« 扉を開く | トップページ | 2012年プロ野球開幕!!~あの頃、中畑清 »

山形県長井市・“絆”循環プロジェクト~アトムの未来、コナンの未来

 Photo_4

原発事故のため福島から山形県長井市に避難している弟があるプロジェクトを立ち上げた。“絆”循環プロジェクト、という名で、長井市のNPO法人レインボープラン市民農場の協力の元、避難者の人たちで農場を手がけ、そこでの収穫物(野菜、酒)を福島に届けようというもの。

   http://samidare.jp/rainbow/note?p=list&c=241885

 作られた野菜は現在のところいわき市の2団体を通して人々に届け、酒は津波により酒蔵を消失し、現在、長井で蔵をかまえた酒店と協力し作り、これも届けるという。

 以下、弟のブログより抜粋。

 “福島からの避難者と長井市民と福島県民との“絆結び”をテーマとしたプロジェクト。今日第一回目の事業説明会を行い、パワーポイントを使って久々に人前で話した。福島、南相馬、浪江、富岡から避難して来た方々が聞きに来てくれたがまだまだ人手が欲しい。

レインボープラン市民農場のサポートがあるとはいえ、農業の素人集団がどこまでやれるかわからない。だが“復興は復元ではなく転換”を口先ばかりではなく行動で示したい。復興に向けてそれぞれの場所で、それぞれの立場でやれることがあるはずで自分にはこの形だったということ。

僕達が作るのは有機野菜と「甦る」という名の酒。そこには“経済よりも生命優先”というメッセージも込められている。”

                ☆ 

Photo_6  去年の今頃、私は漫画『鉄腕アトム』を再読する一方で、レンタルで『未来少年コナン』をずっと見ていた。私の胸にあったのは、子供の頃、亡き父が言った言葉で「人間の脳が考え得ることは、大体、現実になる。」ということ。父は自身が子供の頃、馬が月に走っていく絵を見たらしく、人間はいつか月に行ける、とずっと思っていたらしい。そして、それが現実になったという話なのだが、何故か覚えていた。

 漫画や小説の中で、未来に対して核に汚染された地球、といったイメージが盛り込まれるようになったのは一体いつの頃からだろう?『宇宙戦艦ヤマト』もそうだし、『未来少年コナン』もそうだ。で、見るにつけ、結局、すべては想定内だったという思いを強くする。

 避難直後の弟に携帯で、「長井はどうだ?」と聞くと「『未来少年コナン』のハイハーバーのような所だ」という返事だった。私はこの有名なアニメを断片的にしか見たことがなくて、それで去年まとめて見たのだが、弟に関して言えば、そんな感想を吐いた後、あれよあれよと上のようなことになってしまった。

弟のブログによると、昨日がその初仕事でキャベツとレタスの種を植えたとの事。写真を見ると子供達が手伝ってとても楽しそう。

 http://hopi-09.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-7e89.html

昨日、原子力安全保安委員会が福井県の大飯原発の再稼動に向けてのストレスチェックに対し安全の評価を下したとのニュースを見た。

 コナンやラナはいる。だが最後に地球を救ってくれるアトムはいない。

|

« 扉を開く | トップページ | 2012年プロ野球開幕!!~あの頃、中畑清 »

日記・その他 (227)」カテゴリの記事

コメント

僕は食品と暮らしの安全基金というNPO法人の会員で、毎月雑誌の形で情報が送られてきます。ここの発行人は小若順一という方で反原発に取り組んで30年という凄い人です。そこで山形県長井市は放射能汚染による都道府県の格付け地図を見るとBつまり危険性が生じることがまれにあるとなってまして、大丈夫のようです。むしろ僕の方がつまり茨城県の方が格付けが悪くCaつまり危険性の不安が常にあるとなっており、いかんせんとなりの町は東海村で毎年10月に僕の口座に東京電力から5千円ちょっと振り込まれてます。しかしこういうお金を振り込むよりも原発を廃止し、セブンイレブンも原点に帰って7時から夜の11時に終わった方がいいのではないのでしょうか。夜の11時以降混んでるコンビニはそれほどないと思うけと。アトムの話をもっと小さく考えて例えば原発事故に対し決死隊のような組織も用意してなく、吉田所長にまかせ原子力安全保安院は福島市に逃げ出し、東電も総撤退を官邸に要求したという。

投稿: じゃみん | 2012年3月30日 (金) 19時36分

 食品と暮らしの安全基金というNPO法人・・へえ、そういう団体があるのですが。ぼくが住む東京都日野市はどういう格付けなのか、知りたいところです。

 セブンイレブンのネーミングはそうなんんですよね。今の若い人は勿論知らないと思うけど、昔は、朝の7時から夜の11時まで!開いているというだけでも画期的だった。昔はそんな時間には皆寝てたんだよね。

 去年の今頃の夜、暗い東京を僕は好きだった。また明るくなっちゃいましたが。

投稿: ナヴィ村 | 2012年3月31日 (土) 06時01分

福島県、岩手県、山形県、新潟県は放射能汚染による都道府県の格付けが分割になっており、長井市を時刻表の地図で調べたところ山形県でも悪くないほうに位置してまして、具体的にどこどこの市がどのくらいとは載ってません。ちなみになび村さんの住んでいる東京都はCaaで危険性が生じることが時々あるでして、山形県の悪い方と同じです。ちなみにとなりの山梨県はBaで危険性は低いとなっております。

投稿: じゃみん | 2012年3月31日 (土) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/186188/44671625

この記事へのトラックバック一覧です: 山形県長井市・“絆”循環プロジェクト~アトムの未来、コナンの未来:

« 扉を開く | トップページ | 2012年プロ野球開幕!!~あの頃、中畑清 »