」 »